溶接機材・高圧ガス需要動向=九州編

17/04/19

日本銀行福岡支店が4月3日発表した九州・沖縄の3月の企業短期経済観測調査(短観)によると、全産業の業況判断指数(DI)はプラス19と、昨年12月の前回調査から5ポイント上昇した。熊本地震の復興需要の本格化や円安による企業収益の改善などにより、バブル期終盤の1991年8月調査でプラス26をつけて以来の高水準という。2016年度を中心に溶接機材・高圧ガス関連の需要動向について、メーカー・商社・ディーラーに聞いた
【第15977号】

TOP画面へ

お勧めの書籍