東北でトンネル工事続く/炭酸ガスの需要増加も価格に厳しさ

17/03/16

東北地方では、そのトンネル工事があちらこちらで行われている。言うまでもなく、震災復興に関連するものがほとんどだ。その一つである宮古盛岡横断道路は、三陸沿岸の岩手県宮古市と内陸の盛岡市を結ぶ全長約100?の道路。復興支援道路として事業化され、現在建設が進められており、そこでは3つのトンネルが建設される。このうち「新区界トンネル」は、同道路の最大の難所と言われる区界峠を貫く全長約5キロメートルの長大トンネル。完成すると東北地方で3番目、岩手県内で最も長い道路トンネルとなる――続きは「産業特信」本紙で

TOP画面へ

お勧めの書籍