溶接機材・高圧ガス需要動向=九州編その2

17/04/20

2017年3月期決算にみる九州地区の業績は、前期比で減収増益となった。CPの下落により、工業用LPガスの利益率が下がったことが、要因として挙げられる。一方、一般高圧ガス需要は高水準で推移し、前期並の数量を維持することができた。昨年4月に発生した熊本地震で顧客の工場が被災したことから一時的に減少したものの、東日本大震災発生時の教訓をふまえ、高圧ガスの供給面で予想よりも早期に復旧することができた。
【第15978号】

TOP画面へ

お勧めの書籍