〈パイプの溶接・切断機器最新動向〉メーカー・商社に聞く

17/09/12

パイプはガス管、水道管、通信ケーブル管から東京スカイツリーなどのパイプ構造物と小径から大径まで幅広く使用されている、地震国である日本では、溶接部は耐震性のある高い溶接品質が要求される。そのため、パイプ加工は、切断から溶接まで高い技能が求められるが、とくに製造業における技能者不足が顕著な状況で、ものづくり補助金等による中小企業支援、製造設備をモノのインターネット(IoT)活用による管理など生産効率をあげる設備の導入が進む。足元のパイプ溶接・切断関連機材の需要動向について、主要メーカー・商社に聞いた。
【第16073号】

TOP画面へ

お勧めの書籍