産業特信

2015年の記事一覧

2015/12/24

記者手帳

変化の著しい時代を迎え、移り変わる溶接界の情勢を取材する本紙記者が、2015年の終わりにあたって1年間の「記者手帳」をひもとき、溶接界や産業界、さらには身近な社会の断片を独自の視点で切り取る。 【第15664号】...

詳細はこちら

2015/12/22

経産省、12月のJIS制定・改正を公示

経済産業省は12月21日付の日本工業規格(JIS)制定・改正を発表した。12月分は16件の制定、45件の改正の改正を行った。溶接・非破壊検査関連では、軽金属溶接協会が原案作成団体の「放射線透過試験用透過度計」(Z2306)を改正。 【第15663号】...

詳細はこちら

2015/12/21

NEDO、次世代ガス化システム技術開発に着手

新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)は12月18日、石炭火力発電で排出される温室効果ガスを一層削減するため、次世代ガス化システム技術開発に着手すると発表した。2020年以降、実用化を見込む石炭ガス化複合発電を上回る高効率石炭ガス化発電システムが見通せる基盤技術の開発に取り組み、30年頃の実用化を目指す。 【第15662号】...

詳細はこちら

2015/12/18

大陽日酸、八幡サンソセンター設立

大陽日酸は12月16日、新日鉄住金との折半出資で八幡サンソセンターを設立することで合意したと発表した。2016年1月1日付で新日鉄住金八幡製鉄所が保有する空気分離装置および付帯設備と当該設備に関する運転・整備などの全業務を譲り受ける。 【第15661号】...

詳細はこちら

2015/12/17

産総研、高圧水素連続供給法を開発

産業技術総合研究所は12月11日、圧縮機を使わない高圧水素連続供給法を開発したと発表した。今回開発した技術は、イリジウム錯体を触媒に用いて、水素キャリアであるギ酸を水素と二酸化炭素に分解する化学反応によって、圧縮機を使わずに簡単に40メガパスカル以上の高圧水素を連続的に発生できる。 【第15660号】...

詳細はこちら

2015/12/16

日鍛工、2016年度受注予想発表

日本鍛圧機械工業会は12月11日、2016年(暦年ベース)の受注予想について、前年比5・9%減の3200憶円と発表。板金系は1100億円(同8・3%減)を見込む。各種補助金や投資減税効果、東京五輪関連による内需は底堅いとする半面、プレス系とともに好調だった前年には届かないと予想。 【第15659号】...

詳細はこちら

2015/12/15

日本液炭、水島工場の製造設備新設

日本液炭は12月14日、同社水島工場で液化炭酸ガスの製造設備を新設すると発表した。設備の生産能力は日産250トンで完成は2017年10月。投資額は50億円を予定。 【第15658号】...

詳細はこちら

2015/12/14

三菱ケミカルH、新中期経営計画を策定

三菱ケミカルホールディングス(越智仁社長)は12月9日、都内で新中期経営計画「APTSIS(アプトシス)20」に関する事業説明会を開催。越智社長は2016年度から5ヵ年で資本効率を向上させ、ROE(自己資本利益率)10%以上の達成を目指す方針を表明。 【第15657号】...

詳細はこちら

2015/12/11

英TWIとNIROが国際先端技術セミナー

英TWI(溶接研究所)とNIRO(新産業創造研究機構)は11月27日、神戸市中央区の神戸商工会議所会館で「レーザ溶接、非破壊検査、3Dプリンティング」をテーマに掲げる第21回NIRO国際先端技術TWIセミナーを開催し、溶接・非破壊検査関係者ら26人が参加。 【第15656号】...

詳細はこちら

2015/12/10

大陽日酸、米でガス事業買収

大陽日酸は12月7日、米子会社マチソン・トライガスがテキサス州のディストリビューター、3―Dウエルディング・インダストリアルサプライの発行済株式100%を取得し、買収したと発表した。3Dは酸素、窒素、アルゴンなど各種ガスを取り扱うほか溶接・溶断機材などの販売を手がける。 【第15655号】...

詳細はこちら

2015/12/09

岩谷産業、秋田LPGセンターを竣工

岩谷産業は12月7日、秋田市に秋田LPGセンターを竣工したと発表した。プラットフォームやLPガス貯糟は耐震設計にし、LPガス非常用発電設備を備えた。同地域でLPガス販売を行う秋田セントラルガスと相場商店の充填業務を集約。グループの県中央部の基幹基地として利用する。最大充填能力は年間6000トン、LPG貯糟20トン2基を設置する。 【第15654号】...

詳細はこちら

2015/12/08

日本溶射工業会、第57期定時総会開く

日本溶射工業会(立石豊会長)はこのほど、神戸市北区の有馬グランドホテルで第57期定時総会を開催。立石会長は「当業界は東京五輪開催に向けた社会インフラの再整備などにより、特に橋梁をはじめとしたインフラ関係が活況を呈し、防食溶射関連が好調に推移。また、エネルギー関連も火力発電所などを中心に、耐熱・耐摩耗などのコーティング関係が好調に推移している」と挨拶。 【第15653号】...

詳細はこちら

2015/12/07

日立パワーソリューションズなど、多関節ロボットを用いたFSW装置開発

日立パワーソリューションズとトライエンジニアリングは11月25日、接合品質に優れた摩擦攪拌接合(FSW)を行うロボットを共同開発したと発表した。来年4月からの販売開始を予定しており、「ロボットFSW」の名称で自動車関連メーカーやアルミ製品メーカーなどの自動生産ラインへの導入を目指す。 【第15652号】...

詳細はこちら

2015/12/04

大林組など、バングラデシュで橋梁工事受注

大林組と清水建設、JFEエンジニアリング、IHIインフラシステムは、共同企業体を組成のうえ、バングラデシュ道路交通・橋梁省道路局国道部から「カチプール・メグナ・グムティ第2橋建設工事および既存橋改修事業」を約900億円で受注し、11月25日、請負工事契約を締結した。同工事は日本の円借款による政府開発援助案件。 【第15651号】...

詳細はこちら

2015/12/03

ファブ9社4―9月、経常増益は6社

鉄骨・橋梁・鉄塔ファブリケーター主要9社の2015年4―9月期決算が出そろった。増収、経常増益は各6社。大型プロジェクトは首都圏一極集中が続き、堅調な鉄骨需要から発注単価の回復はあるものの、技能者不足などから原価高となる案件も多い。公共投資は当期の橋梁発注量は前年同期をやや上回ったものの、工事の大型化にともない発注件数は減少。 【第15650号】...

詳細はこちら

2015/12/02

IHIがフォーラム開催、FSW技術など展示

IHIは11月17―21日の5日間、東京・江東区の豊洲IHIビルで同社グループの製品・技術展示などを行う「IHIフォーラム2015」を開催した。航空エンジン、エネルギー関連、インフラなど多岐にわたるテーマの新技術を展示。海底ガス田開発用の洋上天然ガス液化設備やLNG船で使用するSPBタンク製造のために開発したアルミのFSW技術など溶接関連技術も多数紹介。 【第15649号】 ...

詳細はこちら

2015/12/01

大陽日酸メジャークラブ、第5回全国大会開く

大陽日酸の販売店組織、大陽日酸メジャークラブ(市原裕史郎会長)は11月26日、東京・千代田区のホテルニューオータニで「第5回全国大会」を開き、約300人が参集。市原会長は「今期は売上高6550億円、営業利益425億円の計画達成に向けてまい進する」と挨拶。 【第15648号】...

詳細はこちら

2015/11/30

興研1―9月、経常益60%増

興研の平成27年12月期第3四半期連結決算は、売上高54億3000万円(前年同期比4・4%増)、営業利益3億1800万円(同58・9%増)、経常利益2億4800万円(同60・5%増)、第3四半期利益1億0800万円(同65・0%増)の増収増益。 【第15647号】...

詳細はこちら

2015/11/30

重松製作所4―9月、増収増益

重松製作所の平成28年3月期第2四半期単独決算は、売上高44億8000万円(前年同期比12・9%増)、営業利益2億6000万円(前年同期は1億4000万円の損失)、経常利益2億4800万円(前年同期は1億5100万円の損失)、第2四半期利益1億0100万円(前年同期は9400万円の損失)の増収増益。 【第15647号】...

詳細はこちら

2015/11/27

エサブ日本法人の社長にステンリー・チュー氏

エサブ(ESAB JAPAN、東京・港区)の新社長に、9月30日付でステンリー・チュー氏が就任した。チュー社長は、米・ケナメタルの中華圏・アジア地域取締役(ゼネラルエンジニア)、同韓国支社取締役、ハネウェル南東アジア営業部長などを務めてきた経歴を持つ。 【第15646号】...

詳細はこちら

2015/11/26

全溶連、保安対策連絡会議開く

全国高圧ガス溶材組合連合会(深尾定男会長)は11月20日、東京・港区のメルパルク東京で第23回保安対策連絡会議を開催した。会議には全溶連、日本産業・医療ガス協会、日本溶接協会ガス溶断部会、日本乾式安全器工業会、全国高圧ガス容器検査協会、日本高圧ガス容器バルブ工業会が出席し、自主保安や事故防止への取り組み、問題点などについて協議。 【第15645号】...

詳細はこちら

2015/11/25

キトー4―9月 40%増収、営業益は76%増

キトーの平成28年3月期第2四半期連結決算は、売上高258億0900万円(前年同期比40・3%増)、営業利益15億0500万円(同76・0%増)、経常利益11億9400万円(同33・7%増)、第2四半期純利益5億6800万円(同12・7%増)と大幅な増収増益で推移。鬼頭芳雄社長は「国内の堅調な需要と北米のM&A(合併・買収)効果が寄与した」とコメント。 【第15644号】...

詳細はこちら

2015/11/25

高圧ガス工業4―9月、営業益9%増

高圧ガス工業の平成28年3月期第2四半期連結決算は、売上高373億8600万円(前年同期比1・7%減)、営業利益20億6900万円(同9・0%増)、経常利益23億4400万円(同8・4%増)、第2四半期純利益14億5300万円(同10・9%増)の微減収増益。溶解アセチレンは、造船業界向けに需要が回復したものの、建設、橋梁向けなどの需要が減少し、売上高は前年同期を下回った。 【第15644号】...

詳細はこちら

2015/11/24

8月酸素、販売は11ヵ月連続減

日本産業・医療ガス協会がまとめた8月の地区別酸素生産・販売実績によると、生産は全国合計で1億1568万3000立方メートル(前年同月比1・1%増)、販売は1億3315万立方メートル(同5・3%減)だった。生産は、6ヵ月ぶりの増加、販売は11ヵ月連続の減少。 【第15643号】...

詳細はこちら

2015/11/24

8月窒素、販売は2ヵ月連続減

日本産業・医療ガス協会がまとめた8月の地区別窒素生産・販売実績によると、生産が全国合計で2億8945万8000立方メートル(前年同月比2・3%増)、販売は3億4036万4000立方メートル(同4・6%減)となった。生産は2ヵ月連続の増加、販売は2ヵ月連続の減少。 【第15643号】...

詳細はこちら

2015/11/24

8月アルゴン、販売は3ヵ月ぶりに減少

日本産業・医療ガス協会がまとめた8月の地区別アルゴン生産・販売実績によると、生産は全国合計で1651万6000立方メートル(前年同月比3・1%増)、販売は1482万4000立方メートル(同3・1%減)となった。生産は2ヵ月ぶりの増加、販売は3ヵ月ぶりの減少。 【第15643号】...

詳細はこちら

2015/11/20

積水ハウス、鴻池組の親会社を傘下に

積水ハウスは11月19日、準大手ゼネコンである鴻池組の持ち株会社、鳳ホールディングスに出資すると発表した。優先株の取得と普通株への転換によって2016年1月27日に33・3%の株式を取得し、持ち分法適用会社にする。取得額は公表していない。これとは別に、2019年10月以降に普通株に転換できる優先株も取得する予定であり、仮に全て転換したとすると45%超の株式を握る。 【第15642号】...

詳細はこちら

2015/11/19

マツモト機械、中部工場を新設

マツモト機械(大阪府八尾市、勝原実社長)はこのほど、静岡県浜松市内に建設していた中部工場の完成にともない、関係者ら約70人出席のもと、竣工式典と落成披露パーティーを挙行した。 【第15641号】...

詳細はこちら

2015/11/18

大同特殊鋼4―9月、売上高2%減の2338億円

大同特殊鋼の平成28年3月期第2四半期連結決算は、売上高2338億3200万円(前年同期比2・1%減)、営業利益107億5700万円(同24・2%増)、経常利益114億3100万円(同18・2%増)、第2四半期純利益20億3700万円(同50・5%減) 【第15640号】...

詳細はこちら

2015/11/17

江藤酸素、来年2月に水素ステーション完成

江藤酸素(大分市、中山信一社長)は、燃料電池自動車(FCV)用水素供給設備設置補助事業の認可を受け、大分市初となる「移動式水素ステーション」を来年2月に完成させ、同年4月初旬に水素充填サービスをスタートする計画を発表した。 【第15639号】...

詳細はこちら

2015/11/16

岩谷4―9月、経常益107%増

岩谷産業の平成28年3月期第2四半期連結決算は、売上高3017億0400万円(前年同月比9・1%減)、営業利益63億5100万円(同141%増)、経常利益68億3400万円(同107%増)、第2四半期純利益は35億8000万円(同82・5%増)の減収大幅増益。 【第15638号】...

詳細はこちら

2015/11/16

エア・ウォーター4―9月、営業益6%増

エア・ウォーターの平成28年3月期第2四半期決算は、売上高3231億3000万円(前年同期比0・9%増)、営業利益164億3300万円(同6・8%%増)、経常利益170億5800万円(同2・8%増)、第2四半期純利益126億7500万円(同24・8%増)の増収増益。 【15638号】...

詳細はこちら

2015/11/13

AWF理事会、インドネシア・スラバヤで開催

アジア溶接連盟(AWF)理事会とタスクフォース会議が10月21日―23日の3日間、インドネシア・スラバヤのホテル・マジャパヒットで開催され、インドネシアほか日本、タイ、フィリピンなど9ヵ国の溶接協会・溶接学会の代表約40人が出席。設立10周年を迎え、CWCS(溶接技能者共通認証制度)の各国での展開状況などについて報告。 【第15637号】...

詳細はこちら

2015/11/12

ダイヘン4―9月、15%増収

ダイヘンの平成28年3月期第2四半期連結決算は、売上高608億1200万円(前年同期比15・8%増)、営業利益43億2100万円(同53・6%増)、経常利益43億8800万円(同44・9%増)、四半期純利益40億1700万円(同113・5%増)の増収大幅増益となった。第2四半期の売上高としては過去最高。溶接メカトロ事業は、売上高216億2600万円(前年同期比7・7%増)、営業利益25億0600万...

詳細はこちら

2015/11/11

大陽日酸4―9月、国内ガス事業は4%減収

大陽日酸の平成28年3月期第2四半期連結決算は、売上高2856億9700万円(前年同期比6・2%増)、営業利益189億5800万円(同15・3%増)、経常利益194億0800万円(同17・2%増)、第2四半期純利益133億0300万円(同34・2%増)。国内ガス事業の売上高は1578億9300万円(前年同期比4・6%減)、営業利益は117億4700万円(同3・7%増) 【第15635号】...

詳細はこちら

2015/11/10

神戸製鋼4―9月、溶接事業部門は経常益7%減

神戸製鋼所の平成28年3月期第2四半期連結決算は、売上高9286億2900万円(前年同期比1・4%増)、営業利益470億6500万円(同17・7%減)、経常利益330億8200万円(同28・3%減)、第2四半期純利益134億2800万円(同68・1%減)の増収減益。溶接事業部門は売上高466億円(前年同期比2・2%増)、経常利益43億円(同7・2%減) 【第15634号】...

詳細はこちら

2015/11/09

ファナック4―9月、ロボット24%増収の923億円

ファナックの平成28年3月期第2四半期連結決算は、売上高3499億6900万円(前年同期比2・1%増)、営業利益1273億4100万円(同7・9%減)、経常利益1368億2900万円(同5・6%減)、第2四半期純利益919億0300万円(同2・6%減)の増収減益。部門別売上高は、FAが前年同期比10・1%減の966億5700万円、ロボットが同24・0%増の923億9100万円。 【第15633号】...

詳細はこちら

2015/11/06

住友重機械、協働型ロボット発売へ 米リシンク社と国内独占販売契約

住友重機械工業は11月5日、米リシンク・ロボティクスと協働型ロボット「ソーヤー」に関する国内独占販売契約を締結したと発表した。12月2日―5日、東京・江東区の東京ビッグサイトで開催される「2015国際ロボット展」に出展し、今回発売が決まったソーヤーのデモ展示を行う。 【第15632号】...

詳細はこちら

2015/11/05

東芝、GEとIoTで協業 産業用機器への適用進める

東芝は11月4日、米ゼネラル・エレクトリック(GE)と産業用機器向けIoT(もののインターネット化)分野で協業を推進し、パイロットプロジェクトを開始すると発表した。東芝製の産業用機器について、GEのインダストリアル・インターネットを推進するソフトウェアプラットフォーム「プリデックス」を活用する。 【第15631号】...

詳細はこちら

2015/11/04

9月鉄骨需要量、3ヵ月連続プラス

国土交通省が10月30日付で発表した建築着工統計調査報告によると、2015年9月の鉄骨推定需要量(S造+SRC造)は、前年同月比4・8%増の41万4200トンで推移し、3ヵ月連続で増加した。15年4月―9月(年度ベース)の鉄骨推定需要量は、前年同期比4・2%増の264万3000トン。S造は同4・8%増の257万2000トン、SRC造は同15・5%減の7万1000トンで推移。 【第15630号】...

詳細はこちら

2015/11/02

パナソニック溶接システムが工法展開く

パナソニック溶接システムの「溶接機・ロボット新製品発表会&工法展」が10月27日の大阪会場を皮切りに始まった。溶接電源融合型ロボット「TAWERS」に、高速・薄板溶接を可能にするソフトやティグ仕様を追加。また、2種類のワイヤを1台のロボットで自動切り替えするワイヤ切替システムも出展した。 【第15629号】...

詳細はこちら

2015/10/30

澤村溶射センター、創立20周年記念式典開く

 英メタライゼーションの国内総代理店として各種溶射機器・溶射材料の販売を手掛ける、澤村溶射センター(神戸市垂水区、澤村正夫社長)が今年、創立20周年の節目を迎えた。これを記念して10月18日、神戸市垂水区東舞子町のホテル舞子ビラ神戸で盛大な記念式典を開催した。澤村社長は「今後もユーザーに素晴らしい製品と技術を提供し、アフターサービスを万全に行う」と挨拶。 【第15628号】...

詳細はこちら

2015/10/29

2015年度高圧ガス保安全国大会開く

経済産業省と高圧ガス保安協会は10月23日、東京・港区のANAインターコンチネンタルホテル東京で2015年度高圧ガス保安全国大会を開催した。経済産業大臣表彰者19事業所20人と、高圧ガス保安協会会長表彰者の29事業所57人の栄誉を讃えた。経済産業省の北村経夫大臣政務官は「安全確保と一層の保安対策の推進に関して指導的役割を果たしてほしい」と挨拶。 【第15627号】...

詳細はこちら

2015/10/28

中企庁・豊永長官が会見 中小企業の海外展開を推進

経済産業省中小企業庁の豊永厚志長官は10月22日、東京・千代田区の同庁ペンクラブで記者懇談会を開催し、中小企業を取り巻く現状や今後の抱負について語った。中小企業の海外展開、TPP対応については「TPPの影響により部分的に痛みをともない、風当りが厳しくなる場合もあるが、全体としては好機ととらえ、ぜひ国内中小企業の輸出を促進していきたい」と抱負を述べた。 【第15626号】...

詳細はこちら

2015/10/28

特許庁、新タイプの商標認める

特許庁は10月27日、新しいタイプの商標に関する初めての審査結果を公表した。音商標、動き商標などの商標登録を認める。企業のブランド戦略の多様化を支援することを目的に2014年、商標法が改正され、従来の文字や図形に加え、音、動き、位置、ホログラム、色彩に関する商標についても、新たに商標登録が可能になった。 【第15626号】...

詳細はこちら

2015/10/27

経産省、10月のJIS制定・改正を公示 溶断器用圧力調整器(B6803)改正

経済産業省は10月20日付の日本工業規格(JIS)制定・改正を発表した。10月分は17件の制定、34件の改正の改正を行った。溶接関連では、日本溶接協会が原案作成団体の「溶断器用圧力調整器及び流量計付き圧力調整器」(B6803)を改正した。 【第15625号】...

詳細はこちら

2015/10/26

NEC、竹内製作所からネットワーク基盤受注

NECは10月22日、建設機械メーカーの竹内製作所から、ネットワークをソフトウェアで制御する概念、ソフトウエア―ディファインド・ネットワーキングを活用した本社工場のネットワーク基盤を受注したと発表した。将来、あらゆるものをネットにつなげるインターネット・オブ・シングス(IoT)活用による「つながる工場」の実現を見据え導入するものであり、2016年2月の稼働を予定する。 【第15624号】...

詳細はこちら

2015/10/23

東京都高圧ガス防災訓練、800人が参集

東京都と東京都高圧ガス地域防災協議会は10月21日、東京・江東区の木場公園多目的広場で2015年度東京都高圧ガス防災訓練を実施した。高圧ガスを取り扱う事業所などの防災意識の高揚と緊急措置技術の向上や自主防災組織、関係機関との連携強化を目的に掲げる同訓練は今年で44回を数え、約800人が参集。 【第15623号】...

詳細はこちら

2015/10/23

アマダグループ、米ファブテックに出展

アマダグループは11月9日から12日にかけて、米国のシカゴ・マコーミックプレイスで開催されるFABTECH(ファブテック)2015に出展する。ファブテックは隔年で開催される北米最大の板金機械見本市。アマダは自動化ソリューションをテーマとして、レーザマシン2機種、パンチ・レーザ複合マシン1機種、ベンディングマシン3機種を出展する。 【第15623号】...

詳細はこちら

2015/10/23

9月鉄鋼生産、粗鋼は13ヵ月連続マイナス

日本鉄鋼連盟は10月20日、2015年9月の鉄鋼生産概況をまとめた。粗鋼生産量は前年同月比7・3%減の857万3000トンで13ヵ月連続の減少。前月比でも2・5%減少し、6ヵ月連続で900万トンを下回った。銑鉄生産量は前年同月比6・0%減の663万7000トンで6ヵ月連続の減少。熱間圧延鋼材は同7・0%減の757万9000トンと11ヵ月連続の減少。 【第15623号】...

詳細はこちら

2015/10/22

兵庫県など、第53回県高圧ガス大会開く

第53回兵庫県高圧ガス大会(県など主催)が10月20日、神戸市中央区の兵庫県公館で開かれた。井戸敏三知事は、「ガスボンベは災害時、大変有力なエネルギーになる」と挨拶。大会委員長の大岡久晃氏(兵庫県高圧ガス協同組合理事長)は「これまで策定されてきた規制は事故の裏返しでもある。不幸な歴史を繰り返さないためにも、官民一体となって努力していきたい」と述べた。 【第15622号】...

詳細はこちら

2015/10/21

安川電機、クラウド活用の新サービス開始

安川電機は10月19日、産業用ロボット「MOTOMAN」を対象に、クラウドを活用した新しいサービス「MOTOMAN―Cloud」(モートマンクラウド)を開始すると発表した。第1弾は顧客が使用しているロボットの製品情報閲覧、問い合わせができる「Web製品サポート」、QRコードを使用し、迅速なトラブル対応に貢献するスマートフォン?アプリケーション「モートマンタッチ」。 【第15621号】...

詳細はこちら

2015/10/20

東京ガス、幹線パイプライン「埼東幹線」の建設工事完了

東京ガスは10月16日、幹線パイプライン「埼東幹線」(延長40・2キロ、埼玉県草加市―茨城県古河市)の建設工事を完了し、ガスの供給を開始したと発表した。同パイプラインの完成により、同社は首都圏を中心に941キロの高圧導管網を保有する。 【第15620号】...

詳細はこちら

2015/10/19

8月溶接材料輸入、3ヵ月連続の減少

財務省の貿易統計によると、2015年8月の溶接材料(ソリッドワイヤ、FCW、被覆アーク溶接棒、非合金鋼溶接ワイヤ)輸入量は、前年同月比11・7%減の4077トンで推移し、3ヵ月連続で減少した。ソリッドワイヤは前年同月比30・3%減の1962トンで4ヵ月連続の減少。FCWは、前年同月比18・5%増の1920トンと5ヶ月連続で増加。 【第15619号】...

詳細はこちら

2015/10/16

ダイヘン、セルフシールド溶接機を追加 Welbeeインバータシリーズ

ダイヘンは10月13日、好評発売中のWelbeeインバータ溶接機シリーズに、セルフシールド溶接機能を搭載した「M500GS」を加え新発売した。適用できるフラックス入りワイヤ径は2・4ミリまで対応。鋼管杭をはじめ鉄骨建築、橋梁、造船などの屋外現場溶接における作業効率アップ、溶接品質確保などを通じて、喫緊の課題である溶接士不足対策に貢献すべく導入提案を進めていく。 【第15618号】...

詳細はこちら

2015/10/15

大陽日酸G&W、バンドソーのレプコ買収

大陽日酸ガス&ウェルディングは10月13日、メタルソーなどの製造販売を手がけるレプコ(埼玉県草加市)の営業権を7月1日付で継承したと発表した。従業員10人も引き継ぎ、大陽日酸G&W関東支社内に置くレプコ事業部が窓口になる。欧州から材料を仕入れ、埼玉県で加工して販売する。メタルソーはじめチップソー、メタルソー切断機、バンドソー、切削油などをラインアップ。 【第15617号】...

詳細はこちら

2015/10/14

8月溶接材料、出荷は2ヵ月連続マイナス

日本溶接材料工業会がまとめた2015年8月の溶接材料生産・出荷・輸出実績によると、生産高は前年同月比0・5%減の1万9716トンと3ヵ月ぶりに減少。出荷高は同0・8%減の2万226トンと2ヵ月連続で減少した。輸出高は同22・5%減の2597トンと6ヵ月連続で減少した。出荷は、ソリッドワイヤが前年同月比3・4%減と2ヵ月連続の減少、FCWは同15・2%増と3ヵ月連続の増加。 【第15616号】...

