メーカーに聞く炭酸ガス需要動向

17/09/21

◇原料ガスの確保に全力◇
前期(2016年12月期)業況を振り返ると、例年以上に安定供給に注力した1年であった。特に10、11月は原料プラントの突発的なトラブルに追われ、近年希にみる厳しい状況だった。関西地区を中心としたプラント停止の頻発で全国的な販売調整を実施しながら安定供給に努めた。原料プラントは、稼働から半世紀近く経過している設備も多く定期修理による計画停止以外にも何らかの突発的なトラブルの発生は年々頻発している。当社としては、従来通り安定供給に向けてロジスティクスの見直し、今年7月からの川崎工場の設備増強など可能な限りの対応策を進めてきたものの、収益体質の抜本的な改善にはほど遠いのが実状だ。
【第16079号】

TOP画面へ

お勧めの書籍