昭和電工、16%増収、営業益は202%増

17/08/18

昭和電工の平成29年12月期第2四半期連結決算は、売上高3721億9300万円(前年同期比16・8%増)、営業利益350億2700万円(同202・9%増)、経常利益222億3800万円(同187・2%増)、四半期純利益78億3700万円(同236・2%増)となり、増収大幅増益を計上した。同四半期はすべてのセグメントが増収。このうち化学品セグメントは売上高701億1600万円(同8・0%増)、営業利益68億9100万円(同26・0%増)。液化アンモニアは生産が増加し小幅増収、半導体・液晶業界の増産にともない電子材料用高純度ガスも出荷増で増収、産業ガスは小幅減収となった。
【第16056号】

TOP画面へ

お勧めの書籍