岩谷産業、国内最大の液化水素プラントへ

17/05/12

岩谷産業は5月11日、関西電力、堺LNGとの合弁会社、ハイドロエッジで今後の水素需要増に対応するため、同社の液化水素製造能力を現行の1・5倍に増強すると発表した。増設ラインからの供給開始は2019年7月を予定する。
 ハイドロエッジは、国内初の商業用液化水素製造拠点として、06年4月から営業運転を開始。近畿地方を中心に広く日本国内への供給をカバーする。
【第15991号】

TOP画面へ

お勧めの書籍