詳細はこちら

2015/10/13

エア・ウォーター、TOKAIと覚書締結

エア・ウォーターは災害時の宅配水の相互供給などで、TOKAI(静岡市)と覚書を締結した。どちらかの企業の宅配水の生産が災害で長期間不可能になった場合、水の供給や在庫品提供で支援する。エア・ウォーターは長野県大町市と香川県宇多津町と、災害時に支援物資を提供する協定を結んでいる。TOKAIは民生用LPガスや都市ガスなど、東海地方を中心とした商圏を持つ。 【第15615号】...

詳細はこちら

2015/10/09

東京都高圧ガス消費者保安講習会、500人参加

東京都と東京都高圧ガス保安協会(深尾定男会長)および東京都高圧ガス溶材協同組合(鈴木慶彦理事長)は10月5日、東京・新宿区の都庁第一本庁舎大会議場で2015年度東京都高圧ガス消費者保安講習会を開催。高圧ガスの事故撲滅と保安確保を目的に掲げ、関係機関や組合員、販売者、消費者などを中心に約500人が参加。災害防止に向け保安意識の一層の高揚を図った。 【第15614号】...

詳細はこちら

2015/10/09

日立機材、「センクシア」に社名変更へ

鉄骨梁貫通孔補強方法、露出型柱脚固定工法などを製造販売する日立機材は2016年1月1日付で社名を「センクシア株式会社」に変更する。同社は2015年2月3日、カーライル・グループに属する投資ファンド、CKホールディングスによる株式公開買付により、日立グループから離脱し、7月27日付で東証上場を廃止。 【第15614号】...

詳細はこちら

2015/10/08

「マッピー」がゆるキャラグランプリに出場 岩谷産業

岩谷産業のキャラクター「マッピー」が、「ゆるキャラグランプリ2015」の出場している。民生用LPガスの販売店組織「マルヰ会」のマスコットとして1995年から活躍している。今年がマルヰ会発足60周年であることから、広く周知するため出場が決まった。投票はゆるキャラグランプリの公式サイトで11月16日まで。 【第15613号】...

詳細はこちら

2015/10/07

新機軸のCFRPセミナー、愛知で反響呼ぶ 本社主催

産報出版は9月29日、名古屋市中村区のウインクあいちでスマートプロセスセミナー「構造材料としてのCFRPとその加工技術」を開催した。地元中部地区を中心に自動車部品メーカーをはじめ航空機部品メーカー、材料メーカー、材料加工機メーカーから、定員一杯の80人が聴講。CFRPへの関心の高さが浮き彫りとなった。 【第15612号】...

詳細はこちら

2015/10/06

神鋼溶接サービス、創立20周年記念式典開く

神鋼溶接サービス(中野利彦社長)の創立20周年記念式典が10月2日、藤沢市の藤沢市民会館で開催され、同社社員やOB、来賓など約200人が参集。中野社長は「来年度から始まる次期中期経営計画は技術と挑戦、信頼の3つの柱に基づき、経営ビジョンを策定する。そのビジョンの達成とさらに次の10年先の当社のあるべき姿の実現に向けて、社員一丸となって努力する」と挨拶。 【第15611号】...

詳細はこちら

2015/10/05

JR田町駅東口北地区の大型プロジェクトが着工

東京ガスと三井不動産、三菱地所は、JR田町駅東口北地区で進めている(仮称)「TGMM芝浦プロジェクト」のうち地上31階建て高さ165メートルのA棟やホテル棟、スマートエネルギーセンター棟について、10月1日着工。JR田町駅東口に隣接する広さ2万8000平方メートルの東京ガス所有地で延べ床面積約30万平方メートルの複合施設の建設を進める。 【第15610号】...

詳細はこちら

2015/10/02

7月酸素販売、10ヵ月連続減少

日本産業・医療ガス協会がまとめた7月の地区別酸素生産・販売実績によると、生産は全国合計で1億1592万7000立方メートル(前年同月比%2・6%減)、販売は1億3550万9000立方メートル(同8・9%減)。生産は5ヵ月連続の減少、販売は10ヵ月連続の減少。 【第15609号】...

詳細はこちら

2015/10/02

7月窒素販売、2ヵ月ぶりのマイナス

日本産業・医療ガス協会がまとめた7月の地区別窒素生産・販売実績によると、生産は全国合計で2億9253万8000立方メートル(前年同月比0・2%増)、販売は3億6069万3000立方メートル(同4・6%減)。生産は4ヵ月ぶりの増加、販売は2ヵ月ぶりの減少。 【第15609号】...

詳細はこちら

2015/10/02

7月アルゴン販売、2ヵ月連続プラス

日本産業・医療ガス協会がまとめた7月の地区別アルゴン生産・販売実績によると、生産は全国合計で1744万7000立方メートル(前年同月比2・9%増)、販売は1629万3000立方メートル(同0・6%増)。生産は4ヵ月ぶりの減少、販売は2ヵ月連続で増加。 【第15609号】...

詳細はこちら

2015/10/01

8月世界鉄鋼生産、粗鋼は6ヵ月連続減

世界鉄鋼協会が9月25日発表した2015年8月分の世界粗鋼生産と銑鉄生産(速報値)によると、主要65ヵ国・地域の粗鋼生産量は前年同月比3・0%減の1億3233万7000トンとなり、6ヵ月連続で減少。主要38ヵ国・地域の銑鉄生産量は同3・7%減の9679万7000トンで6ヵ月連続の減少。3ヵ月連続で1億トンを割り込む。 【第15608号】...

詳細はこちら

2015/09/30

三井造船、独ガスエンジニアリングを買収

三井造船は9月28日、ドイツのガスエンジニアリング会社、TGEマリンを買収すると発表した。10月1日付でTGEマリンの主要株主から普通株式120万9489株を約1億6400万ユーロ(約221億円)で取得する予定。これにより、三井造船は、TGEマリンの議決権99・36%を取得し、同社を連結子会社とする。 【第15607号】...

詳細はこちら

2015/09/29

「第7回溶接人杯」、グランプリ2作品を発表

溶接を駆使してオリジナル作品を製作する「第7回溶接人杯」(主催=スター電器製造)の最終審査結果がこのほど発表され、オブジェ・サインなど観て楽しむ「アートスタイルコース」のグランプリは東京都在住の藤田政利さん作「水景―軽鴨(午後のおさんぽ)」、家具や雑貨など使って楽しむ「ホームスタイルコース」のグランプリは静岡県在住の金子誠さん作「ガーデンチェアー」が選ばれた。 【第15606号】...

詳細はこちら

2015/09/28

三菱重工、油圧・機械の承継子会社が営業開始

三菱重工業は9月25日、油圧・機械および加速器事業を承継した100%出資子会社、三菱重工メカトロシステムズ(MHI―MS、神戸市兵庫区)が10月1日、新態勢で営業を開始すると発表した。 【第15605号】...

詳細はこちら

2015/09/28

8月鉄鋼生産、12ヵ月連続マイナス

日本鉄鋼連盟は9月18日、2015年8月の鉄鋼生産概況をまとめた。粗鋼生産量は前年同月比5・8%減の880万1000トンで12ヵ月連続の減少。前月比でも0・5%減少し、5ヵ月連続で900万トンを下回った。銑鉄生産量は前年同月比5・9%減の691万2000トンで5ヵ月連続の減少。熱間圧延鋼材は同5・7%減の777万2000トンと10ヵ月連続で減少。 【第15605号】...

詳細はこちら

2015/09/25

サイサン、ガス・ワンサミットを開催 「電力自由化、スタートダッシュ」

サイサンは9月16日、東京・新宿区の京王プラザホテルで、「電力自由化、スタートダッシュ」をスローガンに掲げ、GasOne(ガス・ワン)サミット2015を開催。同社販売店組織、ガス・ワン会の会員など約700人が集まる中、新事業年度のスタートにあたり、同社の事業方針などを披露した。 【第15604号】...

詳細はこちら

2015/09/24

コマツ、小山工場に技能トレーニングセンタ竣工

コマツはこのほど、国内主力工場の一つである小山工場敷地内に「技能トレーニングセンタ」の建屋を新設、教育機能を増設して竣工した。同センタには、従来工場内各所に点在していた組立、塗装、機械加工、設備保全、部品検査、熱処理の各実習エリアを集約するとともに、新たに溶接エリアを加え、7技能分野の実習エリアを備えるなど機能を増強した。 【第15603号】...

詳細はこちら

2015/09/18

日酸TANAKA、新型ファイバーレーザ切断機発売

日酸TANAKAは9月16日から18日の3日間、埼玉県三芳町の本社構内で内覧会を開催し、門型ファイバーレーザ切断機の新製品「FMR?シリーズ」を初公開するとともに、受注を開始した。 【第15602号】...

詳細はこちら

2015/09/17

新日鉄住金、耐候性仕様SBHS500Wが初適用

新日鉄住金は9月9日、奈良県十津川村に完成した沼田原(ぬたのはら)橋で初めて、橋梁用高降伏点鋼板(SBHS)の耐候性仕様、SBHS500Wが採用されたと発表した。今回架設が完了した沼田原橋は、渓谷をまたぐ全長57メートルの方杖ラーメン箱桁橋。瀧上工業により工事が進められ、今年8月、十津川村に引き渡された。 【第15601号】...

詳細はこちら

2015/09/16

6月電気溶接機、金額は19ヵ月連続プラス

経済産業省がまとめた2015年6月の電気溶接機生産実績によると、電気溶接機の合計生産台数は1万0125台(前年同月比9・2%増)、同金額は38億9200万円(同21・0%増)となった。台数は3ヵ月ぶりに増加に転じ、金額は19ヵ月連続の増加。 【第15600号】...

詳細はこちら

2015/09/15

大峰産業、集塵機フィルターの再生業務展開

高圧ガス溶材商社、大峰産業(大阪市大正区、峰雅彦社長)は、新規ビジネスとして「集塵機用カートリッジフィルターの再生メンテナンス業務」を展開しており、これを利用した顧客から「コスト削減に結び付いた」と好評を博している。 【第15599号】...

詳細はこちら

2015/09/14

三菱重工、造船子会社の名称発表

三菱重工業は10月1日付で分社する長崎造船所(長崎市)の造船事業2社の名称を発表した。液化天然ガス(LNG)運搬船などの船舶建造事業会社を「三菱重工船舶海洋」、船体ブロック事業会社を「三菱重工船体」とする。本社はいずれも香焼工場(長崎市)内に置く。 【第15598号】...

詳細はこちら

2015/09/11

6月酸素、販売は9ヵ月連続マイナス

日本産業・医療ガス協会は、6月の地区別酸素生産・販売実績をまとめた。生産が全国合計で1億1170万1000立方メートル(前年同月比3・5%減)、販売が1億3510万6000立方メートル(同6・3%減)だった。生産は4ヵ月連続減少、販売は9ヵ月連続の減少。 【第15597号】...

詳細はこちら

2015/09/11

6月窒素、販売は9ヵ月ぶりの増加

日本産業・医療ガス協会は6月の地区別窒素生産・販売実績をまとめた。生産が全国合計で2億9106万2000立方メートル(前年同月比0・5%減)、販売は3億7562万6000立方メートル(同1・4%増)となった。生産は3ヵ月連続減少、販売は9ヵ月ぶりの増加。 【第15597号】...

詳細はこちら

2015/09/11

6月アルゴン、販売は2ヵ月ぶりの増加

日本産業・医療ガス協会は6月の地区別アルゴン生産・販売実績をまとめた。生産は全国合計で1672万1000立方メートル(前年同月比1・4%減)、販売は1629万3000立方メートル(同0・6%増)となった。生産は3ヵ月連続減少、販売は2ヵ月ぶりの増加。 【第15597号】...

詳細はこちら

2015/09/10

産学官連携ロボット用3Dセンサの開発に経産大臣賞

経済産業省はこのほど、第13回産学官連携功労者表彰・つなげるイノベーション大賞(経済産業大臣賞)を発表。「『産業ロボット用3次元ビジョンセンサ』の開発」(徐剛立命館大学教授兼三次元メディア取締役代表執行役、仲道朋弘三次元メディア執行役研究開発部長)など2件が受賞。 【第15596号】...

詳細はこちら

2015/09/09

トヨタ・神奈川県など、低炭素水素を活用 実証プロジェクトに向け検討開始

神奈川県、横浜市、川崎市、岩谷産業、東芝、トヨタ自動車、トヨタタービンアンドシステムは9月7日、環境省委託事業「2015年度地域連携・低炭素水素技術実証事業」で神奈川県の京浜臨海部が対象地域の低炭素水素を活用する実証プロジェクトにあたり、具体的な実証内容の検討、事業可能性調査を開始すると発表した。同プロジェクトは4年間を予定。今年から具体的な検討を進め、16年4月以降、本格的に実証を開始する。 【...

詳細はこちら

2015/09/09

丸紅と東芝、タイ向け車両の出荷開始 総合車両製作所が製造

丸紅と東芝は9月7日、タイのバンコク都市鉄道パープルライン向け車両の出荷を開始したと発表した。今後、順次出荷を行い2016年1月までに全21編成63両の輸送を完了する予定。納入する鉄道車両は、東日本旅客鉄道グループの総合車両製作所が製造している。 【第15595号】...

詳細はこちら

2015/09/09

三菱ガス化学、新アンモニア専用船を起用

三菱ガス化学(東京・千代田区、倉井敏麿社長)は9月2日、今年7月末の新潟工場における液化アンモニアの生産終了にともない、8月から新たなアンモニア専用船を起用し、アンモニア調達体制を強化したと発表した。新造船「国周丸」を関連会社である国華産業が建造し、液化アンモニア調達のために運航する。 【第15595号】...

詳細はこちら

2015/09/08

デンヨー、消防法適合の認定取得 LPガス自動発電装置

デンヨーが発売するLPガス自家発電装置「LEG―40SSGF」がこのほど、消防法適合の認定を取得した。自家発電設備の同登録認定機関である日本内燃力発電設備協会がLPガス自家発電設備に消防法適合の認定をしたのは初めて。 【第15594号】...

詳細はこちら

2015/09/07

全溶連、15年度第1回理事会評議員会開く

全国高圧ガス溶材組合連合会(深尾定男会長)は9月3日、東京・港区のメルパルク東京で2015年度第1回理事会・評議員会合同会議を開催した。合同会議では15年度役員構成や常置委員会活動計画、第72回全溶連大会(新潟)の収支報告、全溶連福祉共済制度の加入状況などを承認。 【第15593号】...

詳細はこちら

2015/09/07

7月溶解アセチレン、販売は10ヵ月連続マイナス

日本産業・医療ガス協会は、2015年7月の溶解アセチレン生産・販売実績をまとめた。それによると7月の生産実績は前年同月比5・4%減の813トン813キロで7ヵ月連続の減少。販売実績は、前年同月比5・9%減の848トン782キロとなり、10ヵ月連続のマイナス。 【第15593号】...

詳細はこちら

2015/09/04

鈴木商館、シリンダーガス事業を再編

鈴木商館は10月1日付で同社北関東支店が管轄する東京・北関東地区のシリンダーガス事業の一部を同社100%出資の子会社である鈴商石油ガスに統合。これにともない鈴商石油ガスは鈴商ガス販売に社名変更し、本社も埼玉県上尾市に移転する。 【第15592号】...

詳細はこちら

2015/09/03

新日鉄住金エンジニアリング、海外拠点を拡充

新日鉄住金エンジニアリングは9月2日、海外展開を一層強化するため、タイとシンガポールに支店設立など海外拠点を拡充すると発表した。東南アジア地域の営業力強化に向け、メコン地域の対応強化として「タイ支店」を設立。対応地域はタイ・ミャンマー・マレーシア・ラオス。また、東南アジア統括拠点として「シンガポール支店」を設立する。 【第15591号】...

詳細はこちら

2015/09/03

千代田化工、シンガポール・エズラとサブシー関連で合意

千代田化工建設は8月27日、シンガポールのエズラ・ホールディングスとの間で、海中・海底(サブシー)関連の設計・調達・建設・据付(EPCI)業務を遂行する「EMAS・チヨダ・サブシー(ECS)」を運営していくことで基本合意したと発表した。エズラは傘下のEMAS AMCが有するサブシー関連工事専用の特殊船舶を運用し、メキシコ湾、アフリカなどグローバルにサブシー関連事業を展開。 【第15591号】...

詳細はこちら

2015/09/03

高圧ガス容器回収特別月間、ポスター配布

高圧ガス保安協会中央容器委員会、全国高圧ガス溶材組合連合会、日本産業・医療ガス協会などは、高圧ガス容器回収特別月間(10月1日―31日)を前に不明容器回収の呼びかけを訴えるポスターを制作し、全国の関係団体や各支部などへ配布した。 【第15591号】...

詳細はこちら

2015/09/02

小池酸素工業4―6月、営業益は6倍以上に伸長

小池酸素工業の平成28年3月期第1四半期連結決算は、売上高106億0600万円(前年同期比10・6%増)、営業利益3億6400万円(同553・8%増)、経常利益2億3100万円(同114・0%増)、第1四半期純利益1億1600万円(前年同期は100万円の利益)の増収大幅増益。 【第15590号】...

詳細はこちら

2015/09/01

YKKAP、黒部製造所のアルミ押出ライン棟が竣工

YKKAP(東京・千代田区、堀秀充社長)は、国内アルミ素材製造の中核工場である黒部製造所の再構築の一環として、昨年8月から建設を進めていた押出ライン棟が竣工。8月24日に竣工式を行い操業を開始した。同棟は建築面積約5300平方メートル、延べ床面積約5400平方メートルの鉄骨造。投資額は約15億円(建屋・設備を含む) 【第15589号】...

詳細はこちら

2015/09/01

安川電機、ハンドリングロボットを新発売

安川電機はこのほど、産業用ロボットMOTOMAN(モートマン)に、新形600キロ可搬ハンドリングロボット「MOTOMAN―MH600」をラインアップし、販売を開始した。自動車用大型部品や建機部品、住宅材など大型ワークの搬送に要求されるアームの到達距離や、手首軸の強度を従来製品に比べ大幅に向上。 【第15589号】...

詳細はこちら

2015/08/31

日東電工が世界初、新規ネオジム磁石開発に成功

日東電工(大阪市北区、??秀雄社長)は8月24日、同社の持つ有機・無機ハイブリッド技術を用いることで、世界初の新規ネオジム磁石の開発に成功したと発表した。2017年度の発売を計画している。同磁石は配向を制御することで従来のモータの性能を20―30%向上させることが可能となり、モータの小型軽量化に貢献できる。 【第15588号】...

詳細はこちら

2015/08/28

協栄興業、岐阜に野菜工場建設

協栄興業(愛知県東海市、内田久利社長)は岐阜県美濃市に野菜工場を建設する。LED照明を使って野菜を高速栽培し、1日3000株の葉物野菜を東海地区のスーパーなどに販売する。天候に左右されず、一定の栄養価を持つ「機能性野菜」を安定出荷することで、将来は年間1億5000万円の売上げをめざす。 【第15587号】...

詳細はこちら

2015/08/27

ケミカル山本が特許取得 ステンレス鋼の腐食診断、延命処理で

ケミカル山本はこのほど、かねて出願していた「ステンレス鋼製プラント、機器類の応力腐食割れ予防保全ないしは延命処理方法」の特許が成立したと発表した。今回取得した特許は、硝フッ酸で処理された既設のステンレス鋼製プラント、機器類を対象に、不動態皮膜の形成度合いを判定する「健康診断」とウルトラ不動態皮膜形成による「延命治療」をセットにした点がポイント。 【第15586号】...

詳細はこちら

2015/08/27

7月粗鋼生産、11ヵ月連続マイナス

日本鉄鋼連盟は8月20日、2015年7月の鉄鋼生産概況をまとめた。粗鋼生産量は前年同月比4・9%減の883万8000トンで11ヵ月連続の減少。前月比では3・6%増加したものの、4ヵ月連続で900万トンを下回った。 【第15586号】...

詳細はこちら

2015/08/26

三葉電熔社、横浜・インドネシアに新工場

溶接機材の販売およびシステムの設計・製造・販売を手掛ける三葉電熔社は、横浜・鶴見に組立工場(横浜工場)、インドネシア・チカランに同社100%出資の現地法人(PT MITZBA WELDING SOLUTION INDONESIA=PT)を設立した。横浜工場は2月から、PTは8月から業務を開始している。 【第15585号】...

詳細はこちら

2015/08/26

ダイヘン、Jリーグでサポーティングマッチ開催 セレッソ大阪プラチナスポンサー

ダイヘン(大阪市淀川区、田尻哲也社長)が今年4月にJリーグチームのセレッソ大阪とプラチナスポンサー契約を締結したのにともない、スポンサー1社を冠名とした公式試合であるダイヘンサポーティングマッチ(セレッソ大阪対FC岐阜)が8月15日、大阪市東住吉区のキンチョウスタジアムで開催された。 【第15585号】...

詳細はこちら

2015/08/26

デンヨー4―6月、売上高1%増の111億円

デンヨーの平成28年3月期第1四半期連結決算は、売上高111億5600万円(前年同期比1・2%増)、営業利益8億0600万円(同31・5%増)、経常利益9億3700万円(同36・7%増)、純利益5億6400万円(同40・9%増)と増収増益。製品別売上高は発電機関連が前年同期比1・6%増の83億0500万円、溶接機関連が同17・7%減の12億0500万円など。 【第15585号】...

詳細はこちら

2015/08/26

キトー4―6月 43%増収、営業益は92%増

キトーの平成28年3月期第1四半期連結決算は、売上高121億2200万円(前期同期比43・8%増)、営業利益5億3800万円(同92・2増)、経常利益4億1800万円(同84・9%増)、第1四半期純利益1億7200万円(同149・7%増)の増収増益。地域別では日本が売上高60億8700万円(前年同期比10・7%増)と好調を維持。 【第15585号】...

詳細はこちら

2015/08/25

渋谷工業、前期は微増収・営業利益微減

渋谷工業の平成27年6月期連結決算は、売上高804億3000万円(前期比1・7%増)、営業利益48億7000万円(同2・4%減)、経常利益50億8200万円(同4・8%減)、当期純利益82億8600万円(同155・5%増)の微増収営業利益微減。メカトロシステム事業は、売上高221億8900万円(同15・9%増)、営業損失6億3700万円(前期は10億9700万円の営業損失) 【第15584号】...

詳細はこちら

2015/08/24

5月電気溶接機生産 台数2ヵ月連続減、金額は18ヵ月連続増

経済産業省はこのほど、2015年5月の電気溶接機生産実績をまとめた。それによると、電気溶接機の合計生産台数は8427台(前年同月比2・4%減)、同金額は33億4900万円(同8・6%増)となった。台数は2ヵ月連続で減少したが、金額は18ヵ月連続の増加と好調を維持。 【第15583号】...

詳細はこちら

2015/08/21

高圧ガス工業4―6月、ガス事業は営業益14%増

高圧ガス工業の平成28年3月期第1四半期連結決算は、売上高187億0300万円(前年同期比0・5%増)、営業利益11億1200万円(同21・1%増)、経常利益13億2800万円(同20・3%増)、第1四半期利益8億3600万円(同27・3%増)の増収増益。ガス事業の売上高は前年同期比1・2%増の139億6900万円、営業利益は同14・4%増の10億0100万円。 【第15582号】...

詳細はこちら

2015/08/21

特殊電極4―6月、売上高12%減の18億円

特殊電極の平成28年3月期第1四半期連結決算は、売上高18億1500万円(前年同期比12・6%減)、営業利益6900万円(同10・8%増)、経常利益7300万円(同10・6%増)、第1四半期利益4600万円(同34・0%増)の減収増益。 【第15582号】...

詳細はこちら

2015/08/21

新コスモス電機4―6月、微増収も営業益46%減

新コスモス電機の平成28年3月期第1四半期連結決算は、売上高43億1500万円(前年同期比0・8%増)、営業利益1億5600万円(同46・7%減)、経常利益1億9200万円(同38・1%減)、第1四半期利益1億2000万円(同40・7%減)の増収減益。 【第15582号】...

詳細はこちら

2015/08/20

重松製作所4―6月、売上高23%増の22億円

重松製作所の平成28年3月期第1四半期単独決算は、売上高22億1000万円(前年同期比23・7%増)、営業利益1億4800万円(前年同期は1億6300万円の損失)、経常利益1億4400万円(同1億6400万円の損失)、第1四半期利益3400万円(同9900万円の損失)と増収増益。 【第15581号】...

詳細はこちら

2015/08/20

東邦アセチレン4―6月、売上高5%減の81億円

東邦アセチレンの平成28年3月期第1四半期連結決算は、売上高81億2900万円(前年同期比5・5%減)、営業利益3億8000万円(同28・0%増)、経常利益4億2700万円(同16・1%増)、第1四半期利益2億4400万円(同30・9%増)の減収増益。ガス関連事業は売上高44億9300万円(前年同期比9・3%減)、営業利益4億6300万円(同52・1%増) 【第15581号】...

詳細はこちら

2015/08/19

アマダHD4―6月、営業・経常益は3倍以上に伸長

アマダホールディングスの平成28年3月期第1四半期連結決算は、売上高570億0500万円(前年同期比10・8%増)、営業利益47億3600万円(同236・5%増)、経常利益58億7200万円(同227・8%増)、第1四半期利益33億8000万円(同270・7%増)の大幅増収増益。営業・経常・第1四半期利益はそれぞれ3倍以上の伸長を示した。 【第15580号】...

詳細はこちら

2015/08/19

トーカロ4―6月、売上高20%増の77億円

トーカロの平成28年3月期第1四半期連結決算は、売上高77億4600万円(前年同期比20・2%増)、営業利益15億6300万円(同21・9%増)、経常利益16億4900万円(同26・4%増)、第1四半期利益10億6900万円(同28・0%増)の増収増益。溶射加工は売上高59億3200万円(前年同期比22・9%増)、経常利益14億1200万円(同34・4%増) 【第15580号】...

詳細はこちら

2015/08/18

ダイヘン4―6月、営業・経常益は3倍以上に伸長 溶接メカトロ事業は営業益98%増

ダイヘンの平成28年3月期第1四半期連結決算は、売上高285億9800万円(前年同期比22・2%増)、営業利益21億3100万円(同237・5%増)、経常利益23億0700万円(同235・4%増)、第1四半期利益15億2100万円(同382・9%増)と大幅増収増益。溶接メカトロ事業は売上高100億9700万円(前年同期比19・2%増)、営業利益12億9500万円(同98・3%増) 【第15579号...

詳細はこちら

2015/08/18

トラスコ中山4―6月、売上高6%増の824億円

トラスコ中山の平成27年12月期第2四半期単独決算は、売上高824億4500万円、営業利益64億4400万円、経常利益65億2600万円、第2四半期利益40億6200万円。同社は26年12月期から決算期を変更。26年1月1日から6月30日を比較した増減率は、売上高6・1%増、営業利益13・7%増、経常利益16・6%増、当期利益23・2%増。 【第15579号】...

