第42回発明大賞、フジコーの「摩擦圧接法」が会長賞

17/03/15

日本発明振興協会(原昭邦会長)などが運営する発明大賞の第42回受賞者が3月9日に発表され、溶接・接合関連では、フジコー(北九州市、萩尾寿昭社長)の開発した「胴部材の芯材と軸材を摩擦接合した圧延ロール製造方法」が同協会会長賞に選ばれた。

TOP画面へ

お勧めの書籍