産業ガス需要動向2月、窒素の生産は小休止

17/05/12

日本産業・医療ガス協会(JIMGA)はこのほど、2017年2月の酸素、窒素、アルゴンの定期統計を発表した。酸素とアルゴンの生産・販売はともに前年同月に比べ増加となった一方で、窒素は生産・販売ともに前年実績を下回った。前月まで前年同月比12ヵ月連続で伸長した窒素の生産はここにきて小休止となった。JIMGAによると、「窒素については、景気が上向くと化学工場などでの窒素使用量は下がり、景気が停滞すると使用量は伸びる傾向にある」という。
【第15990号】

TOP画面へ

お勧めの書籍