詳細はこちら

2015/08/17

OBARA―G4―6月、売上高12%増の411億円 溶接機器は営業益9%増

OBARAGROUPの平成27年9月期第3四半期連結決算は、売上高411億2700万円(前年同期比12・2%増)、営業利益87億6300万円(同20・1%増)、経常利益91億9600万円(同21・3%増)、第3四半期純利益59億3600万円(同21・5%増)。溶接機器関連事業の売上高は前年同期比9・7%増の284億2000万円、営業利益は同9・0%増の63億8000万円。 【第15578号】...

詳細はこちら

2015/08/17

大陽日酸4―6月、売上高7%増の1425億円

大陽日酸の平成28年3月期第1四半期連結決算は、売上高1425億1700万円(前年同期比7・7%増)、営業利益98億9300万円(同16・6%増)、経常利益107億8300万円(同20・6%増)、第1四半期利益83億5500万円(同53・8%増)の増収増益。国内ガス事業は売上高778億3300万円(前年同期比3・2%減)、営業利益56億0500万円(同2・7%増) 【第15578号】...

詳細はこちら

2015/08/17

岩谷産業、中国エリア初の水素ステーション

岩谷産業は8月4日、山口県周南市に完成した、イワタニ水素ステーション山口周南の開所式を行った。同社はこれまでに兵庫県尼崎市、福岡県北九州市、東京・港区、埼玉県戸田市、愛知県豊田市に水素ステーションを開所しており、今回で6ヵ所目となる。周南市地方卸売市場の敷地内に建設。同市場で実証予定のFC(燃料電池)フォークリフトへの水素供給も行える設備になっている。 【第15578号】...

詳細はこちら

2015/08/14

新販売組織「ダイヘン会」、16年4月発足へ

ダイヘン(大阪市淀川区、田尻哲也社長)は7月31日、大阪市北区のヒルトン大阪で開催したダイヘンパートナーズ会議の席上、2016年4月1日付で大溶会と三水会を統合した新生「ダイヘン会」を発足し、オールダイヘン製品を販売することでビジネスチャンスを拡大する方針を発表した。 【第15577号】...

詳細はこちら

2015/08/14

神鋼商事、ミャンマーにヤンゴン支店開設

神鋼商事は8月1日付でミャンマーにヤンゴン支店(藤野行永支店長)を開設した。事業内容は同国市場開拓(情報収集)。人員は駐在員1人、現地スタッフ2人を配置した。同支店を市場調査・情報収集の拠点とし、鋼材や非鉄製品、溶接材料などの取扱製品の拡販や神戸製鋼グループの進出支援を図る。 【第15577号】...

詳細はこちら

2015/08/10

日鐵住金溶接、SXワイヤの本格販売開始

日鐵住金溶接工業は8月から、鉄骨向けに開発した新製品のシームレスフラックス入りワイヤ「SXワイヤ」の本格販売を開始した。ソリッドワイヤと同等の溶込み深さを実現したSXワイヤは、FCWの特徴でもあるなべ底形の溶込み形状を生かし、仕口溶接のレ形開先で十分な溶込み形状の確保が可能。高電流域でもスパッタが少ないうえ、ソフトなアークで作業者の負担を軽減できる。 【第15576号】...

詳細はこちら

2015/08/07

横河ブリッジ、ミャンマーに支店開設

横河ブリッジは7月29日付でミャンマー・ヤンゴン市内にヤンゴン支店を開設した。事業内容は鋼橋など鋼構造物のエンジニアリングサービスなど。同社はこれまで同国への進出の準備を進めるとともに、現地の有力な鋼橋製作会社、ミャンマー・エコノミック・コーポレーション(MEC社)と技術的な協力について関係構築を図ってきた。 【第15575号】...

詳細はこちら

2015/08/06

大陽日酸、豪州ディストリビューターを買収

大陽日酸は7月30日、豪州のディストリビューター、レネゲイド・ガス(RGP)を買収することについて同社既存株主と合意、株式売買契約を締結したと発表した。RGPは主にLPGや各種産業ガスの充てん・販売、関連機器の販売、レンタルなどを事業主体に売上高は約80億円(2015年6月期見込み) 【第15574号】...

詳細はこちら

2015/08/05

新日鉄住金、高耐食性厚鋼板を実船適用

新日鉄住金は8月4日、石炭を積載する貨物倉の腐食を大幅に低減する高耐食性厚鋼板を実船に適用したと発表した。同社が開発した「NSGP―3」がこのほど、今治造船グループの多度津造船で建造されたばら積み貨物船(載貨重量トン数8万1600トン)に初めて採用され、8月3日、同造船所で引き渡しが行われた。 【第15573号】...

詳細はこちら

2015/08/05

伊藤忠丸紅鉄鋼と住友商事が合意、国内鉄鋼建材事業を統合

伊藤忠丸紅鉄鋼と住友商事は8月3日、国内鉄鋼建材事業を統合することに合意したと発表した。対象となる事業会社は、伊藤忠丸紅テクノスチールと住商鉄鋼販売。住友商事北海道、住友商事東北、住友商事九州の3社は鉄鋼建材事業のみ分割し統合する。伊藤忠丸紅テクノスチールを存続会社とする吸収合併。社名は伊藤忠丸紅住商テクノスチール。合併は16年1月1日付を予定。 【第15573号】...

詳細はこちら

2015/08/04

神鋼商事4―6月、溶材セグメントは経常益63%減

神鋼商事の平成28年3月期第1四半期連結決算は、売上高2163億6000万円(前年同期比1・1%増)、営業利益16億9900万円(同14・0%増)、経常利益20億4900万円(同25・0%増)、第1四半期利益13億4800万円(同97・3%増)の増収増益。溶材セグメントは売上高94億9300万円(前年同期比2・9%減)、経常利益2800万円(同63・4%減) 【第15572号】...

詳細はこちら

2015/08/04

進和9―5月 売上高30%増の356億円、経常益は50%増

進和の平成27年8月期第3四半期連結決算は、売上高356億9000万円(前年同期比30・1%増)、営業利益25億0200万円(同46・4%増)、経常利益26億5600万円(同50・5%増)、第3四半期純利益17億2100万円(同62・0%増)の増収増益。 【第15572号】...

詳細はこちら

2015/08/03

JFEスチール、ベトナム製鉄所に出資

JFEスチールは7月30日、台湾の総合石油化学メーカー、台湾プラスチックグループがベトナム・ハティン省で実行中の一貫製鉄所プロジェクトに参画すると発表した。5%の資本参加と、技術支援・供与を行う。出資額は約270億円。 【第15571号】...

詳細はこちら

2015/08/03

三菱電機、静岡製作所に50億円投資

三菱電機は7月27日、空調システム事業の規模拡大に向けて家庭用および業務用空調機器のグローバル対応の新製品開発を加速するため、約50億円を投資し静岡製作所に「空調開発設計・評価棟」を建設すると発表した。稼働開始は2019年6月を予定。 【第15571号】...

詳細はこちら

2015/08/03

新日鉄住金ステンレスが二相ステン鋼受注 サウジアラビア向け、2000トン

新日鐵住金ステンレスは7月28日、サウジアラビアの既設シュアイバ海水淡水化装置(フェーズ2)の増設工事向けに、ササクラ(大阪市西淀川区、笹倉敏彦社長)から厚板を中心に約2000トンの二相ステンレス鋼を受注したと発表した。同増設プラントの造水能力は日量約9万トンで2017年から供給開始予定。 【第15571号】...

詳細はこちら

2015/08/03

大同特殊鋼4―6月、売上高2%減の1167億円

大同特殊鋼の平成28年3月期第1四半期連結決算は、売上高1167億0500万円(前年同期比2・6%減)、営業利益39億6700万円(同5・0%減)、経常利益42億4000万円(同7・3%減)、第1四半期純利益17億8800万円(同30・8%減)の減収減益。構造用鋼の数量は、自動車で在庫調整のための生産調整の動きが見られたことなどから前年同期に比べ減少。 【第15571号】...

詳細はこちら

2015/07/31

出光興産、昭和シェル石油株取得し経営統合へ

出光興産は7月30日、昭和シェル石油の株式約33%を取得すると発表した。昭和シェル石油の筆頭株主となったうえで、両社の経営統合を目指すことになる。出光はオランダのロイヤル・ダッチ・シェルが保有する昭和シェル石油の35%の株式のうち33・3%を1691億円で取得することで合意した。出光は、昭和シェル石油の筆頭株主となり、両社の経営統合に向けて協議を進める。 【第15570号】...

詳細はこちら

2015/07/30

安川電機4―6月、ロボットは営業益59%増

安川電機の平成28年3月期第1四半期連結決算は、売上高1010億5000万円(前年同期比11・0%増)、営業利益91億4500万円(同34・3%増)、経常利益99億9700万円(同53・0%増)、第1四半期純利益57億8300万円(同29・3%増)。ロボットは売上高381億1100万円(同22・3%増)、営業利益41億4500万円(同59・3%増) 【第15569号】...

詳細はこちら

2015/07/30

ファナック4―6月、ロボット売上高は3割増の454億円

ファナックの平成28年3月期第1四半期連結決算は、売上高1974億2000万円(前年同期比20・9%増)、営業利益739億6200万円(同11・4%増)、経常利益787億1600万円(同13・1%増)、第1四半期純利益507億6500万円(同12・3%増)。ロボット部門は米州、中国の自動車産業、一般産業の需要が共に好調で売上高は同29・6%増の454億3100万円。 【第15569号】...

詳細はこちら

2015/07/29

神戸製鋼4―6月 溶接事業部門は2%増収、経常益2%減

神戸製鋼所の平成28年3月期第1四半期連結決算は、売上高4600億8600万円(前年同期比3・4%増)、営業利益252億6800万円(同9・7%減)、経常利益218億0700万円(同1・0%増)、第1四半期純利益118億8100万円(同48・2%減)。溶接事業部門は売上高232億円(前年同期比2・3%増)、経常利益20億円(同2・6%減) 【第15568号】...

詳細はこちら

2015/07/28

大成建設、柱部材の耐震補強工法を開発 「連続炭素繊維シート複合パネル」使用

大成建設は7月27日、成和リニューアルワークスと共同で、連続炭素繊維シート複合パネル(CF複合パネル)による柱部材の耐震補強工法「CFパネル工法」を開発したと発表した。トンネル覆工で壁面のはく落防止や曲げに対する補強材として多くの実績があるCF複合パネルを用いて、重機を使用せずに短期間で施工可能で、炭素繊維シートの巻き立てによる耐震補強と同等の効果を発揮。 【第15567号】...

詳細はこちら

2015/07/28

6月鉄鋼生産、粗鋼は10ヵ月連続マイナス

日本鉄鋼連盟は7月21日、2015年6月の鉄鋼生産概況をまとめた。粗鋼生産量は前年同月比6・2%減の857万1000トンで10ヵ月連続の減少。前月比でも3・9%減少し、3ヵ月連続で900万トンを下回る結果となった。 【第15567号】...

詳細はこちら

2015/07/27

三菱重工とMHPS、長崎地区の工場再編 

三菱重工業と三菱日立パワーシステムズ(MHPS)は7月23日、長崎造船所と長崎工場を再編する方針を決定したと発表した。防衛・宇宙および火力発電設備関連の製品ごとに製造場所を集約して生産性向上を図ることにより、技術やコスト、効率などの面で国際競争力をさらに強化していく。2017年度末の再編完了を予定。 【第15566号】...

詳細はこちら

2015/07/24

東京都、燃料電池バスの実証実験開始

東京都は、7月27日から30日まで都営バスへの燃料電池バス導入に向けた走行実験を都内で開始する。今回の実証実験は、トヨタ自動車と日野自動車における今後の市場投入に向けた技術開発上の走行性能などの検証に東京都が協力するかたちで実現した。 【第15565号】...

詳細はこちら

2015/07/23

JFEスチール、ノルウェーに鋼管2200トン

JFEスチールは7月14日、ノルウェーのSTATOIL社向けに同社が開発した電縫鋼管「マイティーシーム(登録商標)」1400トン、およびラインパイプ用13%クロム継目無鋼管800トンの合計2200トンを伊藤忠丸紅鉄鋼と共同で受注、6月に出荷したと発表した。 【第15564号】...

詳細はこちら

2015/07/22

東京ガス、6月のガス販売実績

東京電力が発表した6月のガス販売量は、前年同月比2・8%減の11億573万9000立法メートルとなった。工業用については、発電向け需要の減少により前年同月比4・0%減の5億6327万4000立法メートルだった。 【第15563号】...

詳細はこちら

2015/07/21

テクノトランスファーin川崎開く

神奈川県産業振興センターと神奈川県、川崎市は7月8日から10日まで川崎市高津区のかながわサイエンスパーク(KSP)でテクノトランスファーin川崎を開催。最先端技術の見本市として環境や福祉、防災といったテーマから産学連携、産業機器関連などをテーマとした製品や技術が集結した。 【第15562号】 ...

詳細はこちら

2015/07/16

三菱電機、炭酸ガス二次元レーザ加工機の新製品初披露

三菱電機は、炭酸ガス二次元レーザ加工機の新製品「ML3015SR―32XP」を開発し、東京・江東区の東京ビッグサイトで18日まで開催中の「MF―Tokyo2015」で初披露。9月1日から発売する。 【第15560号】...

詳細はこちら

2015/07/15

4月電気溶接機生産、金額は17ヵ月連続増

経済産業省はこのほど、2015年4月の電気溶接機生産実績をまとめた。それによると、電気溶接機の合計生産台数は8395台(前年同月比4・7%減)、同金額は30億8900万円(同7・2%増)となった。台数は8ヵ月ぶりに減少に転じたものの、金額は17ヵ月連続の増加と好調を維持。 【第15559号】...

詳細はこちら

2015/07/14

大陽日酸、日本最大の空気分離装置工場を公開

大陽日酸は7月9日、川崎市川崎区の京浜事業所プラント・エンジニアリングセンターで報道陣を対象とした工場見学会を実施した。同センターは1968年、当時大田区下丸子にあった同社ののプラント工場である東京製作所・第3工場として開設。1980年にはプラント部門全体を移転・集約し、現在の事業所に拡張した。空気分離装置工場としては日本最大。 【第15558号】...

詳細はこちら

2015/07/13

5月溶接材料出荷、3ヵ月連続の減少

日本溶接材料工業会がまとめた2015年5月の溶接材料生産・出荷・輸出実績によると、生産高は前年同月比6・9%減の1万9732トンと4ヵ月連続で減少した。出荷高は同4・3%減の2万135トンと3ヵ月連続で減少。輸出高は同16・2%減の2595トンと3ヵ月連続で減少した。 【第15557号】...

詳細はこちら

2015/07/10

5月溶解アセチレン、販売は8ヵ月連続マイナス

日本産業・医療ガス協会は、2015年5月の溶解アセチレン生産・販売実績をまとめた。それによると5月の生産実績は前年同月比14・3%減の751トン181キロと5ヵ月連続で減少。販売実績は前年同月比15・0%減の761トン240キロで8ヵ月連続の減少。 【第15556号】...

詳細はこちら

2015/07/09

市川祐三KHK新会長が会見

高圧ガス保安協会(KHK)は7月8日、東京・港区の協会本部で2015年度第1回記者懇談会を開いた。7月1日付で新会長に就任した市川祐三会長は、ここ数年続発した石油コンビナートなどでの大規模爆発火災事故について「保安への取り組みは社会的な使命であり、リスクアセスメント全般について関係機関と連携しながら具体的な対策を進めていきたい」と述べた。 ...

詳細はこちら

2015/07/08

5月溶接材料輸入、2ヵ月連続増加

財務省の貿易統計によると、2015年5月の溶接材料(ソリッドワイヤ、FCW、被覆アーク溶接棒、非合金鋼溶接ワイヤ)輸入量は、前年同月比0・2%増の5046トンで推移し、2ヵ月連続の増加となった。ソリッドワイヤは前年同月比13・7%減の2616トンで、2ヵ月ぶりに減少。FCWは、前年同月比20・6%増の2129トンと、2ヵ月連続で増加。 【第15554号】...

詳細はこちら

2015/07/07

4月酸素、販売は7ヵ月連続マイナス

日本産業・医療ガス協会は4月の地区別酸素生産・販売実績をまとめた。生産は全国合計で1億1374万3000立方メートル(前年同月比1・7%減)、販売は1億3916万8000立方メートル(同3・2%減)。生産は2ヵ月連続の減少、販売は7ヵ月連続の減少。 【第15553号】...

詳細はこちら

2015/07/07

4月窒素、販売は7ヵ月連続減

日本産業・医療ガス協会は4月の地区別窒素生産・販売実績をまとめた。生産は全国合計で2億7985万1000立方メートル(前年同月比7・3%減)、販売は3億5820万2000立方メートル(同7・2%減)だった。生産は2ヵ月ぶりの減少、販売は7ヵ月連続でマイナス。 【第15553号】...

詳細はこちら

2015/07/07

4月アルゴン、販売は6ヵ月ぶりのプラス

日本産業・医療ガス協会は4月の地区別アルゴン生産・販売実績をまとめた。生産は全国合計で1629万4000立方メートル(前年同月比1・3%増)、販売は1566万1000立方メートル(同2・3%増)となった。生産は2ヵ月ぶりの減少となったものの、販売は6ヵ月ぶりのプラス。 【第15553号】...

詳細はこちら

2015/07/06

全国建機デンヨー会、第16回総会開く

全国建機デンヨー会は7月1日、東京・港区のホテル日航東京で第16回定時総会と新製品発表・説明会を開催。新会長に就任した伊藤武史氏(北海産業)は「1982年9月の設立当初から当会に参画し、33年目にして第3代会長の重責を担うことになった。会員各位の力を借りて当会の発展に邁進したい」などと抱負を述べた。 【第15552号】...

詳細はこちら

2015/07/06

安川電機、7軸スポット溶接ロボットを販売

安川電機は8月5日から自動車ボディのスポット溶接用途に特化した産業用ロボット「MOTOMAN―VS100」の販売を開始した。年間2000台の販売を見込む。従来の6軸構造のロボットのLアームの中間にL軸(第2軸)・U軸(第3軸)と同一方向に動作する1軸(E軸)を追加することでLアーム長可変構造を実現。 【第15552号】...

詳細はこちら

2015/07/03

KHK、新会長に市川祐三氏

高圧ガス保安協会(KHK)は7月1日付で元日本鉄鋼連盟専務理事の市川祐三氏が会長に就任したと発表した。市川氏は1974年通商産業省(現経済産業省)入省。2002年大臣官房審議官。2004年から15年まで鉄連専務理事を務めた。64歳。 【第15551号】...

詳細はこちら

2015/07/02

ダイヘン、プラズマ溶接機を発売

ダイヘンは6月23日、好調な販売を続ける高級溶接機Welbeeインバータシリーズに、定格電流300アンペア本格プラズマ溶接機「F300P」を加え新発売した。ユーザー標準価格は200アンペアトーチ付きで274万8500円(消費税別)。初年度生産台数は200台。 【第15550号】...

詳細はこちら

2015/07/01

パナソニック唐山、上海で代理店歓迎会開く

パナソニック溶接システム唐山(浜本康司総経理)は、北京エッセン展会期中の6月16日、展示会場からほど近い上海市内のミンヤーホテル上海で中国現地代理店の歓迎夕食会を開催した。代理店から約700人が集まるなか、浜本総経理は「これから10年、20年と事業を継続し、中国の溶接品質向上に貢献していきたい」と挨拶、代理店関係者にさらなる結束と協力を呼びかけた。 【第15549号】...

詳細はこちら

2015/07/01

全溶連、テキストを全面改訂

全国高圧ガス溶材組合連合会はこのほど、「高圧ガス消費者保安講習会テキスト」の改訂版を発刊した。全国各地の消費者保安講習会で利用されている同テキストは、2008年4月に改訂され、今年で7年が経過している。そこで全溶連では保安委員会・経済委員会のワーキンググループが共同で内容の見直しに着手し、このほど全面改訂版の発刊にこぎつけた。 【第15549号】...

詳細はこちら

2015/07/01

大陽日酸、窒素ガス供給システムの販売開始

大陽日酸は7月から、新型レーザ加工用窒素ガス供給システム「LTシリーズ」の販売を開始した。ーザ加工機のアシストガスの窒素ガス需要は、普及が進むファイバレーザによる鉄や高反射材など今後も拡大が進むと見込み、2016年3月までの販売目標は合計20台。 【第15549号】...

詳細はこちら

2015/06/30

ダイヘン、六甲TCをリニューアルオープン

ダイヘンは、業界で最高水準の技術と顧客ニーズが出会う場所として、また、溶接とロボットの総合提案力を強化させるため、六甲事業所(神戸市東灘区)のテクニカルセンター(TC、旧名称FAセンター)をリニューアルオープンした。6月23日、報道陣に公開した。TCは1階の約2800平方メートルを占め、リニューアル費用は約2億円。 【第15548号】...

詳細はこちら

2015/06/29

5期連続の増収増益達成 レンタルのニッケン前期

レンタルのニッケンの2015年3月期連結決算は、売上高956億4100万円(前期比9・7%増)、営業利益101億2000万円(同20・2%増)、経常益102億8600万円(同20・4%増)、当期純利益64億0200万円(同27・2%増)と5期連続の増収増益。売上・利益とも創業以来、過去最高。 【第15547号】...

詳細はこちら

2015/06/29

5月世界鉄鋼生産、粗鋼は3ヵ月連続減

世界鉄鋼協会は6月23日、2015年5月分の世界粗鋼生産と銑鉄生産(速報値)についてまとめた。主要65ヵ国・地域の粗鋼生産量は前年同月比2・1%減の1億3930万8000トンとなり、3ヵ月連続で減少した。主要38ヵ国・地域の銑鉄生産量も、同1・2%減の1億53万2000トンで、3ヵ月連続の減少。 【第15547号】...

詳細はこちら

2015/06/26

4月溶解アセチレン、販売は7ヵ月連続マイナス

日本産業・医療ガス協会は2015年4月の溶解アセチレン生産・販売実績をまとめた。4 月の生産実績は、全国合計で892トン867キロ(前年同月比7・4 %減)と4 ヵ月連続で減少した。販売実績については全国合計で939トン652キロ(前年同月比4 ・4 %減) と7 ヵ月連続の減少。 【第15546号】...

詳細はこちら

2015/06/25

コマツ、IoTでものづくり強化

コマツは6月22日、情報通信技術(ICT)の活用により生産から販売までの全ての工程がリアルタイムに連携・循環する「つながる化」を目指すことで、これまでにない新たな生産改革に着手すると発表した。現行の活動にあらゆるものをネットにつなげるインターネット・オブ・シングス(IoT)で見える化したさまざまな情報の「つながる化」をコンセプトに加え、安全性、生産性の飛躍的向上を図る。 【第15545号】...

詳細はこちら

2015/06/24

鉄鋼生産5月概況、粗鋼は9ヵ月連続減少

日本鉄鋼連盟は6月19日、2015年5月の鉄鋼生産概況をまとめた。粗鋼生産量は前年同月比7・0%減の891万7000?で、9ヵ月連続の減少となった。前月比では6・1%増加したものの、2ヵ月連続で900万?を割り込んだ。 【第15544号】...

詳細はこちら

2015/06/23

第6回スキルアップ講座、延べ110人受講=溶接センター・本社主催

日本溶接技術センターと産報出版は6月19日、20日の両日、川崎市内2会場で「第6回溶材商社営業マン向けスキルアップ講座―これだけは知っておきたい溶接機器・材料・高圧ガスの基礎知識」を開催した。溶材商社はじめ溶接材料・ガスメーカー、レンタルなど広範な分野から2日間で延べ110人が参加した。 【第15543号】...

詳細はこちら

2015/06/23

JIMGA、15年度定時総会を開催

日本産業・医療ガス協会(JIMGA、間邦司会長)は6月17日、東京・大手町の経団連会館で会長記者会見とシンポジウム、2015年度定時総会を開催。間会長は「エネルギー問題や消費増税への対応など業界にとって厳しい環境にはあるが、会員企業相互の連携や更なる情報発信を通してJIMGAが真に必要とされる団体、信頼される団体に向けた活動やピーアールを行っていきたい」と挨拶。 【第15543号】...

詳細はこちら

2015/06/23

大日本アガ、大府事業所に第3事務所竣工

大日本アガ(名古屋市港区、鋤柄喜彦社長)は6月15日、取引先関係者を招き、大府事業所の第3事務所の竣工披露を行った。1960(昭和35)年建設の第1事務所が耐震強度不足であるため、非常時の事業継続計画(BCP)の一環で建設した。同時にLPガス充填棟の耐震補強と屋根の葺き替えを行い、第2事務所と技術棟の屋根に太陽光発電パネル計37キロワット時を設置。 【第15543号】...

詳細はこちら

2015/06/23

エア・ウォーター、川崎化成工業のTOB終了

エア・ウォーターは6月19日、有機酸製品など製造・販売の川崎化成工業(川崎市幸区)に対する株式公開買い付け(TOB)が終了したと発表した。約40億円を投じ、持ち株比率は50・10%となった。24日付で連結子会社となる。 【第15543号】...

詳細はこちら

2015/06/22

イチグチ、京都光台事業所が完成

研磨布紙加工メーカーのイチグチ(市口裕一社長)は、かねてより京都府精華町に建設を進めてきた新社屋が完成。5月25日から「イチグチ京都光台事業所」として業務を開始した。同事業所では研究開発および生産を手掛けるとともに、管理部門や営業部門(大阪営業所およびHC事業部)などの本社機能を有する。 【第15542号】...

詳細はこちら

2015/06/22

鈴木商館、ヘリウム・液体窒素の新装置発売

鈴木商館はこのほど、大学や企業などの研究・実験施設向けにヘリウム再凝縮装置と液体窒素循環冷却装置を発売した。連続運転などによる高効率なガスの使用を可能にする。ヘリウム再凝縮装置は、液体ヘリウムを使用する装置やデュワーに設置し、蒸発したヘリウムを密閉ラインで再凝縮することで使用量の大幅な削減を可能にする。 【第15542号】...

詳細はこちら

2015/06/19

全国高圧ガス容器検査協会、通常総会開く

全国高圧ガス容器検査協会(白砂清一会長)は5月28日、東京・港区のメルパルク東京で第4回通常総会を開催。白砂会長は「昨年度も容器検査に関連した事故が発生したが、当協会としては、こうした事故が発生するたびにもっと強く訴えかけていかなければならないと認識している。今年度も容器検査主任者講習会を開催するなど、保安の重要性をピーアールしていきたい」と挨拶。 【第15541号】...

詳細はこちら

2015/06/18

建設業の死亡労働災害、溶接関連は10件

建設業労働災害防止協会の2014年版建設業安全衛生年鑑によると、13年の建設業における死亡労働災害は前年比6・8%減の342人となり、11年と並んで過去最少。溶接に関係するものは10件。6件が「墜落」で溶接においても高い割合を占めており、溶接よりも切断に関する災害が多い傾向にある。 【第15540号】...

詳細はこちら

2015/06/17

TWFに5000人強来場 東日本MAC会主催、成約10億円超す

東日本MAC会主催、マツモト産業関東支店後援による溶接・産業機器展「東京ウェルディングフェスタ2015」(通称=TWF2015)が6月13日、14日の両日、千葉市の幕張メッセ9ホールで盛大に開催された。主催店50社121事業所、出展メーカー162社が参画した同展は、2日間の動員5055人(プレオープン307人含む)、成約100億6952万円とともに目標をクリア。盛況のうちに幕を閉じた。 【第155...

詳細はこちら

2015/06/16

ダイヘン 上海テクニカルセンターを開設

ダイヘンは6月15日、中国・上海に新たに開設したテクニカルセンターに代理店関係者などを招き、オープニング式典を開催した。ダイヘンは2009年、上海にテクニカルセンターを開設していたが、中国国内での人件費の高騰などを背景に需要機運が高まり続ける溶接ロボット市場での獲得シェア拡張を図るために今回、規模を拡充した。 【第15538号】...

詳細はこちら

2015/06/16

大陽日酸、タイのガスメーカー買収

大陽日酸は6月4日、タイに新設した合併会社と共同でタイの産業ガスメーカー、エア・プロダクツ・インダストリー(API社)を買収したと発表した。このほど開催したAPI社の臨時株主総会で大陽日酸による株式買取りに関する議案を決議し、大陽日酸は連結子会社となる合弁会社との合算で株式所有割合を現在の32%から97%まで増加させ、経営権を取得した。 【第15538号】...

詳細はこちら

2015/06/15

進和がイノベーションセンターを開業 NDT装置4台常設

進和(名古屋市守山区)は6月3日、ドイツ・カールツァイス社のX線CT装置など計測・非破壊検査装置4台を常設する「進和ツァイスイノベーションセンター」を本社横の技術共同棟1階に開業した。主に自動車メーカーや部品メーカーを対象に、検査や測定の受託サービスを行うとともに装置の販売も行う。2018年に15億円の売上げを目指す。 【第15537号】...

詳細はこちら

2015/06/12

三菱電機、ファイバー二次元レーザ加工機を発売

三菱電機はこのほど、同社の炭酸ガスレーザ加工機「eXシリーズ」にファイバーレーザ発振器を搭載し、薄板から厚板までの加工時間の短縮・省エネ・操作性向上を実現した4キロワット出力のファイバー二次元レーザ加工機「ML3015eX―F40」を新発売した。 【第15536号】...

詳細はこちら

2015/06/12

4月溶解アセチレン、販売は7ヵ月連続マイナス

日本産業・医療ガス協会は2015年4月の溶解アセチレン生産・販売実績をまとめた。4月の生産実績は前年同月比7・4%減の892トン867キロとなり、4ヵ月連続で減少。販売実績は前年同月比4・4%減の939トン652キロで7ヵ月連続の減少。 【第15536号】...

詳細はこちら

2015/06/12

3月電気溶接機生産、金額は15ヵ月連続増

経済産業省がまとめた2015年3月の電気溶接機生産実績によると、電気溶接機の合計生産台数は9220台(前年同月比4・4%増)、同金額は34億2400万円(同3・9%増)となった。台数は7ヵ月連続、金額は16ヵ月連続の増加。 【第15536号】...

詳細はこちら

2015/06/11

水素海上輸送などに助成金 大規模水素エネ利用システム

新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)は6月9日、海外の未利用エネルギーを利用して水素を製造・貯蔵・輸送し、日本国内で利用する大規模な水素エネルギー利用システムの技術開発プロジェクトを開始すると発表した。クリーンな水素エネルギーの利用を大幅に拡大し、本格的な水素社会の実現を図るため、海外でも例のない世界に先駆けた技術開発となる。 【第15535号】...

詳細はこちら

2015/06/11

東芝、探傷システムを開発 「溶接部探傷ロボット」も

東芝は6月8日、音響技術を用いたコンクリート構造物の検査装置「コンクリート音響探傷システム」を開発したと発表した。2015年度中の実用化を目指す。老朽インフラの検査機器事業については「3D画像再構成・変化検出システム」や「溶接部探傷ロボット」などの開発も進め、独自の検査・モニタリング技術で高度なインフラ維持・管理を実現する。 【第15535号】...

詳細はこちら

2015/06/10

3月酸素、販売は6ヵ月連続減少

日本産業・医療ガス協会は3月の地区別酸素生産・販売実績をまとめた。生産は全国合計1億2165万9000立方メートル(前年同月比1・2%減)、販売が1億4144万1000立方メートル(同4・7%減)。生産は2ヵ月ぶりの減少、販売は6ヵ月連続の減少。 【第15534号】...

詳細はこちら

2015/06/10

3月窒素、販売は6ヵ月連続マイナス

日本産業・医療ガス協会は3月の地区別窒素生産・販売実績をまとめた。生産は全国合計で3億509万1000立方メートル(前年同月比1・0%増)、販売が3億6663万4000立方メートル(同5・0%減)。生産は2ヵ月ぶりに増加、販売は6ヵ月連続で減少。 【第15534号】...

詳細はこちら

2015/06/10

3月アルゴン、販売は5ヵ月連続減

日本産業・医療ガス協会は3月の地区別アルゴン生産・販売実績をまとめた。生産は全国合計で1782万7000立方メートル(前年同月比1・4%増)、販売が1651万9000立方メートル(同3・9%減)となった。生産は2ヵ月ぶりの増加、販売は5ヵ月連続で減少。 【第15534号】...

詳細はこちら

2015/06/09

全溶連大会、新潟で盛大に開催

全国高圧ガス溶材組合連合会(深尾定男会長)は6月4日、新潟市のホテルオークラ新潟で第72回全溶連大会2015甲信越・新潟を開催した。18年ぶりの新潟開催となった同大会には、会員、賛助会員、来賓ら約300人が参集。全溶連の基本理念である「連帯と協調」を確認し合うとともに、業界のさらなる発展を誓い合った。定時総会では深尾会長の4選を承認。 【第15533号】...

詳細はこちら

2015/06/08

京都府高圧ガス溶材組合、新理事長に中森信輔氏

京都府高圧ガス溶材組合は5月28日、京都市上京区のルビノ京都堀川で第34回通常総会を開催し、役員改選で中森信輔氏(泉産業)が新理事長に就任した。中森氏は「歴代の理事長に続いて京都府の高圧ガス保安に傾注し、時代に合った活動を推進していく。理事の組合ではなく。組合員の皆さんの組合として取り組むので協力を願う」と挨拶。 【第15532号】...

詳細はこちら

2015/06/05

3月溶解アセチレン、販売は6ヵ月連続マイナス

日本産業・医療ガス協会は2015年3月の溶解アセチレン生産・販売実績をまとめた。生産は前年同月比2・6%減の966トン520キロとなり、3ヵ月連続で減少。販売は同8・3%減の994トン432キロで6ヵ月連続のマイナス。 【第15531号】...

詳細はこちら

2015/06/05

4月溶接材料輸入、4ヵ月ぶりに増加

財務省の貿易統計によると、2015年4月の溶接材料(ソリッドワイヤ、FCW、被覆アーク溶接棒、非合金鋼溶接ワイヤ)輸入量は、前年同月比16・0%増の5845トンで推移し、4ヵ月ぶりに増加。ソリッドワイヤは前年同月比8・4%増の3286トンで2ヵ月ぶりに増加。FCWは前年同月比25・7%増の2218トンと4ヵ月ぶりに増加した。 【第15531号】...

詳細はこちら

2015/06/05

エアー・ウォーター前期、産業ガス事業は増収減益

エア・ウォーターの平成27年3月期連結決算は売上高6605億4100万円(前期比3%増)、営業利益361億2600万円(同3%増)、経常利益381億5900万円(5・2%増)、当期利益207億200万円(同7・7%増)の増収増益。産業ガス事業は売上高2031億2800万円(前期比7・4%増)、経常利益127億200万円(同2・8%減)の増収減益となった。 【第15531号】...

詳細はこちら

2015/06/05

大陽日酸G&W、静岡酸素を子会社化

大陽日酸ガス&ウェルディングは6月2日、静岡酸素(静岡市)を子会社化したと発表した。大陽日酸保有の静岡酸素株を大陽日酸G&Wが株式交換を通じて購入した。静岡酸素社長には、大陽日酸G&W専務関東支社長の中村正二氏が兼務で就任。また、大陽日酸G&Wは4月に福西産業(大阪市此花区)の営業権を継承したこともあわせて発表。 【第15531号】...

詳細はこちら

2015/06/04

小池酸素工業前期、増収増益を達成

小池酸素工業の平成27年3月期連結決算は売上高459億4800万円(前期比10・2%増)、営業利益15億2500万円(同134・8%増)、経常利益16億2300万円(同99・7%増)、純利益9億1100万円(前期は2億2100万円の損失)。機械装置部門は造船やシャーリング向けの設備更新需要や補助金活用による大型切断機の受注が増加し、前期比17・9%増の206億5900万円。 【第15530号】...

詳細はこちら

2015/06/04

デンヨー前期、売上高4・9%増の522億円

デンヨーの平成27年3月期連結決算は売上高522億6700万円(前期比4・9%増)、営業利益53億4800万円(同1・1%減)、経常利益57億5700万円(同0・6%増)、純利益38億5700万円(同3・5%増)となり増収増益を達成。溶接機関連は国内では環境対応の小型溶接機の出荷が増加し、米国、アジア市場でも堅調に推移したことから売上高は同5・5%増の55億5600万円。 【第15530号】...

詳細はこちら

2015/06/03

安川電機、ロボット村をオープン

安川電機が創立100年を記念して本社構内に整備を進めてきたロボット村が竣工し、6月1日、その全容を公開した。顧客ら約200人を招いてオープニングセレモニーも開催され、同社の創立100周年を祝うとともに、見学会やアトラクション等を通じてロボット村、および同社のロボット事業への理解を深めた。 【第15529号】...

詳細はこちら

2015/06/03

鈴木商館、110周年記念セール決起大会開く

鈴木商館は5月26日、東京・港区の八芳園で創業110周年記念グランドスターセール決起大会を開催。参加販売店、協賛メーカーなど約150人が参集、目標達成に向けて気勢をあげた。鈴木慶彦社長は「セール期間中には展示会なども予定し、参加者全員に驚きと感動を与えるような企画を打ち出していきたい」と挨拶。 【第15529号】...

詳細はこちら

2015/06/02

山内会長が再任、東高連・通常総会

東海高圧ガス溶材組合連合会(山内二郎会長)は5月27日、名古屋市中村区の名古屋マリオットアソシアホテルで第49回通常総会を開催した。創立50周年を迎える2016年度は記念式典開催と記念誌発行を計画。再任が決まった山内会長は「来年の記念式典には多くの関係各位に参集してほしい」と挨拶。 【第15528号】...

詳細はこちら

2015/06/02

日本鉄筋継手協会、法人設立50周年式典開く

日本鉄筋継手協会(和泉信之会長)は5月27日、東京・千代田区のルポール麹町に約200人を集め、法人設立50周年記念式典・祝賀会を開催した。和泉会長は「改めて原点に立ち返る気持ちで国土強靱化のために貢献できる品質の確保と社会からより高い信頼を得るためにがんばっていきたい」と挨拶。 【第15528号】...

詳細はこちら

2015/06/01

4月溶接材料、出荷は2ヵ月連続減

日本溶接材料工業会がまとめた2015年4月の溶接材料生産・出荷・輸出実績によると、生産高は前年同月比3・3%減の2万1254トンと3ヵ月連続で減少した。出荷高は同8・1%減の2万1571トンで推移し2ヵ月連続で減少した。輸出高は同29・5%減の2446トンと2ヵ月連続で減少。 【第15527号】...

詳細はこちら

2015/06/01

大場会長「社会保障制度の構築が急務」 全圧連が通常総会

全国圧接業協同組合連合会(大場毅夫会長)は5月26日、東京・台東区のベルモントホテルで第38回通常総会を開催した。大場会長は「より良い継手技術を提供して、ユーザーからの信頼の獲得と社会的地位の向上を目指して今年度も尽力していきたい。また、若者の業界離れが加速するなか、安心して働けるための社会保障制度の構築にも全力で取り組んでいきたい」と挨拶。 【第15527号】...

詳細はこちら

2015/05/29

大丸エナウィン前期、売上高は微減の176億円

大丸エナウィンの平成27年3月期連結決算は、売上高176億1700万円(前期比0・4%減)、営業利益8億6800万円(同1・9%減)、経常利益9億1600万円(同2・3%減)、当期利益5億2300万円(同0・4%増)の減収減益。医療・産業ガス事業の売上高は30億9700万円(前期比60・7%増)と大幅増収。 【第15526号】...

詳細はこちら

2015/05/28

4月世界鉄鋼生産、粗鋼・銑鉄は2ヵ月連続マイナス

世界鉄鋼協会は5月26日、2015年4月分の世界粗鋼生産と銑鉄生産(速報値)を発表。主要65ヵ国・地域の粗鋼生産量は前年同月比1・7%減の1億3540万7000トンで2ヵ月連続の減少。主要38ヵ国・地域の銑鉄生産量も同1・8%減の9719万6000トンとなり2ヵ月連続で減少。 【第15525号】...

詳細はこちら

2015/05/28

東機工、新理事長に小川修一氏就任

東京都機械工具商業協同組合(東機工)は5月26日、東京・港区の機械工具会館で第69回通常総会を開き、新理事長に小川修一氏(オーマット社長)の就任を決めた。小川新理事長は「私のミッションは次世代への継承。来年は全国大会が東京で開催されるので、大成功に導くべく、組合員各位の絶大なるご協力をお願いしたい」と挨拶。 【第15525号】...

詳細はこちら

2015/05/28

日本鉄筋継手協会、新会長に和泉千葉大教授

日本鉄筋継手協会は5月27日、東京・千代田区のルポール麹町で第53回定時総会と2015年調査研究発表会を開催。新会長に選出された和泉信之千葉大学大学院教授は「今年1月に法人設立50周年を迎え、今後の50年、100年先を見据えた鉄筋継手技術者の技術の向上と品質確保に向けた取り組みを進めていきたい」と挨拶。 【第15525号】...

詳細はこちら

2015/05/27

IHI愛知工場、SPBタンク製造ラインが本格稼働

IHIは5月20日、愛知工場に新設したアルミ製IHI―SPBタンク(SPBタンク)製造ラインの本格稼働を開始したと発表した。同ラインはSPBタンク専用の最新鋭自動化設備で、アルミ溶接作業の内約8割の自動化を達成している。これにより22年前の初号基製作時と比較して格段に製作能力を向上させることに成功。 【第15524号】...

詳細はこちら

2015/05/27

パナソニック、中部FAセンターでLAPRISS工法展

パナソニック溶接システムは5月19日から21日の3日間、愛知県長久手市の同社中部FAテクニカルセンターで中部地区の「LAPRISS工法展」を開き、85社が来場。実演ブース前は常に人だかりができる盛況で、来場した溶材商社の担当者は「薄板加工の製造現場の関心が高い。当社も注視していく」と話した。 【第15524号】...

詳細はこちら

2015/05/27

大合・大洋溶接祭開く、2日間で1400人来場

大合商会(伊藤誠社長)とグループの大洋化学工業、東海酸器商事は5月22・23日の両日、岐阜市の岐阜産業会館で「大合・大洋溶接祭」を開催した。3回目となる同展示会には昨年よりも多い100社のメーカーが出展し、614社1397人が来場。セール期間の3ヵ月間で約3億5000万円を売り上げた。 【第15524号】...

詳細はこちら

2015/05/27

4月鉄鋼生産、粗鋼は8ヵ月連続減

日本鉄鋼連盟は5月22日、2015年4月の鉄鋼生産概況をまとめた。粗鋼生産量は前年同月比6・1%減の840万2000トンで8ヵ月連続の減少。前月比では9・5%減。2ヵ月ぶりに900万トンを割り込んだ。 【第15524号】...

詳細はこちら

2015/05/26

神戸製鋼、コベルコ建機とコベルコクレーンを経営統合

神戸製鋼所は5月15日、子会社のコベルコ建機とコベルコクレーンが2016年4月1日の経営統合をめどに検討を開始すると発表した。両社の売上高の14年度実績(連結)は、コベルコ建機が約3110億円、コベルコクレーンが約711億円。 【第15523号】...

詳細はこちら

2015/05/26

津田会長「生産額7000億円に期待」、日本ロボット工業会総会

日本ロボット工業会(津田純嗣会長)は5月20日、東京・港区の東京プリンスホテルで2015年度総会を開催。津田会長は「産業用ロボット市場は、生産額が前年比20・6%増の5940億円、出荷数が国内が過去最高の13・7万台、海外15万台となった。今年度も引き続き堅調に推移しているため、生産額は7000億円に達すると期待している」と市場拡大に期待。 【第15523号】...

詳細はこちら

2015/05/25

輿石氏が会長就任、日本溶接材料工業会定時総会

日本溶接材料工業会は5月22日、東京・千代田区の東海大学校友会館で開催した第43期定時総会の席上、輿石房樹氏(神戸製鋼所溶接事業部門)の会長就任を承認した。輿石新会長は「共通の課題をクリアしながら各社の力を高めていくことが大切な取り組み。工業会の事業に対して積極的な参画を願う」と所信を語った。 【第15522号】...

詳細はこちら

2015/05/25

深尾会長が再任、都高圧ガス保安協会通常総会

東京都高圧ガス保安協会は5月20日、東京・港区のアジュール竹芝で第51回通常総会を開催。再任が決まった深尾定男会長は「高圧ガスによる事故はここ数年、減少傾向にあるとはいえ、まだまだ予断を許さない状況にあり、今年度も保安確保に向けて会員企業が一体となって取り組んでいかなければならない」と挨拶。 【第15522号】...

詳細はこちら

2015/05/25

神戸製鋼、全国神溶会を開催

神戸製鋼所溶接事業部門は5月12日、神戸市中央区の神戸ポートピアホテルに全国の地区指定商社や商社など約100人を集め2015年度神溶会全国総会を開催した。溶接事業部門長に就任した輿石房樹常務執行役員は「内外で引き続きものづくり力の強化に努める」と挨拶。 【第15522号】...

詳細はこちら

2015/05/22

過去最高の好決算達成、山善が親交会開く

山善(中田繞社長)は5月12日、大阪市北区の帝国ホテルで「2015山善親交会」を開催。同社の主要仕入れ先など約320社・400人が出席した。平成27年3月期は過去最高となる売上げ4358億円、経常利益133億円と増収増益を達成。 【第15521号】...

詳細はこちら

2015/05/22

2月電気溶接機生産、金額15ヵ月連続プラス

経済産業省は2015年2月の電気溶接機生産実績をまとめた。電気溶接機の合計生産台数は9356台(前年同月比21・6%増)、同金額は36億3900万円(同29・1%増)。台数は6ヵ月連続、金額は15ヵ月連続のプラス。 【第15521号】...

詳細はこちら

2015/05/22

キトー前期、売上高19%増も経常益16%減

キトーの平成27年3月期連結決算は、売上高499億6800万円(前期比19・4%増)、営業利益33億9500万円(同15・2%減)、経常利益34億2300万円(同16・4%減)、当期純利益20億2600万円(同14・2%減)の増収減益。 【第15521号】...

詳細はこちら

2015/05/21

鈴木理事長が再任、都高圧ガス溶材協組・通常総会

東京都高圧ガス溶材協同組合は5月15日、東京・港区のアジュール竹芝で第62回通常総会を開催した。役員改選では鈴木慶彦理事長の再任を決定。鈴木理事長は「今年度も保安を第一に組合員各位と連携し、協力しながら活動していきたい」と挨拶。 【第15520号】...

詳細はこちら

2015/05/21

新会長に川西氏、日鍛工が定時総会開く

日本鍛圧機械工業会は5月15日、東京・港区の芝パークホテルで第67回定時総会を開き、新代表理事会長に川西宣明氏(コマツ産機社長)を選出した。川西会長は「国内の景気は円安の追い風もあり回復基調にあるが、今後の見通しはグローバルに仕事が拡大している中で不透明な部分もある。会員各社はいかに時代の流れに素早く対応するかが大きな課題」と指摘。 【第15520号】...

詳細はこちら

2015/05/21

アマダHD前期、売上高11%増の2865億円

アマダホールディングスの平成27年3月期連結決算は、売上高2865億2700万円(前年比11・7%増)、営業利益276億9400万円(同70・7%増)、経常利益332億7700万円(同60・9%増)、当期純利益184億2300万円(同51・2%増)の大幅増収増益。 【第15520号】...

詳細はこちら

2015/05/20

日住溶工、新製品「SXワイヤ」を発表

日鐵住金溶接工業は5月14日、千葉県南房総市の南房総富浦ロイヤルホテルで開いた2015年度東京溶朋会総会の席上、営業概況報告に続き、鉄骨向けに開発した新製品のシームレスフラックス入りワイヤ「SXワイヤ」を発表。SXワイヤは、建築鉄骨分野の人手不足、高能率化など課題解消のため開発した新しいタイプの溶接材料。今夏以降の本格販売を予定する。 【第15519号】...

詳細はこちら

2015/05/20

東邦アセチレン社長に山本氏

東邦アセチレンは6月29日付で東ソー取締役の山本泰夫氏が社長に就任すると発表した。藤井恒嗣社長は相談役に就く。 【第15519号】...

詳細はこちら

2015/05/20

高圧ガス工業前期、微増収も営業益12%減

高圧ガス工業の平成27年3月期連結決算は、売上高779億9800万円(前期比0・4%増)、営業利益41億0600万円(同12・2%減)、経常利益47億6200万円(同8・3%減)、当期純利益28億1000万円(同5・5%減)の微増収減益。 【第15519号】...

詳細はこちら

2015/05/19

日鐵住金溶接工業、東京溶朋会総会開く

日鐵住金溶接工業(木村寛社長)は5月14日、千葉県南房総市の南房総富浦ロイヤルホテルで2015年度東京溶朋会総会を開催した。木村社長は15年度から始動した中期経営計画について「今後3年で成果を上げ、信頼いただけるメーカーとしてより一層、活動の充実を図る」と述べ、溶朋会各位との連携強化をさらに推進する方針を表明。 【第15518号】...

詳細はこちら

2015/05/19

パナソニック、東部レーザ工法展に100人来場

パナソニック溶接システムは5月12日から14日までの3日間、さいたま市の東部FAテクニカルセンターで高出力ダイレクトダイオードレーザ搭載リモートレーザ溶接システム「LAPRISS」によるレーザ工法展を開催した。昨年の国際ウエルディングショー以来、東日本での公開ということもあり、会場にはLAPRISSをひと目みようと約100人に及ぶユーザーや販売店が来場。 【第15518号】...

詳細はこちら

2015/05/19

安川電機、中部支店・中部ロボットセンタ開所式

安川電機は5月15日、愛知県みよし市に新設した同社中部支店・中部ロボットセンタ(敷地面積5319平方メートル)の開所式を行った。システムインテグレータや代理店などの来賓をはじめ関係者約70人が出席するなか、中部地域のロボット事業における新たなスタートを祝した。同ロボットセンタの設立は本社(北九州)、関東に次いで国内で3ヵ所目、全世界で32ヵ所目の拠点となる。 【第15518号】...

詳細はこちら

2015/05/18

興研12月期第1四半期、売上高前年同期並み

興研の平成27年12月期第1四半期連結決算は、売上高20億4600万円(前年同期に比べ14万4000円の減少)、営業利益1億8100万円(前年同期比13・7%減)、経常利益1億6700万円(同16・0%減)、当期利益7700万円(同33・6%減)の減収減益。マスク関連事業は売上高17億5400万円(前年同期比0・9%減)。 【第15517号】...

詳細はこちら

2015/05/18

重松製作所前期、原発向け受注堅調で増収増益

重松製作所の平成27年3月期単独決算は、売上高100億3400万円(前期比10・0%増)、営業利益3億9100万円(同95・0%増)、経常利益3億4800万円(同89・6%増)、当期利益2億2600万円(同182・2%増)の増収増益。原子力発電所向けの受注が一定水準以上を維持し、主要顧客である製造業の業績が改善したことから、呼吸用保護具全般の受注が堅調に推移。 【第15517号】...

詳細はこちら

2015/05/18

JIMGA関東地域本部が15年度総会開く

日本産業・医療ガス協会(JIMGA)関東地域本部は5月15日、東京・港区のホテルJALシティ田町で2015年度定時総会を開催した。石川博司関東地域本部代表地域本部長は「今年度もJIMGAの中核を担う組織として積極的に事故撲滅を推進。産業ガス部門では自主保安の確立とRFタグの促進、医療ガス部門ではMGRの地位向上に努めていきたい」と挨拶。 【第15517号】...

詳細はこちら

2015/05/15

2月酸素、生産は2ヵ月ぶりに増加

日本産業・医療ガス協会は2月の地区別酸素生産・販売実績をまとめた。それによると生産が全国合計で1億1705万8000立方メートル(前年同月比3・5%増)、販売が1億3862万4000立方メートル(同7・7%減)となった。生産は2ヵ月ぶりに増加、販売は5ヵ月連続で減少。 【第15516号】...

詳細はこちら

2015/05/15

2月窒素、販売は5ヵ月連続マイナス

日本産業・医療ガス協会は2月の地区別窒素生産・販売実績をまとめた。それによると生産が全国合計で2億7476万6000立方メートル(前年同月比0・6%減)、販売が3億4129万立方メートル(同4・1%減)となった。生産は7ヵ月ぶりに減少、販売は5ヵ月連続で減少。 【第15516号】...

詳細はこちら

2015/05/15

2月アルゴン、生産は15ヵ月ぶりの減少

日本産業・医療ガス協会は、2月の地区別アルゴン生産・販売実績をまとめた。それによると生産が全国合計で1605万3000立方メートル(前年同月比2・6%減)、販売が1570万4000立方メートル(同2・3%減)となった。生産は15ヵ月ぶりの減少、販売は4ヵ月連続の減少。 【第15516号】...

詳細はこちら

2015/05/15

ダイヘン前期、大幅増収増益を達成

ダイヘンの平成27年3月期連結決算は、売上高1220億6000万円(前期比11・8%増)、営業利益84億1500万円(同32・7%増)、経常利益89億8900万円(同34・7%増)、当期純利益58億0800万円(同77・3%増)の大幅増収増益。溶接メカトロ事業は売上高454億7500万円(同19・4%増)、営業利益54億0500万円(同26・5%増)。 【第15516号】...

詳細はこちら

2015/05/14

日東工器前期、売上高5%増の287億円

日東工器の平成27年3月期連結決算は、売上高287億1500万円(前期比5・8%増)、営業利益49億0200万円(同18・2%増)、経常利益50億9100万円(同20・5%増)、当期純利益30億8800万円(同30・2%増)の増収増益。 【第15515号】...

詳細はこちら

2015/05/14

14年度溶接材料輸入実績、6万トン超も2年ぶり減少

財務省貿易統計によると、2014年度の溶接材料(ソリッドワイヤ、FCW、被覆アーク溶接棒、非合金鋼溶接ワイヤ)輸入量は、前年度比0・05%減の6万6310?と2年ぶりに減少した。ソリッドワイヤは前年度比3・4%減の3万8775トン、FCWは前年度比9・0%増の2万4419トンで推移。 【第15515号】...

詳細はこちら

2015/05/13

3月溶接材料輸入、3ヵ月連続マイナス

財務省の貿易統計によると、2015年3月の溶接材料(ソリッドワイヤ、FCW、被覆アーク溶接棒、非合金鋼溶接ワイヤ)輸入量は、前年同月比13・1%減の5914トンで推移し、3ヵ月連続で減少した。 【第15514号】...

詳細はこちら

2015/05/13

大同特殊鋼前期、売上高5%増の4836億円

大同特殊鋼の平成27年3月期連結決算は、売上高4836億3300万円(前期比5・7%増)、営業利益204億0800万円(同7・5%増)、経常利益217億2900万円(同7・1%増)、当期純利益108億8600万円(同13・7%減)。機能材料・磁性材料セグメントの売上高は前期比12・7%増の1617億5800万円、営業利益は同21・7%増の135億1700万円。 【第15514号】...

詳細はこちら

2015/05/13

神鋼商事前期、溶材セグメントは経常益倍増

神鋼商事の平成27年3月期連結決算は、売上高8704億0700万円(前期比3・5%増)、営業利益67億8800万円(同18・3%増)、経常利益65億7500万円(同23・6%増)、当期純利益39億7400万円(同25・8%増)。溶材セグメントは売上高401億7200万円(前期比8・8%増)、経常利益4億7800万円(同105・4%増)。 【第15514号】...

詳細はこちら

2015/05/13

3Mジャパン、6月1日付でグループ再編

スリーエムジャパンは6月1日付でグループ組織を再編し、経営一体化を図る。スリーエムジャパンを存続会社としてグループ会社のスリーエムヘルスケアと事業統合する。ヘルスケア事業には社内カンパニー制度を導入し、ヘルスケアカンパニーを発足する。 【第15514号】...

詳細はこちら

2015/05/12

川崎重工前期、経常益39%増の842億円

川崎重工業の平成27年3月期連結決算は売上高1兆4861億2300万円(前期比7・2%増)、営業利益872億5900万円(同20・6%増)、経常利益842億8800万円(同39・0%増)、当期利益516億3900万円(同33・7%増)の増収大幅増益。 【第15513号】...

詳細はこちら

2015/05/12

岩谷産業前期、産業ガス・機械は2桁増益

岩谷産業の平成27年3月期連結決算は売上高6919億0200万円(前期比1・7%減)、営業利益111億7400万円(同39・7%減)、経常利益127億6100万円(同33・7%減)、当期純利益61億9900万円(同40・8%減)。産業ガス・機械事業分野の売上高は1622億7500万円(前期比5・8%増)、営業利益は63億2400万円(同30・4%増)。 【第15513号】...

詳細はこちら

2015/05/12

14年度建機出荷額、2年連続で増加

日本建設機械工業会がまとめた2014年度の建設機械出荷額は、前年度に比べ4・5%増の2兆4396億円と2年連続で増加した。08年の金融危機以降、最高となった。国内は排ガス規制強化に伴う駆け込み需要のあった前年度の反動で減少。輸出は欧米向けの出荷が堅調に推移した。内需は1・5%減の9939億円と5年ぶりの減少。外需は9・0%増の1兆4457億円と3年ぶりに増加。 【第15513号】...

詳細はこちら

2015/05/11

14年度鉄骨需要、7%減の500万トン

産報出版がまとめた2014年4月―15年3月(年度ベース)の鉄骨推定需要量は、前年度比7・4%減の500万6350トンと5年ぶりに減少した。鉄骨(S)造は同7・2%減の485万5400トン、鉄骨鉄筋(SRC)造は同12・9%減の15万950トンで推移。 【第15512号】...

詳細はこちら

2015/05/11

14年度溶接材料、出荷は2年連続増加

日本溶接材料工業会がまとめた2014年4月―15年3月(年度ベース)の溶接材料の生産量は、前年度に比べ7・0%増の26万6279トンと4年ぶりに増加。出荷量は同5・1%増の26万6614トンと2年連続で増加した。輸出は同5・4%増の3万9376?で推移した。財務省の貿易統計から産報出版がまとめた14年度の溶接材料輸入量は前年度に比べ0・05%減の6万6310トン。 【第15512号】...

詳細はこちら

2015/05/11

大陽日酸前期、経常益は12%増

大陽日酸の平成27年3月期連結決算は売上高5593億7300万円(前期比7・0%増)、営業利益352億9700万円(同12・1%増)、経常利益342億8200万円(同12・2%増)、当期純利益207億6400万円(同2・8%増)の増収増益。 【第15512号】...

詳細はこちら

2015/05/08

神戸製鋼、15年度溶接事業は増収減益見込む

神戸製鋼所は4月28日、溶接事業部門の2015年度売上高・経常利益見通しと、14年度溶接材料の販売実績を発表した。15年度の売上高は前年度比3・8%増の980億円、経常利益は同11・8%減の90億円を見込む。14年度に引き続き、東南アジアの景気減速や、原油価格の下落影響にともなうエネルギー関連需要の停滞を想定する。 【第15511号】...

詳細はこちら

2015/05/08

神戸製鋼所前期、溶接事業部門の経常益は41%増

神戸製鋼所の平成27年3月期連結決算は、売上高1兆8868億9400万円(前期比3・4%増)、営業利益1194億6000万円(同4・3%増)、経常利益1016億8800万円(同19・6%増)、当期純利益865億4900万円(同23・3%増)の増収増益。溶接事業部門の売上高は944億円(前期比6・9%増)、経常利益は102億円(同41・7%増)。 【第15511号】...

詳細はこちら

2015/05/08

東京・二子玉川にリアルDIYショップがオープン

大阪の総合金物工具商社、大都)はこのほど、東京・世田谷区の二子玉川ライズ・ショッピングセンター・テラスマーケットに、リアルDIYショップ「DIY FACTORY」の第2号店「DIY FACTORYFUTAKOTAMAGAWA」をオープンした。4月24日から3日間開催されたオープニング・イベントでは、小型溶接機のパイオニア、スター電器製造協力のもと溶接体験教室が開かれ、参加者でにぎわった。 【第15...

詳細はこちら

2015/05/07

3月溶接材料、出荷は2ヵ月ぶりマイナス

日本溶接材料工業会がまとめた2015年3月の溶接材料生産・出荷・輸出実績によると、生産高は前年同月比0・5%減の2万2870トンと2ヵ月連続で減少した。出荷高は同0・7%減の2万1719トンで推移し2ヵ月ぶりに減少した。輸出高は同11・7%減の2618トンと2ヵ月ぶりに減少した。 【第15510号】...

詳細はこちら

2015/05/07

3月鉄骨需要、2ヵ月ぶりに減少

国土交通省が4月末日付で発表した建築着工統計調査報告によると、2015年3月の鉄骨推定需要量(S造+SRC造)は、前年同月比7・8%減の37万3450トンで推移し、2ヵ月ぶりに減少した。14年4月―15年3月(年度ベース)の鉄骨推定需要量は、前年同期比7・4%減の500万6350トン。S造は同7・2%減の485万5400トン、SRC造は同12・9%減の15万950トンで推移した。 【第15510号...

詳細はこちら

2015/05/07

中部高圧ガス充填工業協組が通常総会

中部高圧ガス充填工業協同組合(鋤柄喜彦理事長)は4月27日、名古屋市内で第30回通常総会を開催。鋤柄理事長は「高圧ガスは扱い方を間違えると大きな災害に繋がる可能性がある。事業者各位には今一度、安全に注視して、事業の継承を考えてほしい」と挨拶。 【第15510号】...

詳細はこちら

2015/05/07

都協組東部、市田氏が支部長就任

東京都高圧ガス溶材協同組合東部支部は4月28日、都内で2015年度通常総会を開催。支部長に就任した市田宏志氏(東京イチダ)は「組合員同士の連携や融和を大事にしながら、保安に向けガスメーカーとのコミュニケーションを密にして共存共栄を図る」と挨拶。 【第15510号】...

詳細はこちら

2015/05/01

全溶連、「溶解アセチレン容器取扱説明書」を発行

全国高圧ガス溶材組合連合会はこのほど、「溶解アセチレン容器取扱説明書」を発行。全溶連保安委員会では「高圧ガス保安法に基づく周知義務に加え、アセチレンの危険性を広く消費現場に徹底する活動を展開できる。本書が溶接、溶断作業を行う事業者への安全管理の徹底、ガスの取扱い方法等について周知し、アセチレン等の事故の防止に貢献することを期待したい」とコメント。 【第15509号】...

詳細はこちら

2015/05/01

静岡パナソニックロードがスタート、東海溶材本社会場に350人超来場

静岡県における2015年度のパナソニックロードが4月22日、静岡市の東海溶材本社会場でスタート。東海溶材ならびに駿河熔材が主催した同ロードには、ユーザーら351人が来場。パナソニック溶接システムの誇る最新溶接技術に触れながら、活発な商談が行われた結果、東海溶材の成約は目標対比113%に当たる2040万円を達成する盛況となった。 【第15509号】...

詳細はこちら

2015/04/30

安川電機前期、売上高10%増の4001億円

安川電機の平成27年3月期連結決算は、売上高4001億5300万円(前期比10・1%増)、営業利益315億3200万円(同22・7%増)、経常利益338億8400万円(同25・1%増)、当期利益248億1900万円(同46・3%増)の増収増益となった。ロボットセグメントの売上高は1359億5600万円(前期比10・9%増)、営業利益105億5800万円(同11・0%増) 【第15508号】...

詳細はこちら

2015/04/29

アライドマテリアルなど、FSW接合ツールを開催

住友電工グループのアライドマテリアルは4月17日、日本アイ・ティ・エフ、東北大学大学院工学研究科材料システム工学専攻の佐藤裕准教授、粉川博之教授と共同研究を行い、オーステナイト系ステンレス鋼の摩擦攪拌接合(FSW)を可能にする高寿命なタングステン系接合ツールの開発に成功したと発表した。 【第15507号】...

詳細はこちら

2015/04/29

日酸TANAKA、新製品発表会を開催

日酸TANAKAは4月23日、埼玉県入間郡の本社構内で新製品発表会を開催した。谷野正幸社長は「昨年の国際ウエルディングショーではファイバーレーザ切断機の新製品を出展。本日も当社独自の開発要素を組み入れた新技術、新製品を披露させていただくので、ぜひともご期待いただきたい」と今年度の新製品に懸ける意気込みを述べた。 【第15507号】...

詳細はこちら

2015/04/29

ファナック前期、経常益は78%増

ファナックの平成27年3月期連結決算は、売上高7297億6000万円(前期比61・8%増)、営業利益2978億3900万円(同81・5%増)、経常利益3119億5100万円(同78・9%増)、当期利益2075億9900万円(同87・1%増)の大幅増収増益となった。当期は将来の生産能力の増強に備え、栃木県壬生町に新工場用地を取得したと発表した。 【第15507号】...

詳細はこちら

2015/04/27

全国パナソニック松溶会開く、設立55周年キャンペーン優秀店を表彰

パナソニック溶接システム(高橋学社長)は4月16日、「松溶会設立55周年記念ベストパートナーキャンペーン2014」で好成績を残した参加店107社202人を京都市中京区の京都ホテルオークラに招き「第15回全国パナソニック松溶会」を開催した。参加店の中でも特に優れた実績を納めた上位入賞の代理店10社(A/Bグループ)、地区代理店5社、松溶会特約店5社に感謝状を贈呈。 【第15506号】...

詳細はこちら

2015/04/27

岩谷産業がミャンマー進出、工業ガス事業を展開

岩谷産業がミャンマーに進出する。2006年まで首都だったヤンゴン市から23キロ離れたティラワ工業団地で、空気分離装置(ASU)を設置して一般高圧ガスの販売を行うとともに、民生用LPガス販売も行う。すでに2万5000平方メートルの敷地を確保しており、今年8月に現地法人を立ち上げた後、18年3月の操業開始を目指す。 【第15506号】...

詳細はこちら

2015/04/27

3月世界鉄鋼生産、粗鋼は2ヵ月ぶり減

世界鉄鋼協会は4月22日、2015年3月分の世界粗鋼生産と銑鉄生産(速報値)をまとめた。主要65ヵ国・地域の粗鋼生産量は前年同月比2・7%減の1億3804万5000トンで2ヵ月ぶりに減少した。主要38ヵ国・地域の銑鉄生産量は同2・0%減の9970万6000トンで2ヵ月ぶりの減少。 【第15506号】...

詳細はこちら

2015/04/27

三菱日立パワーシステムズなど3社、集じん装置の新会社

三菱日立パワーシステムズ(MHPS)と三菱重工メカトロシステムズ(MHI―MS)、日立プラントコンストラクション(HPC)の3社は4月23日、MHI―MSとHPCが手がける集じん装置事業を統合し、MHPSグループとして集じん装置の新会社を設立すると発表した。MHPSグループが展開する多様な大気環境対策システム(AQCS)事業に集じん装置を加え、10月1日の新会社発足を目指す。 【第15506号】...

詳細はこちら

2015/04/24

東芝、メキシコ複合火力の蒸気タービン・発電機受注

東芝はメキシコ最大級のノルテ3複合火力発電所向けに、蒸気タービンおよび発電機2基を受注した。同発電所は、スペインの大手エンジニアリング会社であるアベンゴア社が設立する独立系発電事業者がメキシコ・チワワ州に建設するもので、2017年8月の運転開始を計画。EPC契約者であるアベンゴア社の子会社から受注し、16年8月から順次納入。 【第15505号】...

詳細はこちら

2015/04/24

三菱重工・MHPS、横浜・金沢地区の事業を内外拠点に移管

三菱重工業と三菱日立パワーシステムズ(MHPS)は4月23日、三菱重工の横浜製作所金沢工場およびMHPSの横浜工場(金沢地区)で手掛ける事業を、国内外の事業拠点に移管する方針を決定した。製品ごとに製造拠点の集約・最適化を図ることにより、技術やコスト、効率などの面で国際競争力をさらに強化していくのが狙い。2015年度末の移管完了を予定。 【第15505号】...

詳細はこちら

2015/04/24

14年度鉄鋼生産、粗鋼は3年ぶり減少

日本鉄鋼連盟は4月20日、2014年度(14年4月―15年3月)の鉄鋼生産概況をまとめた。粗鋼生産は前年度比1・5%減の1億984万8000トンと3年ぶりに減少したものの、5年連続で1億トンの大台を維持した。銑鉄生産は同0・1%増の8389万8000トンで3年連続増。熱間圧延鋼材は前年度比0・8%減の9701万6000トンとなり、3年ぶりに減少。 【第15505号】...

詳細はこちら

2015/04/23

3月鉄鋼生産、粗鋼は7ヵ月連続減

日本鉄鋼連盟は4月20日、2015年3月の鉄鋼生産概況をまとめた。粗鋼生産量は前年同月比4・5%減の928万6000トンで7ヵ月連続の減少となった。前月比では10・0%増。2ヵ月ぶりに900万?の大台に乗った。銑鉄生産量は前年同月比1・1%増の714万5000?と2ヵ月連続で増加。熱間圧延鋼材は同2・8%減の839万7000トンで5ヵ月連続減。 【第15504号】...

詳細はこちら

2015/04/22

関東・北関東NT会、15年度総会開く

日酸TANAKAの関東地区販売店で組織する関東NT会と北関東地区販売店で組織する北関東NT会は4月17日、東京・千代田区のホテルメトロポリタンエドモントで2015年度総会を開催した。日酸TANAKAの谷野正幸社長は15年3月期決算について「増収増益になる見通し」と報告。今期については「開発要素を盛り込んだFAの新製品も市場投入する予定」と挨拶。 【第15503号】...

詳細はこちら

2015/04/22

研削砥石工業会が第127回定時総会

研削砥石工業会(会長=佐分孝一ノリタケカンパニーリミテド副社長)は4月16日、東京・港区の芝パークホテルで第127回定時総会を開催した。再任が決まった佐分会長は「昨年度は円安の影響もあり、輸出関連企業は活況を呈した。主要顧客の工作機械業界も政府の財政支援によってプラスが続く」としたうえで「今後も研削砥石需要業界の緩やかな回復に期待したい」と挨拶。 【第15503号】...

詳細はこちら

2015/04/22

小池酸素工業、プライベートフェア開く

小池酸素工業は4月15―18日の4日間、千葉市緑区のKOIKEテクノセンターで恒例の技術展示会「2015年KOIKEプライベートフェア」を開催。造船や板金・金属加工業者など4日間で258社456人の来場者で賑わった。今回のテーマは「最新のファイバーレーザ切断機とKOIKEの総合技術のご提案」 【第15503号】...

詳細はこちら

2015/04/22

常磐共同ガスといわきガスが経営統合 サイサンと石油資源開発の事業提携で

サイサンと石油資源開発はこのほど、事業提携に係る基本合意書を締結。これにともないガスワングループの常磐共同ガス(福島県いわき市、猪狩謙二社長)と、石油資源開発100%子会社のいわきガス(福島県いわき市、田中智樹社長)が経営統合した。存続会社は常磐共同ガスでサイサンが過半数の株式を保有し、筆頭株主となる。 【第15503号】...

詳細はこちら

2015/04/21

東北電、石巻市で太陽光発電所の新設工事を着工

東北電力は4月20日、宮城県石巻市新蛇田地区に設置する出力300キロワットの石巻蛇田太陽光発電所の新設工事を着工した。石巻市および東芝と共同申請し採択された、2011年度経済産業省補助事業「石巻スマートコミュニティ導入促進事業」の一環として、蓄電池(容量120キロワット時)とともにモデル地区に新設する。 【第15502号】...

詳細はこちら

2015/04/21

東芝、自立型エネルギー供給システムが運転開始

東芝は4月30日、再生可能エネルギーと水素を用いた自立型エネルギー供給システム「エイチツーワン」の実証運転を開始した。同社と川崎市が同市臨海部の公共施設「川崎市港湾振興会館および東扇島中公園」(川崎マリエン)に設置した新システムは、CO2フリーの水素エネルギーで300人に約1週間分の電気と温水を供給できる。 【第15502号】...

詳細はこちら

2015/04/20

NEDO、波力発電システムを開発

新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)は4月17日、海洋エネルギー技術研究開発プロジェクトの一環で開発した空気タービン式波力発電システムについて、山形県酒田港の護岸で実証試験を開始したと発表した。波力発電システムの実用化につなげるとともに、既存の防波堤や護岸などに取付け可能なシステムとして建造・設置コストの低減化を目指す。 【第15501号】...

詳細はこちら

2015/04/17

日本車両、ファイバーレーザ加工機の販売開始

日本車両製造・レーザ機器部は、ステンシル加工機で培ってきたレーザ微細加工技術を生かし、精密板金加工用のファイバーレーザ加工機「NissyaHCシリーズ」を製品化、このほど販売を開始した。 【第15500号】...

詳細はこちら

2015/04/17

トヨタ、メキシコに新工場建設 中国では生産ラインの新設決定

トヨタ自動車は4月15日、メキシコの新工場建設と、中国の生産ライン新設を決定したと発表した。北米全体の競争力の更なる強化のため、北米生産体制を再編する。その一環として2019年にメキシコで新工場を設立し、カローラを生産する。中国では広汽トヨタ自動車で2017年末までに既存ラインの再構築と新ライン建設を行う。 【第15500号】...

詳細はこちら

2015/04/16

産総研、第4期中長期計画が始動

産業技術総合研究所(中鉢良治理事長)は4月7日、同1日付で移行した第4期中長期計画の概要を明らかにした。「技術の橋渡し」「基礎研究の強化」「人材育成」の3本の柱を軸に改革を進める。 【第15499号】...

詳細はこちら

2015/04/16

リコー、3Dプリンターの新サービス開始

リコーは4月27日から3Dプリンターによる部品や製品の直接製造サービスを開始する。製造現場向けの新たな3Dプリント関連サービス「リコー・アドバンスド・ダイレクト・マニュファクチャリングサービス」の販売開始にあたり、3Dプリンターおよびアディティブ・マニュファクチャリング業界の世界大手、ストラタシス(イスラエル、米国)の国内販売代理店であるアルテックと協業する。 【第15499号】...

詳細はこちら

2015/04/15

ファナック、古河電工が新会社設立 高出力LDMの品質向上

ファナックと古河電気工業は4月14日、産業用光ファイバレーザの基幹部品である高出力レーザ・ダイオード・モジュール(LDM)の開発および製造、販売を行う新会社を設立すると発表した。新会社「FFレーザ」は2015年度上期中を目標に設立する。出資比率はファナック、古河電工各50%。所在地は山梨県忍野村のファナック本社工場敷地内で16年4月の営業開始を予定する。 【第15498号】...

詳細はこちら

2015/04/15

トラスコ中山、「なでしこプロツールカタログ」発刊

トラスコ中山はこのほど、建設業で働く女性向けの商品を掲載する「なでしこプロツールカタログ」を発刊した。女性の働きやすい環境作りをサポートするとともに、需要開拓が進んでいなかった同社の建設ルートでの業容拡大のきっかけとしていく考え。作業用品や安全用品を中心に11カテゴリー・582アイテムを掲載。3万5000部を発刊し、4月13日から販売店を通じて無料配布を開始。 【第15498号】...

詳細はこちら

2015/04/14

四国MAC会、15年度総会開く

マツモト産業の販売店組織・四国MAC会は4月9日、高松市内のJRホテルクレメント高松で「2015年度四国MAC会総会」を開催した。役員改選期にあたる今年、新会長には高知溶材の小澤幸一社長が就任。越智康介氏(東亜商会社長)・中岸敏昭氏(中岸商店)の両副会長とともに会の運営にあたることとなった。 【第15497号】...

詳細はこちら

2015/04/13

国工振、中小企業支援テーマに講演会

国民工業振興会(井上裕之理事長)は3月末日、東京・品川区のニューオータニイン東京で特別講演会「経済産業省による中小企業に対する各種支援策」を開催した。講師を務めた中小企業庁の平井淳生氏は現在公募している「ものづくり・商業・サービス革新事業」について「当該地域で初めての場合、モデル事業となるため審査の対象になり得る」と説明した。 【第15496号】...

詳細はこちら

2015/04/13

都協組南部支部、15年度総会開く

東京都高圧ガス溶材協同組合南部支部は4月9日、東京・大田区のプラザ・アペアで2015年度定時総会を開催した。任期満了に伴う役員改選では、新支部長に笹原俊彦氏(ササハラ)、副支部長には田辺幸則氏(カミマル)と森田義一氏(協和熔材)を選出した。笹原支部長は挨拶で「会員各位とともに結束して南部支部の運営に取り組んでいきたい」と述べた。 【第15496号】...

詳細はこちら

2015/04/10

東日本MAC会、2015年度総会開く

マツモト産業東日本ブロックの販売店で構成する東日本MAC会は4月8日、東京・品川区の品川プリンスホテルで「2015年度総会」を開催した。総会ではマツモト産業から14年度の取り組みや15年度の活動計画が発表されたほか、役員改選では野村俊明会長(野村産業社長)はじめ役員全員の再任を満場一致で承認した。 【第15495号】...

詳細はこちら

2015/04/09

14年度都内企業倒産件数、10%減も円安関連増加

帝国データバンクが発表した2014年度の東京都内企業倒産件数は前年比10・5%減の1767件、負債総額は同25・5%減の6005億8600万円。件数は2年連続で2000件割れ。負債総額は6年連続で前年度を下回った。円安関連の倒産は全国的に増加傾向にあり、都でも前年度30件から3倍増の93件。 【第15494号】...

詳細はこちら

2015/04/08

関西MACメカトロニクスショウ、330人来場

関西MACメカトロニクス会は3月28日、尼崎市の三菱電機西日本ソリューションセンターで「2015年関西MACメカトロニクスショウ」を開催した。ユーザーを中心に約330人が来場。三菱電機のレーザ加工機をはじめ、村田機械やキャドマック、マツモト機械など板金加工に関連する8社が出展し、実演や加工サンプル、パネル展示などを通じ高効率・高品質作業を提案した。 【第15494号】...

詳細はこちら

2015/04/08

東芝、水素エネルギー研究開発センターを開所

東芝は4月6日、府中市の府中事業所内に「水素エネルギー研究開発センター」を開所した。同センターでは、高効率に水と電気から水素を生成する新開発の固体酸化形電解装置を設置し、今後、太陽光発電システムや燃料電池など他の機器と組み合わせ、実用化に向けた検証を行うとともに、顧客ニーズを把握するための同社水素関連技術の展示スペースとしても活用する。 【第15493号】...

詳細はこちら

2015/04/07

ガスワングループ、2015年度入社式

ガスワングループは4月4日、さいたま市大宮区のサイサン本社で2015年度入社式を開催。サイサン37人、東京ガスファーストエナジー6人、いちたかガスワン6人、熱海ガス1人、常磐共同ガス1人と合計51人の新入社員を迎えた。 【第15492号】...

詳細はこちら

2015/04/06

溶解アセチレン販売、5ヵ月連続で減少

日本産業・医療ガス協会が発表した2015年2月の溶解アセチレン生産・販売実績によると、2月の生産実績は前年同月比4・8%減の946トン529キロとなり、2ヵ月連続で減少。販売実績は前年同月比4・4%減の993トン334キロと5ヵ月連続の減少。 【第15491号】...

詳細はこちら

2015/04/06

旭東熔材商会と豊和産業が新会社発足

大阪市内の高圧ガス溶材商社である旭東熔材商会と豊和産業は4月1日、共同出資による新会社「株式会社旭東豊和」を発足した。新会社発足により、これまで両社が行っていた各種高圧ガス、溶接材料、溶接機器、機械工具などの販売を一体化し、ユーザーの要望に対してより迅速かつ的確に応えていく。新会社の代表取締役社長には中西慶孝氏(旭東熔材商会社長)が就任。 【第15491号】...

詳細はこちら

2015/04/03

愛知産業、通販サイトを開設

愛知産業は4月1日、同社が取り扱う産業資材を販売する通販サイト「愛知産業ドットコム」を開設した。日本全国の顧客にいち早く最先端の技術情報と商品を届ける。サイトでの取り扱い製品第一弾は、米マグスイッチテクノロジー製のマグネット工具。同社では順次取り扱い商材を拡充していく。 【第15490号】...

詳細はこちら

2015/04/02

溶接材料輸入、2ヵ月連続で減少

財務省の貿易統計によると、2015年2月の溶接材料(ソリッドワイヤ、FCW、被覆アーク溶接棒、非合金鋼溶接ワイヤ)輸入量は、前年同月比2・9%減の5489トンで推移し、2ヵ月連続の減少となった。品目別にみると、ソリッドワイヤは前年同月比0・4%増の3237トンで6ヵ月ぶりに増加へ転じた。FCWは前年同月比4・8%減の1952トンと2ヵ月連続の減少。 【第15489号】...

詳細はこちら

2015/04/02

総合車両製作所、通勤車両の量産第1号納入

総合車両製作所は3月30日、次世代ステンレス鋼製車両「sustina(サスティナ)シリーズ」の大都市向け通勤車両・量産第1号として、JR東日本・山手線向け新型車両E235系を完成し納入したと発表した。これまでに東京急行電鉄5050系5576号車(レーザ溶接車体などを採用)のほか、サスティナハイブリッドとしてJR東日本烏山線用蓄電池電車EV―E301系などを設計・製作。 【第15489号】...

詳細はこちら

2015/04/01

電気溶接機生産金額、14ヵ月連続で増加

経済産業省はこのほど、2015年1月の電気溶接機生産実績をまとめた。合計生産台数は9305台(前年同月比24・2%増)、同金額は32億7400万円(同28・8%増)となった。台数は5ヵ月連続、金額は14ヵ月連続の増加。 【第15488号】...

詳細はこちら

2015/03/31

日立機材、鉄骨造接合部に新提案

日立機材は、4月1日から鉄骨造柱はり接合部に用いる柱絞り通しダイアフラム工法であるスマートダイア工法をリファインし、「スマートダイア?工法」として新たに発売した。また、鉄骨造の露出型固定柱脚工法である「ハイベースNEO工法」には円形鋼管柱用とH形柱用のラインアップを追加した。 【第15487号】...

詳細はこちら

2015/03/30

溶接材料生産、16ヵ月ぶりに減少

日本溶接材料工業会がまとめた2015年2月の溶接材料生産・出荷・輸出実績によると、生産高は前年同月比1・0%減の2万1710トンと16ヵ月ぶりに前年実績を下回った。出荷高は同2・3%増の2万2068トンで推移し2ヵ月ぶりに増加した。輸出高は同7・4%増の2993トンと3ヵ月ぶりに増加した。 【第15487号】...

詳細はこちら

2015/03/30

日本スウェージロックFST、新機軸のセミナー企画

円周溶接機などを販売する日本スウェージロックFSTは、今期から技術セミナーを開催する。製品販売とともにサービス面も強化し、「トータル・ソリューション・プロバイダー」を目指す。2人に1台の円周溶接機を使ったそれぞれ2日間のスキルアップトレーニングを実施する。 【第15486号】...

詳細はこちら

2015/03/27

酸素販売、4ヵ月連続で減少

日本産業・医療ガス協会がまとめた1月の地区別酸素生産・販売実績によると、生産は全国合計で1億1694万9000立方メートル(前年同月比3・0%減)、販売は1億4416万9000立方メートル(同11・1%減)。生産は3ヵ月ぶりの減少、販売は4ヵ月連続で減少。 【第15485号】...

詳細はこちら

2015/03/27

窒素販売、4ヵ月連続で減少

日本産業・医療ガス協会が発表した1月の地区別窒素生産・販売実績によると、生産は全国合計で2億7472万5000立方メートル(前年同月比1・4%増)、販売は3億5240万2000立方メートル(同5・1%減)だった。生産は6ヵ月連続で増加、販売は4ヵ月連続で減少となった。 【第15485号】...

詳細はこちら

2015/03/27

アルゴン販売、3ヵ月連続減少

日本産業・医療ガス協会が発表した1月の地区別アルゴン生産・販売実績は、生産が1648万1000立方メートル(前年同月比0・04%増)、販売が1537万5000立方メートル(同4・3%減)だった。生産は14ヵ月連続の増加、販売は3ヵ月連続の減少。 【第15485号】...

詳細はこちら

2015/03/27

東日本MACメカトロ会、14年度総会開く

東日本MACメカトロニクス会は3月25日、さいたま市のパレスホテル大宮で2014年度総会を開催した。事務局から14年度の活動状況、15年度の活動計画が報告されたほか、協賛メーカーの三菱電機、村田機械、キャドマック、日本ウエルディング、マツモト機械が15年度の販売戦略や販売目標などを発表。14年度に優秀な販売実績を残した6社には記念品を贈呈。 【第15485号】...

詳細はこちら

2015/03/26

東日本MAC会がKWF2015開催

東日本MAC会主催、マツモト産業関東支店後援による溶接・産業機器展「神奈川ウェルディングフェスタ2015」(通称=KWF2015)が3月21日、22日の両日、横浜市のパシフィコ横浜Dホールで開催された。主催店28社56事業所、出展メーカー147社が参画した同フェスタには、2日間で4048人が来場。5億3930万円を成約し、盛況のうちに幕を閉じた。 【第15484号】...

詳細はこちら

2015/03/26

常石鉄工、若松スティール工場が全面稼働開始

常石鉄工(福山市、岡本章社長)の若松スティール工場(北九州市若松区)が日本海事協会やロイドなど主要10団体の船級協会による製造法承認を受け、営業活動を本格的に開始した。14年4月に稼働を開始した60トンの電気炉を中心に造塊、鋳鋼品製造の素材から加工まで一貫生産体制を整備し、鍛造用鋼塊、鋳鋼品、船尾構造品ユニット生産を3本柱に工場が全面稼働する。 【第15484号】...

詳細はこちら

2015/03/25

世界鉄鋼生産、粗鋼が2ヵ月ぶりに増加

世界鉄鋼協会は3月23日、2015年2月分の世界粗鋼生産と銑鉄生産量(速報値)についてまとめた。主要65ヵ国・地域の粗鋼生産量は前年同月比0・6%増の1億2762万6000トンで2ヵ月ぶりに増加した。主要38ヵ国・地域の銑鉄生産量は同4・4%増の9678万2000トンで2ヵ月ぶりの増加となった。 【第15483号】...

詳細はこちら

2015/03/24

関西MAC会、溶接まつり姫路ステージを開催

マツモト産業の関西地区取引先販売店で構成する関西MAC会は3月12日、姫路市勤労市民会館で恒例の「溶接まつり」姫路ステージを開催。来場客は目標200人を上回る263人、ダイヘン溶接機の販売台数が前売りなどを含めて102台となり、前年に比べ倍増を達成した。 【第15482号】...

詳細はこちら

2015/03/24

レーザ装置国内生産、2年連続で2桁増

自動車を中心とする設備投資増加の影響を受けて、2014年度レーザ応用生産装置国内生産規模見込み(光産業技術振興協会調べ)は、前年度比13・9%増の2620億2800万円となり、2年連続で2桁増となった。 【第15482号】...

詳細はこちら

2015/03/23

2月粗鋼生産、6ヵ月連続で減少=鉄連

日本鉄鋼連盟は3月19日、2015年2月の鉄鋼生産概況をまとめた。粗鋼生産量は前年同月比0・2%減の843万4000トンで6ヵ月連続の減少となった。前月比では6・5%減。2ヵ月ぶりに900万トンの大台を割り込んだ。 【第15481号】...

詳細はこちら

2015/03/23

JX日鉱日石、岡崎市と狭山市に水素ステーション開所

JX日鉱日石エネルギーは3月17日、岡崎市の「ドクタードライブ岡崎羽根店」に、同社初のオンサイト方式の水素ステーションを開所した。同18日には狭山市の「同セルフ狭山根岸店」にオフサイト方式の水素ステーションを開所。同社の水素ステーションは9ヵ所になった。 【第15481号】...

詳細はこちら

2015/03/20

大陽日酸、仙台サンソセンター見学会開く

大陽日酸は3月17日、仙台市宮城野区の仙台サンソセンターで事業所見学会を開催し、東日本大震災の被災状況や復興への取り組みなどを説明した。同センターでは震災を教訓に避難場所や避難ルートのマニュアル化を進め日常からの備えを更に強化させた。さらに、同センターを構えるJFE条鋼と連携を図って緊急時のための通信手段網の増設を行っている。 【第15480号】...

詳細はこちら

2015/03/20

日本エア・リキード、ミライが納車

日本エア・リキードは3月13日、東京都・港区の本社にトヨタ自動車が世界で初めて一般発売した、水素で走行する燃料電池自動車「MIRAI(ミライ)」が納車されたと発表した。展示会やイベントを通じて、水素社会に向けた啓発活動や子ども向けの環境教育活動などに活用する。 【第15480号】...

詳細はこちら

2015/03/20

神奈川流保協、保安講習会に180人参加

神奈川県高圧ガス流通保安協会(河西哲男会長)は3月18日、横浜市神奈川区のかながわ県民センターに約180人を集め、高圧ガス販売事業者(販売主任等)保安講習会を開催。大岡久晃氏(全国高圧ガス溶材組合連合会保安委員会副委員長)は講演で「溶材商は、高圧ガスの危険性や安全な利用方法など、保安に対する情報提供が仕事」と強調した。 【第15480号】...

詳細はこちら

2015/03/19

ホンダエアロ、米で製造認定取得

ホンダの航空エンジン事業子会社であるホンダエアロは3月17日、米ノースカロライナ州バーリントンの同社工場が米国連邦航空局(FAA)による製造認定を取得したと発表した。ホンダエアロとゼネラル・エレクトリックの合弁会社であるGEホンダエアロエンジンズが13年12月、FAA型式認定を取得したターボファンエンジン「HF120」の生産を担当する。 【第15479号】...

詳細はこちら

2015/03/19

島津製作所、米国子会社が新工場設立

島津製作所の米・子会社シマヅプレシジョンインスツルメンツ(SPI)は、カリフォルニア州ロングビーチで建設を進めていた民間航空機ビジネス向けの新工場建屋を完成させ、3月12日に竣工式を行った。これに伴い、同州トーランスの工場およびSPI本社は、航空機ビジネス拡大のため延床面積を倍増した新工場へ移転する。 【第15479号】...

詳細はこちら

2015/03/18

日立造船、洋上風力発電で仏ベンチャー企業と技術提携

日立造船は3月10日、フランスのベンチャー企業であるIDEOL社と浮体式洋上風力発電に関する技術提携契約を締結したと発表。浅海域(主として水深100?以浅)を対象とした浮体式洋上風力発電設備において、IDEOL社が開発し特許を保有する「波による動揺を抑制する『Damping Pool(登録商標)』を使用した浮体式基盤構造」を、日本国内で設計や建設などを行うことを可能に。 【第15478号】...

詳細はこちら

2015/03/18

特殊電極、中国子会社解散へ

特殊電極(?田芳治社長)は100%出資する中国の天津特電金属製品の解散を決めた。中国市場向けに耐摩耗用クラッド鋼板の製造販売を行ってきたが、当初の目的達成は困難と判断。2014年12月期の売上高は6900万円で、営業利益は8200万円の赤字、当期純利益も3億5800万円の赤字だった。 【第15478号】...

詳細はこちら

2015/03/17

大阪府高圧ガス地域防災協議会が研修会開催

大阪府高圧ガス地域防災協議会(野村眞澄会長)は3月12日、大阪市北区の天六・マロニエホールで高圧ガス防災研修会(高圧ガス保安協会後援)を開催、約130人が受講した。受講者は高圧ガス関係者を中心としているが、今回の特色として、消防署関係者19人や大学教授などの出席がみられた。また、大阪府内のほか東京、兵庫、和歌山からの参加もあった。 【第15477号】...

詳細はこちら

2015/03/17

関西MACメカトロ会、14年度定例総会開く

関西MACメカトロニクス会は3月13日、大阪市北区のホテルグランヴィア大阪で2014年度定例総会を開催、会員38社が出席した。マツモト産業の吉田正彦取締役関西支店長は「1―2月の工作機械受注が前年同月比20―30%増と補助金制度の後押しで好調に推移。補助金を得て設備導入するための要件を顧客に説明し、スピーディーにビジネスを進めていくことが重要」と挨拶。 【第15477号】...

詳細はこちら

2015/03/16

「東京ウェルディングフェスタ2015」決起大会開く

東日本MAC会主催、マツモト産業関東支店後援の「東京ウェルディングフェスタ2015」のメーカー説明会と主催店合同の決起大会が3月10日、東京・墨田区の東武ホテルレバント東京で盛大に開催された。会場には千葉県を中心とする関東圏の有力溶材商および出展メーカーが多数参集。6月13―14日の2日間、幕張メッセで開催される同フェスタの成功を誓い合った。 【第15476号】...

詳細はこちら

2015/03/16

兵庫県で高圧ガス講習会、事故事例学ぶ

兵庫県高圧ガス保安協会と兵庫県高圧ガス協同組合(大岡久晃理事長)は3月5日、神戸市中央区の県中央労働センターで「一般高圧ガス販売主任者講習会」を開催した。約120人が受講し、高圧ガスの事故事例や対処方法、また県内の事故や立入検査の状況について講義した。 【第15476号】...

詳細はこちら

2015/03/13

埼玉県、高圧ガス保安講習会を開催

埼玉県は3月10日、さいたま市浦和区の埼玉会館大ホールで2014年度高圧ガス保安講習会を開催した。高圧ガスの取扱従事者などを中心に約620人が参加し、保安意識の高揚と一層の自主保安の徹底を誓った。県危機管理防災部の石鍋恵子化学保安課長は講習内容をそれぞれの職場に持ち帰り、日頃の自主保安活動に生かしていただきたい」と挨拶。 【第15475号】...

詳細はこちら

2015/03/13

パナソニック溶接システム、「YD―500VR1」を発売へ

パナソニック溶接システムは4月10日、フルデジタル溶接機の新たなラインアップとして、フルデジタル炭酸ガス/マグ溶接機「YD―500VR1」を発売する。昨年11月に発売した「YD―350VR1」の大容量(500A)タイプで、市場から高い評価を得ている高い溶接性能と、溶接作業をより快適にする「多彩な機能」を継承した。 【第15475号】...

詳細はこちら

2015/03/12

愛知製鋼、創立75周年記念式典を挙行

愛知製鋼(東海市、藤岡高広社長)は3月6日、本社体育館で創立75周年記念式典を挙行。基幹職・役員合わせて約300人が出席した。藤岡社長は、「地域社会や世界から信頼され、必要とされる存在価値ある企業として、100周年、200周年へと持続的な成長を続ける『世界で選ばれる会社』となっていくことを強く誓う」と挨拶。 【第15474号】...

詳細はこちら

2015/03/12

パナソニック溶接システム、2015ロード出陣式を開催

パナソニック溶接システムは3月4日、豊中市の本社構内で「2015パナソニックロード出陣式」を開催した。今年のロード車にはフルデジタル炭酸ガス/マグ溶接機「YD―350VR1」、新製品の同「YD―500VR1」をはじめ、切断性能の向上と消耗部品の長寿命化を高次元で両立させたフルデジタルエアープラズマ切断機「PF3シリーズ」を新たに搭載、目玉商品として積極的にピーアールする。 【第15474号】...

詳細はこちら

2015/03/12

パナソニックロード関東、フジオックス群南営業所から始動

関東地区における2015年の「パナソニックロード」が3月6日、群馬県邑楽郡のフジオックス群南営業所からスタートした。関東地区だけでなく、全国のトップを切って開催された同ロードにはパナソニック溶接システムほかレヂトン、マイト工業、トラスコ中山などのメーカーが出展。会場には朝から大勢のユーザーが訪れ、動員は45社71人を記録したほか、成約も目標を達成した。 【第15474号】...

詳細はこちら

2015/03/11

大宮でツールドダイヘン溶接技術展

ダイヘン溶接メカトロシステムは3月6日、7日の両日、さいたま市大宮区のダイヘン大宮FAセンターでツールドダイヘン溶接技術展を開催した。初日の午前・午後は東京大溶会加盟店向けに新製品説明会、2日目午後はユーザー向けの溶接講習会を企画。展示・実演を通じて、7軸ロボットや高速スパッタレス溶接システム、WelbeeインバータM500Gなど最新鋭機種を提案した。 【第15473号】...

詳細はこちら

2015/03/11

岩谷産業、純水素型燃料電池の実証試験に着手

岩谷産業は、山口県で採択された2014年度やまぐち産業戦略研究開発等補助金による新型の純水素型燃料電池コージェネレーションシステムの研究についてこのほど、周南市内で実証機を導入することを決めた。3月21日に周南市徳山動物園、同24日には周南市地方卸売市場で実証機を導入して発電効率55%への向上と商品化に向けた実験を進めていく。 【第15473号】...

詳細はこちら

2015/03/11

荘内ガスが充填工場新設、9月にも本格稼働開始へ

荘内ガス(酒田市、江良昌三社長)は、北港充填工場に隣接する酒田市松美町に充填工場を新設する。敷地面積は約5164平方メートル、延べ床面積1686平方メートル。建屋は昨年12月から建設中で、今年7月末の完工、9月からの稼働を目指す。1972年11月から42年以上にわたり稼働してきた北港充填工場は、新工場での生産体制が整い次第、解体する。 【第15473号】...

詳細はこちら

2015/03/10

イワタニ水素フォーラム東京、過去最多800人超来場

岩谷産業(野村雅男社長)は3月5日、東京・千代田区の東京国際フォーラムで第9回イワタニ水素フォーラム東京を開催した。過去最多となる829人の来場者を集め、東京都やトヨタ自動車、本田技術研究所などから講師を招いて今後の水素社会の可能性やビジョンなどを語った。 【第15472号】...

詳細はこちら

2015/03/10

14年12月電気溶接機生産実績、金額は13ヵ月連続増

経済産業省は2014年12月の電気溶接機生産実績をまとめた。電気溶接機の合計生産台数は9204台(前年同月比26・8%増)、同金額は33億7000万円(同30・5%増)となった。台数は4ヵ月連続、金額は13ヵ月連続の増加。 【第15472号】...

詳細はこちら

2015/03/10

神戸製鋼所、4月1日付で輿石房樹氏が溶接事業部門長に

神戸製鋼所は3月6日、4月1日付で輿石房樹常務執行役員溶接事業部門副事業部門長が溶接事業部門長に就任すると発表した。同日付で粕谷強専務は社長付となり、山本明企画管理部長が執行役員に就く。6月下旬、輿石氏は常務に昇格。粕谷氏は専務を退任し、神鋼環境ソリューション社長に就任する。 【第15472号】...

詳細はこちら

2015/03/10

大陽日酸、米ガス事業を強化

大陽日酸は、米国子会社マチソン・トライガスを通じて、米国カリフォルニア州のディストリビューターであるシムズ・ウェルディング・サプライの買収とエア・リキードアメリカ(ALアメリカ)のハワイ州におけるガス事業の買収を完了したと発表した。 【第15472号】...

詳細はこちら

2015/03/09

大阪府高圧ガス安全協会、大臣認定試験者研修会開く

大阪府高圧ガス安全協会は3月5日、大阪市内の2014年度「大臣認定試験者研修会」を開催、75人が受講した。同認定制度は、高圧ガス保安法関係省令の技術基準に基づいて高圧ガス設備を製造し自ら製造した高圧ガス設備に対して耐圧試験、気密試験および強度確認を適切に行うことができる者(認定試験者)を経済産業大臣が認定する。 【第15471号】...

詳細はこちら

2015/03/09

苫小牧共同酸素、最新鋭の酸素・窒素ガス製造プラント稼働開始

エア・ウォーターと王子製紙が共同出資する苫小牧共同酸素は、苫小牧市内で建設を進めてきた最新型の酸素・窒素ガス製造プラントの稼働を3月1日から開始したと発表した。これにより王子製紙苫小牧工場への酸素ガスのパイピング供給やエア・ウォーターの北海道全域での産業ガスおよび医療用ガスの一層の安定供給態勢が整うこととなる。 【第15471号】...

詳細はこちら

2015/03/09

1月溶解アセチレン、販売は4ヵ月連続減

日本産業・医療ガス協会は2015年1月の溶解アセチレン生産・販売実績をまとめた。1月の生産実績は前年同月比8・6%減の968トン831キロとなり、2ヵ月ぶりの減少。販売実績については前年同月比7・9%減の976トン263キロで4ヵ月連続の減少。 【第15471号】...

詳細はこちら

2015/03/09

デンヨー、27年3月期第3四半期連結決算

デンヨーの平成27年3月期第3四半期連結決算は、売上高376億2900万円(前年同期比5・6%増)、営業利益34億2100万円(同2・8%増)、経常利益37億0200万円(同2・0%増)、純利益24億9200万円(同4・7%増)と増収増益だった。 【第15471号】...

詳細はこちら

2015/03/06

ダイヘン、「シンクロフィードGMA」を発売

ダイヘンは、中電流域(250―300アンペア)や高速溶接でも低スパッタを実現する「シンクロフィードGMA溶接ロボットパッケージ」を発売した。溶接ワイヤを1分間に約100回、小刻みに出し入れする仕組みでスパッタ発生を抑えた製品で、独自開発したワイヤ送給と電流波形の制御方法を使い、高速溶接でも深溶込みができ、アークスタート時のスパッタも抑えた。 【第15470号】...

詳細はこちら

2015/03/05

川崎重工、新型ロボット3機種を世界同時発売

川崎重工業は、小型アーク溶接ロボット「BAシリーズ」、ハンドリングからスポット溶接まで行える大型汎用ロボット「CXシリーズ」、パレタイズロボット「CPシリーズ」を3月1日から世界同時発売した。 【第15469号】...

詳細はこちら

2015/03/05

仏ALグループ、14年は4・5%増収

仏エア・リキードグループの2014年連結売上高は、前年比4・5%増の153億5800万ユーロ(約1兆4200億円)。ガス&サービスの売上高は、定常的な事業成長と新規、増設、買収・合併などが貢献し、同4・1%増の138億6700万ユーロ。 【第15469号】...

詳細はこちら

2015/03/05

三菱電機、レーザ加工機10倍活用セミナー開く

三菱電機は3月3日、川崎市のかながわサイエンスパークで「レーザ加工機10倍活用セミナー」を開催した。関東地区では第3回目となる同セミナーは約20人が受講。今回は非鉄金属、特殊材料に特化し、「加工原理を理解して高付加価値加工を」をテーマに三菱電機産業メカトロニクス事業部の金岡優主管技師長が講演。 【第15469号】...

詳細はこちら

2015/03/04

1月溶接材料輸入、2ヵ月ぶりに減少

財務省の貿易統計によると、2015年1月の溶接材料(ソリッドワイヤ、FCW、被覆アーク溶接棒、非合金鋼溶接ワイヤ)輸入量は前年同月比9・7%減の5745トンで推移し、2ヵ月ぶりに減少した。 【第15468号】...

詳細はこちら

2015/03/04

1月鉄骨需要、3ヵ月連続の減少

国土交通省が2月27付で発表した建築着工統計調査報告によると、2015年1月の鉄骨推定需要量(S造+SRC造)は、前年同月比20・8%減の38万3650トンで推移し、3ヵ月連続で減少。鉄骨(S)造は前年同月比19・9%減の373万5000平方メートルと3ヵ月連続の減少。鉄骨鉄筋コンクリート(SRC)造は同43・5%減の20万3000平方メートルと3ヵ月連続で減少。 【第15468号】...

詳細はこちら

2015/03/04

鈴木商館が創業110周年記念セール

鈴木商館(鈴木慶彦社長)は3月15日に創業110周年の節目を迎えたことを記念して、4月1日から1年間、同社取り扱い全商品を対象にした販売促進企画「創業110周年記念グランドスターセール」を展開する。目玉特典はAコース「夢の休日 マウイ・オアフ(ハワイ)8日間の旅」とBコース「極上の京都3日間または癒しのハワイ6日間の旅」。同旅行招待は来年6月を予定。 【第15468号】...

詳細はこちら

2015/03/04

大阪高圧ガス熔材協組、保安講習会を開催

大阪高圧ガス熔材協同組合(吉田充孝理事長)は2月26日、大阪市中央区のエル・おおさかで「高圧ガス関係保安研修会」(大阪府後援)を開催。高圧ガスの販売事業者をはじめ販売主任者・従事者など169人が受講した。宮川泰済副理事長は「消費者への周知文書配布や保安点検などを徹底するとともに、各位で保安レベルを上げていこう」と挨拶。 【第15468号】...

詳細はこちら

2015/03/03

12月酸素、生産は2ヵ月連続の増加

日本産業・医療ガス協会が発表した12月の地区別酸素生産・販売実績は、生産が1億2459万4000立方メートル(前年同月比1・9%増)、販売が1億5284万5000立方メートル(同1・3%減)。生産は2ヵ月連続の増加、販売は3ヵ月連続の減少となった。 【第15467号】...

詳細はこちら

2015/03/03

12月窒素、生産は5ヵ月連続で増加

日本産業・医療ガス協会が発表した12月の地区別窒素生産・販売実績は、生産が2億8885万5000立方メートル(前年同月比1・1%増)、販売が3億6874万8000立方メートル(同0・9%減)。生産は、5ヵ月連続の増加、販売は3ヵ月連続の減少となった。 【第15467号】...

詳細はこちら

2015/03/03

12月アルゴン、生産は13ヵ月連続の増加

日本産業・医療ガス協会が発表した12月の地区別アルゴン生産・販売実績は、生産が1727万1000立方メートル(前年同月比0・5%増)、販売は1696万2000立方メートル(同0・5%増)。生産は13ヵ月連続で増加、販売は2ヵ月連続の減少となった。 【第15467号】...

詳細はこちら

2015/03/02

1月溶接材料、生産は15ヵ月連続増

日本溶接材料工業会がまとめた2015年1月の溶接材料生産・出荷・輸出実績によると、生産高は前年同月比1・0%増の2万811トンと15ヵ月連続で増加。出荷高は同3・4%減の2万1437トンで推移し17ヵ月ぶりに前年同月実績を下回った。輸出高は同2・9%減の2977トンと2ヵ月連続で減少した。 【第15466号】...

詳細はこちら

2015/03/02

都協組北部支部、水素・燃料電池展を見学

東京都高圧ガス溶材協同組合北部支部(松下孝寿支部長)は2月26日、東京・江東区の東京ビッグサイトで開催された水素・燃料電池展の見学会を行った。当日は鈴木商館ブース前に集合し、実際に持ち込まれたフォークリフト用水素ステーションディスペンサーの特性などについて鈴木慶彦社長が詳しく説明し、支部員らは熱心に耳を傾けていた。 【第15466号】...

詳細はこちら

2015/03/02

大丸エナウィン、執行役員制度を導入

大丸エナウィン(大阪市住之江区、古野晃社長)は2月26日の取締役会で、執行役員制度の導入を決めた。経営の意思決定・監督と通常業務の執行を分けることで、取締役会の監督機能強化と意志決定の迅速化を図る。4月1日付で導入する。 【第15466号】...

詳細はこちら

2015/03/02

静岡のものづくりを東京・大田区でアピール

「静岡県テクノフェア・イン・東京2015」(主催・静岡県産業振興財団)が2月25―26日の両日、大田区産業プラザで開催され、静岡県内のものづくりに関わる中小企業を中心に70社・団体が出展した。レーザ加工を主力事業とする岩倉溶接工業所(静岡県島田市)は、保有のYAGレーザ溶接装置を用いた板金加工サンプルを出展。 【第15466号】...

詳細はこちら

2015/02/27

ロボットビジネス推進協議会、15年度総会開く

ロボットビジネス推進協議会(会長=山本芳春本田技術研究所社長)は2月26日、東京・港区の浜松町東京會舘で2015年度通常総会を開催した。役員改選で新会長に就任した石川達也トヨタ自動車常務理事は「経済産業省との連携を図りながら、当協議会の更なる発展を目指す」と抱負を述べた。 【第15465号】...

詳細はこちら

2015/02/26

常石グループ、小型航空機事業に参入

常石グループのせとうちホールディングス(東京・渋谷区、神原勝成社長)は2月20日、米国の小型航空機メーカーであるクエスト・エアクラフト社(QAC)の株式を100%取得、小型航空機事業に参入すると発表した。 【第15464号】...

詳細はこちら

2015/02/26

1月の世界鉄鋼生産、粗鋼は4ヵ月ぶりに減少

世界鉄鋼協会は2月23日、2015年1月分の世界粗鋼生産と銑鉄生産量(速報値)についてまとめた。主要65ヵ国・地域の粗鋼生産量は前年同月比2・9%減の1億3310万2000トンで、4ヵ月ぶりに減少した。主要38ヵ国・地域の銑鉄生産量は同3・4%減の9778万2000トンと3ヵ月ぶりに減少した。 【第15464号】...

詳細はこちら

2015/02/26

鉄鋼生産1月概況、粗鋼生産5ヵ月連続で減少

日本鉄鋼連盟は2月19日、2015年1月の鉄鋼生産概況をまとめた。粗鋼生産量は前年同月比4・0%減の902万3000トンで5ヵ月連続の減少となった。前月比では0・3%増。900万トンの大台を2ヵ月ぶりに回復した。 【第15464号】...

詳細はこちら

2015/02/25

2014年ヘリウム、生産5%減

日本産業・医療ガス協会がまとめた2014年(暦年ベース)のヘリウム生産・販売実績によると、生産量は前年比5%減の1037万3000立方メートルと4年連続で減少。販売量は前年並みの1028万5000立方メートルだった。生産の内訳は、ヘリウムガスが前年比9%減で4年連続減少の705万9000立方メートル、液体ヘリウムは5%増の420万リットルと4年ぶりの増加に転じた。 【第15463号】...

詳細はこちら

2015/02/25

東大阪市・商工会議所、都内で見本市開く

東大阪市と東大阪商工会議所による総合技術見本市「もうかりメッセ東大阪・イン・東京」が2月19・20日の両日、東京・大田区の大田区産業プラザPiOで開催された。参加企業・団体は91社、出展小間数は83小間。2日間で3030人が来場した。地元企業の多種多様な工業製品、溶接をはじめとする金属加工技術の展示を行ったほか、パネル討論などを行った。 【第15463号】...

詳細はこちら

2015/02/24

パナソニック、アークロボマニピュレータのミドルアーム展開へ

パナソニック溶接システムは2月20日、アーク溶接ロボットマニピュレータ「TMシリーズ(ミドルアームタイプTM―1600)」を発売した。「TMシリーズ1600」は、13年4月に発売したスタンダードタイプ(1400ミリ)、ショートアームタイプ(1100ミリ)および14年1月発売のロングアームタイプ(1800ミリ)に続くシリーズ4機種目。 【第15462号】...

詳細はこちら

2015/02/24

大阪府高圧ガス安全協会が自主保安ガイドライン説明会

大阪府高圧ガス安全協会は2月19日、大阪市北区の天六・マロニエホールで高圧ガス自主保安ガイドライン説明会を開催。高圧ガス関係事業所の管理者および保安教育、危機管理、保安管理などの担当者ら約50人が参加した。 ...

詳細はこちら

2015/02/23

特殊電極、27年3月期第3四半期連結決算

特殊電極の平成27年3月期第3四半期連結決算は、売上高60億0700万円(前年同期比5・6%増)、営業利益1億7800万円(同17・0%増)、経常利益1億9700万円(同19・7%増)、第3四半期純利益9600万円(同113・7%増)の増収増益だった。溶接材料の売上高は前年同期比2・6%増の11億5500万円、セグメント利益は同5・5%増の2億1600万円。 【第15461号】...

詳細はこちら

2015/02/23

高圧ガス工業、27年3月期第3四半期連結決算

高圧ガス工業の平成27年3月期第3四半期連結決算は、売上高582億3800万円(前年同期比2・9%増)、営業利益31億2800万円(同9・2%減)、経常利益36億4800万円(同5・5%減)、第3四半期純利益22億2000万円(同8・8%増)だった。ガス事業の売上高は前年同期比5・2%増の438億5000万円、営業利益は同11・8%増の32億0700万円。 【第15462号】...

詳細はこちら

2015/02/23

岩谷産業、27年3月期第3四半期連結決算

岩谷産業の平成27年3月期第3四半期連結決算は、売上高5081億8100万円(前年同期比3・9%増)、営業利益47億8900万円(同41・5%減)、経常利益58億6700万円(同32・1%減)、第3四半期純利益35億2500万円(同24・1%減)となった。原油価格の急落を背景にLPガス輸入価格が大幅に下落した影響から前年同期に比べ約59億円の減益要因が生じた。 【第15461号】...

詳細はこちら

2015/02/23

興研、26年12月期連結決算

興研の平成26年12月期連結決算は、売上高75億円、営業利益3億7000万円、経常利益3億1500万円、純利益1億4700万円。同社は当期から連結決算に移行した。前期非連結比では売上高0・3%増、営業利益20・6%減、経常利益23・0%減、純利益35・8%減。 【第15461号】...

詳細はこちら

2015/02/20

日本レヂボン、27年3月期第3四半期連結決算

日本レヂボンの平成27年3月期第3四半期連結決算は、売上高116億8200万円(前年同期比5・5%減)、営業利益4億0200万円(同9・6%減)、経常利益3億6900万円(同7・0%減)、第3四半期純利益1億9500万円(同11・0%減)の減収減益だった。国内砥石製造・販売事業は、前期に実施した価格改定にともなう駆け込み需要に対応した受注の反動を受け、前年同期に比べ減収。 【第15460号】...

詳細はこちら

2015/02/20

新コスモス電機 、27年3月期第3四半期連結決算

新コスモス電機の平成27年3月期第3四半期連結決算は、売上高134億9000万円(前年同期比0・8%増)、営業利益11億8900万円(同1・3%減)、経常利益12億7100万円(同2・3%減)、第3四半期純利益8億1800万円(同1・2%増)だった。 【第15460号】...

詳細はこちら

2015/02/20

東邦アセチレン 、27年3月期第3四半期連結決算

東邦アセチレンの平成27年3月期第3四半期連結決算は、売上高259億5100万円(前年同期比1・8%減)、営業利益10億6800万円(同4・8%増)、経常利益11億7200万円(同3・0%増)、第3四半期純利益6億9600万円(同3・0%減)。ガス関連事業の売上高は前年同期比0・5%減の152億5100万円、営業利益は同微減(0・07%減)の12億3000万円。 【第15460号】...

詳細はこちら

2015/02/20

エア・ウォーター、27年3月期第3四半期連結決算

エア・ウォーターの平成27年3月期第3四半期の連結決算は、売上高4892億3400万円(前年同期比4・7%増)、営業利益248億5500万円(同1・0%増)、経常利益268億7200万円(同3・3%増)、第3四半期純利益178億1300万円(同18・3%増)となった。 【第15460号】...

詳細はこちら

2015/02/19

重松製作所、27年3月期第3四半期連結決算

重松製作所の平成27年3月期第3四半期連結決算は、売上高65億9500万円(前年同期比12・0%増)、営業利益4700万円(前年同期は2億1700万円の損失)、経常利益2500万円(同2億3100万円の損失)、第3四半期純利益1600万円(同1億7000万円の損失)だった。 【第15459号】...

詳細はこちら

2015/02/19

やまびこ 、27年3月期第3四半期連結決算

やまびこの平成27年3月期第3四半期連結決算は、売上高801億0800万円(前年同期比3・3%増)、営業利益53億0200万円(同26・4%増)、経常利益62億3400万円(同22・7%増)、第3四半期純利益43億3000万円(同14・9%増)の増収増益だった。 【第15459号】...

詳細はこちら

2015/02/19

トラスコ中山、4月から定年延長

トラスコ中山は4月1日から定年年齢を65歳に、雇用延長を70歳に変更する。年金支給開始年齢の引き上げを見越し、社員の安心感とモチベーション向上を図るため、最大75歳まで働ける場を提供する。また、社員の給与および役職手当も、今後3年間で年収10%以上引き上げる。 【第15459号】...

詳細はこちら

2015/02/18

ダイヘン、27年3月期第3四半期連結決算

ダイヘンの平成27年3月期第3四半期連結決算は、売上高823億3700万円(前年同期比9・3%増)、営業利益51億2200万円(同25・8%増)、経常利益56億9500万円(同28・7%増)、第3四半期純利益37億3400万円(同28・4%増)。溶接メカトロ事業の売上高は前年同期比19・8%増の310億円、営業利益は同25・4%増の35億6500万円。 【第15458号】...

詳細はこちら

2015/02/18

OBARA―G、27年9月期第1四半期連結決算

OBARAGROUPの平成27年9月期第1四半期連結決算は、売上高122億5800万円(前年同期比9・5%増)、営業利益24億4600万円(同23・4%増)、経常利益27億3600万円(同13・0%増)、第1四半期純利益14億8200万円(同1・9%減)だった。 【第15458号】...

詳細はこちら

2015/02/18

ダイヘン、中国電力子会社を買収

ダイヘンは7月1日付で中国電力の100%子会社、中国電機製造(広島市南区)の60%の株式を取得すると発表した。取得額は未定。中国電機製造の子会社化により、中国地方での販売拡大とともに、相乗効果による生産強化を図る。 【第15458号】...

詳細はこちら

2015/02/18

興研、飯能市に研究開発施設用地を取得

興研は、埼玉県飯能市の工業用地約4万3000平方メートルを取得する。取得先は都市再生機構、落札価額は10億1380万4000円。3月9日に契約を結び、土地の引き渡しを受ける予定。 【第15458号】...

詳細はこちら

2015/02/17

マツモト産業東日本ブロック、メカトロショウ開催

マツモト産業東日本ブロックは2月13日、さいたま市の三菱電機東日本メカトロソリューションセンターで、3Dモデリング・板金展開から抜き、曲げ、溶接に至るまでの合理化・高付加価値化を提案する板金ソリューション展「2015東日本MACメカトロニクスショウ」を開催した。三菱電機はじめ関連メーカー5社が出展。関東地区、東北地区からユーザーら84社163人が来場した。 【第15457号】...

詳細はこちら

2015/02/17

豊田通商など、3社共同で水素供給の新会社を設立

豊田通商、岩谷産業、大陽日酸は2月13日、3社共同出資の移動式水素ステーションを運営する新会社「日本移動式水素ステーションサービス」を設立したと発表した。3社は今後、燃料電池自動車(FCV)の需要が見込まれる一方で、水素ステーションの運用場所不足が懸念されることから、移動式水素ステーションの設置・運営を共同で行うことで合意した。 【第15457号】...

詳細はこちら

2015/02/17

レンタルのニッケン、生産技術支店を分社

レンタルのニッケンは2014年12月11日付で、溶接機を中心とするプラント向け機器レンタルを展開する同社生産技術支店を分社化し、新会社「生産技術パートナーズ」を設立した。4月1日から営業を開始する。本社はレンタルのニッケン本社内に構え、社長にはレンタルのニッケン常務執行役員の阿部進氏が就任した。 【第15457号】...

詳細はこちら

2015/02/16

大阪IK会、こいけ市開く

近畿・北陸地区の小池酸素工業の取引先販売店で構成する大阪IK会は2月4・5日の両日、大阪市鶴見区の花博記念公園鶴見緑地で「2015大阪こいけ市」を開催。192社・307人のユーザーが来場し盛況に推移した。今回はメーカー23社が出展。 【第15456号】...

詳細はこちら

2015/02/16

2014年11月電気溶接機生産実績

経済産業省がまとめた2014年11月の電気溶接機生産実績によると、電気溶接機の合計生産台数は9573台(前年同月比24・5%増)、同金額は32億1800万円(同24・6%増)となった。台数は3ヵ月連続、金額は12ヵ月連続の増加。 【第15456号】...

詳細はこちら

2015/02/16

渋谷工業、27年6月期第2四半期連結決算

渋谷工業の平成27年6月期第2四半期連結決算は、売上高365億3800万円(前年同期比14・2%増)、営業利益11億7400万円(同13・0%減)、経常利益13億6600万円(同20・0%減)、第2四半期純利益8億7600万円(同10・1%減)の増収減益。 【第15456号】...

詳細はこちら

2015/02/16

日立ツール、4月1日付で「三菱日立ツール」に

日立ツール(東京・港区)の新社名が「三菱日立ツール」に内定した。今年4月1日から新社名となり、代表取締役社長に増田照彦氏が就任する。事業内容は、特殊鋼・超硬合金等によるチップ、切削工具、耐摩製品、都市開発工具など各種機械工具の製造販売。資本金14億5500万円、出資比率は三菱マテリアル51%、日立金属49%。 【第15456号】...

詳細はこちら

2015/02/13

JX日鉱日石エネルギー、埼玉・愛知に水素ステーション

JX日鉱日石エネルギーは2月10日、さいたま市のDr・Drive大和田店と愛知県みよし市のDr・Driveセルフ三好ヶ丘店に、サービスステーション一体型水素ステーションを開所した。同社の商用水素ステーションとしては両県ともに初。 【第15455号】...

詳細はこちら

2015/02/13

日東工器、平成27年3月期第3四半期連結決算

日東工器の平成27年3月期第3四半期連結決算は、売上高211億7500万円(前年同期比6・9%増)、営業利益36億6900万円(同21・3%増)、経常利益37億8300万円(同20・9%増)、純利益23億円(同21・9%増)。 【第15455号】...

詳細はこちら

2015/02/13

小池酸素工業、平成27年3月期第3四半期連結決算

小池酸素工業の平成27年3月期第3四半期連結決算は、売上高325億5900万円(前年同期比15・2%増)、営業利益9億1800万円(同165・3%増)、経常利益10億5700万円(同106・8%増)、純利益4億6000万円(前年同期は3億円の損失)。 【第15455号】...

詳細はこちら

2015/02/13

トラスコ中山、平成26年12月期単独決算

トラスコ中山の平成26年12月期単独決算は、売上高1144億7300万円(前期比10・1%増)、営業利益84億7700万円(同25・0%増)、経常利益84億9400万円(同25・3%増)、当期純利益54億7400万円(同34・7%増)の増収増益。比較的利益率の高いプライベート・ブランド商品の売上高が伸びたほか、通信販売事業などeビジネスの競争力向上などが好調の要因とみている。 【第15455号】...

詳細はこちら

2015/02/12

全溶連、14年度第2回評議員会を開く

全国高圧ガス溶材組合連合会(全溶連、深尾定男会長)は2月6日、大阪市淀川区の新大阪ワシントンホテルプラザで2014年度第2回評議員会を開催した。15年度も自主保安の強化を継続推進する中、今年6月4日に新潟市のホテルオークラ新潟で開催する第72回全溶連大会の宣言文を「安全で社会に貢献 全溶連」と「安全の確かな周知で 保安の確保」に決定した。 【第15454号】...

詳細はこちら

2015/02/12

神鋼商事、27年3月期第3四半期連結決算

神鋼商事の平成27年3月期第3四半期連結決算は、売上高6405億3600万円(前年同期比2・3%増)、営業利益48億7300万円(同20・3%増)、経常利益47億4100万円(同27・5%増)、第3四半期純利益30億7200万円(同67・0%増)と増収増益だった。溶材セグメントは売上高291億5000万円(前年同期比8・1%増)、経常利益は3億900万円(同106・1%増)の増収増益。 【第154...

詳細はこちら

2015/02/10

溶解アセチレン12月、販売は3ヵ月連続減

日本産業・医療ガス協会は14年12月の溶解アセチレン生産・販売実績をまとめた。12月の生産実績は、前年同月比1・0%増の1005トン270キロとなり3ヵ月ぶりの増加となった。販売実績は同3・7%減の1059トン726キロで3ヵ月連続の減少。 【第15453号】...

詳細はこちら

2015/02/10

三誠と日立機材、「スマートブレース工法」の販売開始

三誠(東京都中央区)と日立機材(東京都江東区)は、圧縮抵抗型CFT(コンクリート充填鋼管)ブレース補強工法「スマートブレース工法」の販売を開始した。同工法は14年設立のCFT―SS補強工法開発推進研究会が開発した技術で、日立機材も同研究会に参画。販売価格は増加耐力(キロニュートン)あたり施工費込みで800円。 【第15453号】...

詳細はこちら

2015/02/10

川崎重工、27年3月期第3四半期連結決算

川崎重工業の平成27年3月期第3四半期連結決算は、売上高1兆164億4700万円(前年同期比10・3%増)、営業利益603億5700万円(同30・9%増)、経常利益647億7200万円(同67・2%増)、第3四半期純利益449億2800万円(同92・8%増)。ロボットを含む精密機械事業は売上高953億1400万円(前年同期比12・3%増)、セグメント利益79億5100万円(同10・6%増)。 【第...

詳細はこちら

2015/02/09

14年溶接材料輸入、5年連続で増加

財務省貿易統計によると、2014暦年の溶接材料(ソリッドワイヤ、FCW、被覆アーク溶接棒、非合金鋼溶接ワイヤ)輸入量は、前年比10・3%増の6万7978トンと5年連続で増加した。ソリッドワイヤは前年比7・1%増の3万9764トンで2年ぶりに増加。FCWは前年比17・9%増の2万4715トンで9年連続の増加となった。 【第15452号】...

詳細はこちら

2015/02/09

JCGA茨城県部会、全体研修会を開催

日本コミュニティーガス協会(JCGA)関東支部茨城県部会(鈴木正人会長)は2月4日、水戸市の三の丸ホテルで会員など約120人が出席するなか全体研修会を開催した。ガス事業を巡る諸情勢と題して、経済産業省担当官が簡易ガス事故の発生状況やガス事業法に基づく定期報告について解説した。 【第15452号】...

詳細はこちら

2015/02/09

世亜エサブ、全品種対象に価格改定

韓国の溶接材料メーカー、世亜エサブは3月出荷分から溶接材料全品種を対象に10%以上の価格改定を行う。同社ではこれまでコストダウンに努めてきたものの、為替変動によるコスト上昇は自助努力だけでは吸収できないと判断。安定供給の観点から価格改定に踏み切った。 【第15452号】...

詳細はこちら

2015/02/06

12月溶接材料輸入、2ヵ月ぶりに増加

財務省の貿易統計によると、2014年12月の溶接材料(ソリッドワイヤ、FCW、被覆アーク溶接棒、非合金鋼溶接ワイヤ)輸入量は、前年同期比1・2%増の5907トンで推移し、2ヵ月ぶりに増加した。1―12月累計はの6万7978トンと前年に比べ10・3%増加した。 【第15451号】...

詳細はこちら

2015/02/06

昭和電工、韓国製造拠点を増強

昭和電工は、半導体製造用特殊ガスの一つである高純度亜酸化窒素の供給能力を拡大する目的で、韓国の斗岩産業(京畿道安城市)と共同でソウル近郊の同社工場内に精製設備を建設していたが、このほど完成し3月から本格稼働を開始する。 【第15451号】...

詳細はこちら

2015/02/06

神戸製鋼、27年3月期第3四半期連結決算

神戸製鋼所の平成27年3月期第3四半期連結決算は、売上高1兆3737億5500万円(前年同期比3・7%増)、営業利益880億5400万円(同2・9%増)、経常利益777億2700万円(同15・4%増)、第3四半期純利益641億1900万円(同0・5%増)の増収増益。溶接事業部門は、売上高700億円(前年同期比9・2%増)、経常利益74億円(同54・2%増)。 【第15451号】...

詳細はこちら

2015/02/06

安川電機、27年3月期第3四半期連結決算

安川電機の平成27年3月期第3四半期連結決算は、売上高2874億4200万円(前年同期比10・7%増)、営業利益220億5400万円(同28・9%増)、経常利益238億2100万円(同29%増)、第3四半期純利益179億0600万円(同59%増)の増収増益となった。 【第15451号】...

詳細はこちら

2015/02/05

2014暦年鉄骨需要、4%減の508万トン

産報出版がまとめた2014年(暦年ベース)の鉄骨推定需要量は前年比4・5%減の508万2250トンと5年ぶりに減少した。14年の年初は560―570万?、なかには「600万?」と旺盛な見通しも聞かれたが、建設コストの上昇にともなう計画見直し、人手不足による着工遅れなどの影響を受けた。41年ぶりの400万トン台となった09年を底に継続してきた増加基調が一服した。 【第15450号】...

詳細はこちら

2015/02/05

マツモト機械、少数精鋭の研修会開く

マツモト機械(八尾市、鮎川伸悟社長)は1月21―23日、八尾第2工場で3日間コースの研修会(実技コース)を開催。マツモト産業の全国営業拠点から選抜された中堅社員7人が参加した。少数精鋭形式の研修を受けた営業マンがグループのマツモト機械の製品知識を吸収し、セールスエンジニアとしてエンドユーザーに的確な提案が行えるようレベルアップを図った。 【第15450号】...

詳細はこちら

2015/02/05

大陽日酸、27年3月期第3四半期連結決算

大陽日酸の平成27年3月期第3四半期連結決算は、売上高4066億8700万円(前年同期比6・9%増)、営業利益260億6200万円(同17・1%増)、経常利益267億4700万円(同21・2%増)、第3四半期純利益156億4200万円(同5・9%減)の増収増益。 【第15450号】...

詳細はこちら

2015/02/04

大陽日酸、LPガス事業子会社を統合

大陽日酸は、大陽日酸エネルギー関東および同中部、同中国、同九州、サーンガス四国のLPガス事業子会社5社を4月1日付で合併し、社名を大陽日酸エネルギーに変更する。新会社の社長は、大陽日酸専務LPガス事業本部長の山野佳員氏が就任する。 【第15449号】...

詳細はこちら

2015/02/04

溶接材料、14年12月の生産・出荷・輸出実績

日本溶接材料工業会がまとめた2014年12月の溶接材料生産・出荷・輸出実績によると、生産高は前年同月比2・1%増の2万2119トンと14ヵ月連続で増加。出荷高は同1・4%増の2万2795トンで推移し16ヵ月連続で増加した。輸出高は同7・8%減の3225トンで2ヵ月ぶりに減少した。 【第15449号】...

詳細はこちら

2015/02/04

モノタロウ、26年12月期連結決算

工具通販を展開するMonotaRO(モノタロウ)の平成26年12月期連結決算は、売上高449億3700万円(前期比30・0%増)、営業利益43億2300万円(同11・3%増)、経常利益43億5100万円(同11・6%増)、当期純利益25億4400万円(同11・1%増)の増収増益となった。 【第15449号】...

詳細はこちら

2015/02/03

2014年10月電気溶接機生産実績

経済産業省は2014年10月の電気溶接機生産実績をまとめた。電気溶接機の合計生産台数は9364台(前年同月比16・2%増)、同金額は33億9000万円(同22・3%増)となった。台数は2ヵ月連続、金額は11ヵ月連続の増加になった。 【第15448号】...

詳細はこちら

2015/02/02

漢泰グループ、日本法人「漢泰溶材」設立

漢泰グループ(漢泰科技、首鋭=台湾、昆山京群=中国)の日本法人、漢泰溶材の鄭伊洛社長は1月27日、都内で本紙の取材に応じ、グループ製溶接材料の今後の日本展開について「ベストの製品を輸入してベストの価格を示すことで、顧客と双方ウイン―ウインの関係を構築したい」と抱負を語った。 【第15447号】...

詳細はこちら

2015/02/02

今治造船が大型ドック新設

今治造船は1月29日、全長約400メートル・幅約59メートルの2万個積みメガコンテナ船など超大型船建造に対応するため、丸亀市土地開発公社から払い下げを受けた同社丸亀事業本部(丸亀市)隣接の埋立地約10万平方メートルに、長さ約600メートル・幅80メートルの大型新造船建造ドックを新設すると発表した。 【第15447号】...

詳細はこちら

2015/02/02

賀詞交歓会=関東ALJDネット/東日本合同開催、相互の絆深める

関東エア・リキードジャパンディー・ネット(河西哲男会長)は1月29日、東京・港区の品川プリンスホテルで東日本地区合同新年会を開催した。河西会長は「足元をしっかりと固めて会員相互の密接な情報交換と交流が必要となってくる。未(ひつじ)が来ると書いて未来、本年も明るい未来へ向けて実りある1年となることを願いたい」と挨拶。 【第15447号】...

詳細はこちら

2015/02/02

大同特殊鋼、27年3月期第3四半期連結決算

大同特殊鋼の平成27年3月期第3四半期連結決算は、売上高3612億8500万円(前年同期比7・5%増)、営業利益140億6300万円(同4・8%減)、経常利益163億4000万円(同2・2%増)、第3四半期純利益93億0100万円(同5・3%減)だった。 【第15447号】...

詳細はこちら

2015/01/30

2016JIWS、企画説明会開く

日本溶接協会、産報出版が2016年4月13―16日の4日間、大阪市住之江区のインテックス大阪で開催する「2016国際ウエルディングショー」の企画説明会が1月29日に東京、30日には大阪で開かれた。今回は「ものづくりを革新する溶接・接合技術」をテーマに掲げる。 【第15446号】...

詳細はこちら

2015/01/30

2014年鉄鋼生産概況、粗鋼2年連続の増産

日本鉄鋼連盟は、2014暦年(1―12月)の鉄鋼生産概況をまとめた。粗鋼生産は前年比0・1%増の1億1066万5000トンと、2年連続で増加。1億トンの大台を5年連続で維持した。また、13暦年に続き、1億1000万トン以上の生産量を継続した。銑鉄生産も、同0・03%増の8387万トンと3年連続で増加した。 【第15446号】...

詳細はこちら

2015/01/30

賀詞交歓会=大阪溶接協会/木村会長「国内回帰の動きに期待」

大阪溶接協会(木村俊雄会長)は1月21日、大阪市北区のANAクラウンプラザホテル大阪で2015年新年交礼会を開催した。木村会長は「円安傾向の中で海外生産にシフトした企業の中には一部、国内回帰の動きもみられ、当地区もこの先、少しずつ良くなっていくことを期待している。会員企業や中小企業が元気に活躍できるよう、当協会としても微力ながら取り組んでいきたい」と挨拶。 【第15446号】...

詳細はこちら

2015/01/30

ファナック、27年3月期第3四半期連結決算

ファナックの平成27年3月期第3四半期連結決算は、売上高5264億0600万円(前年同期比60・9%増)、営業利益2119億1000万円(同85・4%増)、経常利益2228億5100万円(同82・6%増)、第3四半期純利益1494億5300万円(同93・9%増)の大幅増収増益となった。 【第15446号】...

詳細はこちら

2015/01/29

酸素、11月の地区別生販実績

日本産業・医療ガス協会が発表した11月の地区別酸素生産・販売実績は、生産が全国合計で1億2032万2000立方メートル(前年同月比0・7%増)、販売が1億4577万1000立方メートル(同2・6%減)だった。生産は2ヵ月ぶりに増加、販売は2ヵ月連続の減少。 【第15445号】...

詳細はこちら

2015/01/29

窒素、11月の地区別生販実績

日本産業・医療ガス協会が発表した11月の地区別窒素生産・販売実績は、生産が全国合計で2億9220万3000立法メートル(前年同月比0・9%増)、販売は3億6749万3000立法メートル(同2・7%減)となった。生産は4ヵ月連続で増加、販売は2ヵ月連続で減少。 【第15445号】...

詳細はこちら

2015/01/29

アルゴン、11月の地区別生販実績

日本産業・医療ガス協会が発表した11月の地区別アルゴン生産・販売実績は、生産が1684万2000立法メートル(前年同月比8・7%増)、販売が1620万2000立法メートル(同0・9%減)だった。生産は12ヵ月連続の増加、販売は1年2ヵ月ぶりの減少。 【第15445号】...

詳細はこちら

2015/01/28

2014年溶接材料、出荷量は8%増の26万7千トン

日本溶接材料工業会がまとめた2014年(暦年ベース)の溶接材料生産・出荷実績によると、生産量は前年比10・2%増の26万6405トン、出荷量は同8・5%増の26万7020トンで推移し、それぞれ4年ぶりに増加した。主要品種のうち、ソリッドワイヤの生産は9万7917トンで前年比9・1%増、出荷は同7・4%増の9万7963トンでそれぞれ前年実績を上回った。 【第15444号】...

詳細はこちら

2015/01/27

12月の世界鉄鋼生産、粗鋼は3ヵ月連続増

世界鉄鋼協会は1月23日、2014年12月の世界粗鋼生産と銑鉄生産量(速報値)を発表。主要65ヵ国・地域の粗鋼生産量は前年同月比0・1%増の1億3371万2000トンで3ヵ月連続の増加となった。主要38ヵ国・地域の銑鉄生産量は同1・5%増の9578万1000トンと2ヵ月連続で増加。 【第15443号】...

詳細はこちら

2015/01/27

12月鉄鋼生産、粗鋼は4ヵ月連続減

日本鉄鋼連盟は1月22日、2014年12月の鉄鋼生産概況をまとめた。粗鋼生産量は前年同月比3・7%減の899万9000トンで4ヵ月連続の減少。前月比では1・9%減。8ヵ月ぶりに900万トンを割り込んだ。銑鉄生産量は、前年同月比1・3%減の694万4000トンで5ヵ月ぶりに減少。熱間圧延鋼材の生産量は同4・0%減の781万9000トンと2ヵ月連続で減少した。 【第15443号】...

詳細はこちら

2015/01/27

賀詞交歓会=東京・北関東パナソニック若松会/心新たに製品拡販に邁進

東京パナソニック若松会(会長=関野雅隆東京山川産業東京営業所長)と北関東パナソニック若松会(会長=大淵勝弘日東工機北関東支店係長)合同の新春例会が1月23日、東京・千代田区の如水会館で開催され、会員ら約100人が参加した。大淵会長は「私たちはパナソニックを核とした仲間であり、また同志である。今年も心新たに、パナソニック製品の拡販に邁進しよう」と挨拶。 【第15443号】...

詳細はこちら

2015/01/27

ネクスト・ワン、感謝の集い開く

ネクスト・ワン(加古川市、宇田川?社長)は1月23日、神戸市中央区のホテルオークラ神戸で2014年度年間キャンペーン感謝の集いを開催した。同キャンペーンには90社がエントリーし、34社がネクスト・ワンからの「お願い金額(目標)」を達成。総販売額の上位10社とともに表彰され、4月にはハワイ旅行に招待される。 【第15443号】...

詳細はこちら

2015/01/26

ISMA、新構造材料研究開発の成果報告会開く

新構造材料技術研究組合(ISMA)は1月20日、東京・千代田区のイイノホールで革新的新構造材料等研究開発の成果を報告した。接合技術の成果報告で平田好則大阪大学教授は「近年、新材料などの開発が進められており、接合技術の分野においても低コストや生産性向上につながる技術の開発が重要になる」と発表した。 【第15442号】...

詳細はこちら

2015/01/26

賀詞交歓会=JSCA/金箱会長「構造設計の魅力伝える」

日本建築構造技術者協会(JSCA、金箱温春会長)は1月20日、都内のホテルに約300人を集め新年賀詞交歓会を開催。金箱会長は昨年6月の非構造部材の安全性確保に向けた提言にふれ「意匠・設備・構造設計者の役割の明文化などさらに目に見える形で進展を図る」と挨拶。「若い世代にも構造設計の魅力を伝えていくなど、次世代の育成にも積極的に取り組みたい」と抱負を述べた。 【第15442号】...

詳細はこちら

2015/01/26

賀詞交歓会=都高圧ガス溶材協組/鈴木理事長「保安への取り組みを発信」

東京都高圧ガス溶材協同組合は1月22日、東京・港区のアジュール竹芝で組合員など150人が参集するなか新年賀詞交歓会を開催した。鈴木慶彦理事長は「会員もここ2―3年で着実に増えてきた。我々の活動は高圧ガスの事業を行ううえで非常に意義あるものと自負している。本年も組合員一丸となって組合の活動内容や役割を積極的に外部に発信していきたい」と述べた。 【第15442号】...

詳細はこちら

2015/01/26

大阪府高圧ガス安全協会、アラカルト講習会に56人受講

大阪府高圧ガス安全協会は1月22日、大阪市北区の天六・マロニエホールで「高圧ガス安全アラカルト講習会」を開催。3時間にわたる講習を56人が受講した。講師を務めた下村労働衛生コンサルタント事務所SA安全防災研究所の下村宏所長は、1988年に大阪府高圧ガス保安担当課を中心に作成されたテキスト「高圧ガス安全アラカルト」をベースに解説。 【第15442号】...

詳細はこちら

2015/01/23

新日鉄住金など、高圧水素用ステンレス鋼開発

新日鉄住金と日鉄住金ステンレス鋼管は1月20日、高圧水素用ステンレス鋼を開発し、製造・販売を開始したと発表した。すでに商用水素ステーションの高圧水素環境下の配管や継手、バルブなどに採用されている。2月25日から東京ビッグサイトで開催される第11回国際水素・燃料電池展に初めて同品を出展する。 【第15441号】...

詳細はこちら

2015/01/23

賀詞交歓会=JIMGA・関東地本/小池本部長「発展と飛躍の年に」

日本産業・医療ガス協会(JIMGA)関東地域本部は1月21日、東京・港区のJALシティ田町・東京で会員ら約200人が参集するなか新年賀詞交歓会を開催した。小池和夫代表地域本部長は「全都道府県と地域防災協定を締結し、有事の際の迅速な対応に努めたい。また、全産業が上向くような経済政策を打ち出し、本年も大きな発展と飛躍の年としたい」と述べた。 【第15441号】...

詳細はこちら

2015/01/23

賀詞交歓会=静岡県高圧ガス溶材組合/望月理事長「保安確保に全力」

静岡県高圧ガス溶材組合(理事長=望月常樹富士酸素工業社長)は1月21日、静岡市葵区のグランディエールに約140人を集め2015年新春賀詞交歓会を開催した。望月理事長は「保安は命綱。干支の未は群れになりたがる習性も持つが、我々も群れをなして一致団結し、保安の確保に全力で取り組んでいこう」と呼びかけた。 【第15441号】...

詳細はこちら

2015/01/23

デジタル、無線ホイストシステムの受注開始

デジタル(大阪市中央区、安村義彦社長)は、搬送や荷役の用途に無線通信で操作可能なホイストシステム「ハーモニーエクセルホイスト」の受注を1月13日から開始した。ハーモニーエクセルホイストは、産業現場や建設現場での搬送などの際にワイヤロープを用いて荷を上げ下げする装置(ホイスト)に対して無線通信でのコントロールに対応した無線ホイストシステム。 【第15441号】...

詳細はこちら

2015/01/22

14年全国倒産件数、8年ぶりの1万件割れ=帝国DB

帝国データバンクが発表した2014年の倒産件数は、9180件となり、13年の1万0332件に比べて11・1%減少し、8年ぶりの1万件割れとなった。この減少率11・1%については、2000年以降では中小企業金融円滑化法が効果を発揮しはじめた10年(12・4%減)に次ぐ水準である。 【第15440号】...

詳細はこちら

2015/01/22

賀詞交歓会=大陽日酸・関西/宮?会長「心新たにさらなる成長を」

大陽日酸メジャークラブと大阪NT会、大陽日酸ガス&ウェルディングの販売店組織「近畿・春夏冬(あきない)会」合同の賀詞交歓会が1月13日、大阪市北区のリーガロイヤルホテルで行われた。関西パートナー会の宮?順平会長は「関西では次世代エネルギーや創薬、医療、中小企業の海外展開支援などが行われている。新年を迎え、心も新たにさらなる成長をみる所存」と挨拶。 【第15440号】...

詳細はこちら

2015/01/22

大陽日酸、北米で大型オンサイト案件を受注

大陽日酸は1月20日、米国100%子会社マチソン・トライガス(MTG)を通じ、南アフリカのエネルギー大手、サソールの子会社サソール・ケミカルズが米ルイジアナ州に建設する大型エタンクラッカープロジェクトに産業ガスをオンサイトで供給する契約を締結したと発表した。サソール・ケミカルズは、総投資額81億ドル(約9600億円)で2018年に商業生産開始のプロジェクトを計画。 【第15440号】...

詳細はこちら

2015/01/21

豊田通商と日本AL、水素ステーション竣工式開く

豊田通商(名古屋市中村区、加留部淳社長)と日本エア・リキード(東京・港区、矢原史朗社長)は、名古屋市熱田区と豊田市の2ヵ所で建設を進めていた水素ステーション(圧縮水素オフサイト方式=日本エア・リキードが設計・設置を担当)がこのほど完工し、1月19日に竣工式を行った。2月から営業開始予定。 【第15439号】...

詳細はこちら

2015/01/21

溶解アセチレン、11月地区別生販実績

日本産業・医療ガス協会(JIMGA)は2014年11月の溶解アセチレン生産・販売実績をまとめた。生産は全国合計で前年同月比12・6%減の902トン889キロとなり2ヵ月連続での減少、前月比では8・4%減と3ヵ月連続で減少した。販売は全国合計が954トン585キロで前年同月比13・2%減となり2ヵ月連続の減少となった。また、前月比では5・5%減で3ヵ月ぶりの減少となった。 【第15439号】...

詳細はこちら

2015/01/21

賀詞交歓会=サイサン/川本社長「創業70周年の節目」

サイサン(川本武彦社長)は1月17日、さいたま市大宮区のパレスホテル大宮で新春賀詞交歓会を開催した。川本社長は「当社は今年10月、創業70周年の節目を迎える。変わるリスクより、変わらないリスクを恐れるようにしたい。そして来るべき創業100周年には総合エネルギー企業のリーディングカンパニーへと成長できるよう、新たなステップの年にしたい」などと新年の抱負を述べた。 【第15439号】...

詳細はこちら

2015/01/21

大同興業、「ユニオート200HG」新発売記念セール実施中

大同興業(大阪市西区、寺田周一社長)は、炭酸ガス(パルス)マグ(パルス)ミグ溶接および(パルス)ブレージングが1台で行える半自動溶接機「ユニオート200HG」の普及に向け、4月末日まで新発売記念セールを実施している。 【第15439号】...

詳細はこちら

2015/01/20

賀詞交歓会=近畿パナソニック松溶会/日向会長「二桁成長目指す」

近畿パナソニック松溶会(日向喜久弥会長)は1月9日、大阪市内の新大阪ワシントンホテルプラザで2015年新春賀詞交歓会を開催した。日向会長は「どんな時代であろうとも『二桁成長』を目指して取り組まなければならない。今年も自らを鍛えるとともに、各位の協力のもと松溶会および若松会を強い販売組織にしていきたい」と挨拶した。 【第15438号】...

詳細はこちら

2015/01/20

賀詞交歓会=大陽日酸メジャークラブ/市原社長「安定供給をブラッシュアップ」

大陽日酸グループは1月14日、東京・千代田区にあるホテルニューオータニで大陽日酸メジャークラブ、NT会との共催で新春合同賀詞交歓会(関東)を開催した。市原裕史郎社長は「我々のブランドイメージは、安全、安心、安定の3つに集約できる。顧客に安全に安心して提供できること。そして安定供給はガス会社の宿命であり今後、更にブラッシュアップをさせていかなければならない」と挨拶。 【第15438号】...

詳細はこちら

2015/01/20

賀詞交歓会=全構協/米森会長「15年は教育元年」

全国鉄構工業協会(米森昭夫会長)は1月16日、東京・中央区の鉄鋼会館に約200人を集め、2015年新年賀詞交歓会を開催した。米森会長は15年を「教育元年」に位置付け、「技術者・技能者不足をいまのうちに補いたい。今年1年、講習会など教育事業に取り組み、次世代に継承できる組織づくりに努める」と抱負を述べた。 【第15438号】...

詳細はこちら

2015/01/19

賀詞交歓会=日鍛工/八木会長「ワールドブランドの確立目指す」

日本鍛圧機械工業会(八木隆代表理事会長)は1月9日、東京・港区の芝パークホテルで会員、業界関係者ら約250人を集め「2015年新年賀詞交歓会」を盛大に開催した。八木会長は、2014年暦年の鍛圧機械受注額について「最終的には3100億円を上回る見込みである」と指摘。15年の受注額は3150億円に達するとの見解を示した。 【第15437号】...

詳細はこちら

2015/01/19

賀詞交歓会=JIMGA/間会長「保安への気持ち新たに」

日本産業・医療ガス協会(JIMGA、間邦司会長)は14日、東京・千代田区の東京會館に約430人を集め、2015年賀詞交歓会を開催した。間会長は「当協会の最大のテーマである保安への取り組みは忘れてはならない。安全、安心があって初めて当協会の存在価値がある」と述べた。 【第15437号】...

詳細はこちら

2015/01/19

賀詞交歓会=神奈川県流保協/河西会長「有益な協会に」

神奈川県高圧ガス流通保安協会(河西哲男会長)は1月14日、横浜市中区のローズホテル横浜で新春賀詞交歓会を開催した。河西会長は積極的な情報交換・交流によって、会員各位から忌憚のない意見を得て、有益な協会にしていきたい」と抱負を述べた。 【第15437号】...

詳細はこちら

2015/01/16

JFEスチールなど、炭素定量分析装置を開発

新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)と新構造材料技術研究組合(ISMA)、JFEスチールは1月14日、鉄鋼材料に含まれる炭素の含有量を世界最高精度の0・01%レベルまで定量的に分析できる装置を開発したと発表した。従来装置に改良を加え、分析精度を10倍高めることに成功。自動車用高強度薄鋼板開発の迅速化を図るとともに、さらなる分析精度の向上を目指す。 【第15436号】...

詳細はこちら

2015/01/16

賀詞交歓会=溶接材料工業会/木村会長「志を目標通りに」

日本溶接材料工業会(木村寛会長)は1月9日、東京・千代田区の東海大学校友会館に約120人を集め、2015年新年賀詞交歓会を開催した。木村会長は年頭に当たり、「工業会の志が目標どおりに進むよう、今年も会員各位とともに当会の運営に努めていく」と抱負を述べた。 【第15436号】...

詳細はこちら

2015/01/16

賀詞交歓会=JSSC/藤野会長「設立50周年の節目」

日本鋼構造協会(JSSC、藤野陽三会長)は1月9日、東京・千代田区のLEVELXX?(レベル21)東京會舘で新年交礼会を開催した。藤野会長は「2015年は、協会設立50周年の節目にあたり、新たな思いで鋼構造の更なる普及と発展を目指す年。50周年記念事業では協会本来の姿である土木や建築をはじめ鋼構造分野の将来性や方向性を示すイベントを企画している」と挨拶。 【第15436号】...

詳細はこちら

2015/01/16

賀詞交歓会=鉄筋継手協/出雲会長「法人設立50周年、飛躍の年に」

日本鉄筋継手協会(出雲淳一会長)は1月9日、東京・千代田区のホテルルポール麹町に約200人を集め、2015年新年賀詞交歓会を開催した。出雲会長は今年、同協会が法人設立50周年を迎えることにふれ「5月27日、定時総会とあわせて記念式典を開催する。50年を節目に新たな協会を目指し、更なる50年に向けた飛躍の年にしたい」と述べた。 【15436号】...

詳細はこちら

2015/01/15

賀詞交歓会=ロボット関連3団体/年産7000億円目指す

ロボット関連3団体(日本ロボット工業会、製造科学技術センター、マイクロマシンセンター)の新年賀詞交歓会が1月8日、東京・港区の東京プリンスホテルで開催された。ロボット工業会の津田純嗣会長は「今年のロボット生産額は、期待を込めて7000億円を目指したい。各産業界への市場拡大に向けた取り組など3つの重点事業を掲げ明るい年にしていきたい」と述べた。 【第15435号】...

詳細はこちら

2015/01/15

賀詞交歓会=日本橋梁建設協会/藤井会長「鋼橋の魅力を積極提案」

日本橋梁建設協会(藤井久司会長)は1月8日、東京・千代田区の都市センターホテルに約350人を集め、2015年新年交礼会を開催した。藤井会長は、「多様な発注方法が模索、試行されるなか、将来を踏まえ、技術力を伸ばす仕組みづくりが重要」との認識を示し、「今年は100周年に向けたスタートの年。鋼橋発展元年となるよう協会を挙げて頑張っていきたい」と述べた。 【第15435号】...

詳細はこちら

2015/01/15

賀詞交換会=新潟県高圧ガス溶材商業会/全溶連大会への協力要請

新潟県高圧ガス溶材商業会(田村圭会長=マルサン社長)は1月8日、新潟市のホテルオークラ新潟で「新年賀詞交歓会」を開催した。田村会長は6月に同会場で開催される全溶連大会にふれ「新潟での全溶連大会開催は97年以来、18年ぶりとなる。運営面でのご協力と併せ、ぜひとも多数の参加をお願いしたい」と述べた。 【第15435】...

詳細はこちら

2015/01/14

賀詞交歓会=日鐵住金溶接工業・東京溶朋会/営業力強化に重点

日鐵住金溶接工業(木村寛社長)と東京溶朋会(石山隆生会長)は1月7日、東京・千代田区のKKRホテル東京に約200人を集め2015年新春賀詞交歓会を開催した。木村社長は中長期的な視点での戦略、計画として「製品・技術開発」「設備の効率化と人材育成」「営業力の向上」を活動の柱に挙げ、特に溶朋会との協調を通じた営業力の強化に重点を置く考えを示した。 【第15434号】...

詳細はこちら

2015/01/14

賀詞交歓会=東邦アセチレン/60周年機に未来志向

東邦アセチレン(藤井恒嗣社長)は1月7日、仙台市青葉区の江陽グランドホテルで新春賀詞交歓会を開催した。当日は関係者約330人が出席し、新年の門出を祝った。藤井社長は「今年3月には創業60周年を迎える。未来に向かい大きな希望を持ち、全社員が心新たにスタートを切りたい」と挨拶した。 【第15434号】...

詳細はこちら

2015/01/14

賀詞交歓会=兵庫県高圧ガス協組/存在意義示す

兵庫県高圧ガス協同組合(大岡久晃理事長)は1月7日、神戸市中央区のANAクラウンプラザホテル神戸で新春賀詞交歓会を開催した。大岡理事長は「これまで保安チェックができる『セーフティレポート』を顧客に配布することができた。こうした形で組合の存在意義を感じてもらいながら活動していきたい」と述べた。 【第15434号】...

詳細はこちら

2015/01/13

賀詞交歓会=近畿高圧ガス2団体/保安対策を充実

日本産業・医療ガス協会(JIMGA)近畿地域本部と大阪高圧ガス熔材協同組合は1月6日、大阪市中央区のスイスホテル南海大阪で2015年新年交礼会を開催、366人が出席した。神?昌久近畿地域本部長は、「高圧ガス関連事故は2年連続で減少しているので、この流れを止めないようにしたい。高圧ガス容器の保安対策などを充実し、事故撲滅に取り組んでいく」と挨拶した。 【第15433号】...

詳細はこちら

2015/01/13

賀詞交歓会=九州高圧ガス3団体/保安啓蒙・助言を徹底

日本産業・医療ガス協会(JIMGA)九州地域本部(栗下敏一地域本部長)と九州高圧ガス容器管理委員会(中村英己会長)、九州高圧ガス流通保安連合会(井上賢司会長)の3団体は1月6日、福岡市博多区の博多都ホテルに約320人を集め賀詞交歓会を開催した。栗下地域本部長は「本年も引き続き商品特性の周知や保安活動の啓蒙と助言を徹底していく必要がある」と述べた。 【第15433号】...

詳細はこちら

2015/01/13

賀詞交歓会=大機協/アゲインストの風止む

大阪機械器具卸商協同組合(大機協、前西孝夫理事長)の新年賀詞交歓会が1月6日、大阪市港区のホテル大阪ベイタワーで行われた。前西理事長は「経済状態は万全ではないが、少なくともアゲインストの風は止んだのではないか。これから1年、いくつか問題が出てくると思うが、向かい風なしに過ごしたい」と所感を述べた。 【第15433号】...

詳細はこちら

2015/01/13

賀詞交歓会=東機工/新しい商形態への対応が課題

東京都機械工具商業協同組合(東機工、斎藤保男理事長)は1月7日、東京・中央区のロイヤルパークホテルで組合員、賛助会員ら590人を集めて2015年新年賀詞交歓会」を開催した。斎藤理事長は業界はまさにこれからが正念場。今後もユーザーに必要とされる企業を目指し、自社のビジネスモデルを再度、見直すことが肝要と思われる」と業界のあり方について提言した。 【第15433号】...

詳細はこちら

2015/01/09

賀詞交歓会=関西神溶会/営業サービスのプロ集団に

関西神溶会は1月5日、大阪市内のヒルトンホテル大阪で2015年賀詞交歓会を開催、約210人が参集し新年を祝った。神戸製鋼所の粕谷強専務溶接事業部門長は「日本企業が世界から高く評価されている点は高い品質ときめ細かいサービス力。神溶会についても人材育成と知識の向上を図ることで、営業サービス力を磨き、営業サービスのプロ集団を目指していただきたい」と挨拶。 【第15432号】...

詳細はこちら

2015/01/09

賀詞交歓会=大阪山善・メーカー合同/女性活用へ環境整備

2015大阪山善・メーカー合同賀詞交歓会が1月5日、大阪市中央区のホテル日航大阪で開催され、388社・800人が出席した。山善の中田繞社長は、「昨年は生産材が好調に推移した。当業界では女性の活用が遅れているので環境整備も進めていきたい」と述べた後、今年のスローガン「私たちは大きな夢を実現し、組織力と現場力をさらに充実させ、明るい未来に翔こう」を発表。 【第15432号】...

詳細はこちら

2015/01/09

賀詞交歓会=東高連/災害時のあり方を再考

東海高圧ガス溶材組合連合会(山内二郎会長)は1月6日、名古屋市中区のキャッスルプラザで新春賀詞交歓会を開催した。山内会長は、多発する自然災害にふれ「高圧ガスを扱うものとして、もう一度改めて災害時の在り方を考え直す必要がある」と災害対応の重要性を指摘。高止まりが続く高圧ガス事故については、「関係各位と協力して事故を減らしていきたい」と述べた。 【第15432号】...

詳細はこちら

2015/01/09

賀詞交歓会=鉄骨建設業協会/川田会長「高品質、強靱な鉄骨製作」

鉄骨建設業協会(川田忠裕会長)は1月6日、東京・千代田区の東海大学校友会館に約400人を集め新年賀詞交歓会を開催した。川田会長は「会員会社はいま繁忙期にある。秋口から20年東京五輪に向け忙しい状況を見込む。業界のリーダー企業として高品質、強靭な鉄骨製作を通じ、安全・安心を提供していくため、協会運営に努力していく」と抱負を述べた。 【第15432号】...

詳細はこちら

2015/01/08

11月溶接材料輸入、6ヵ月ぶりに減少

財務省の貿易統計によると、2014年11月の溶接材料(ソリッドワイヤ、FCW、被覆アーク溶接棒、非合金鋼溶接ワイヤ)輸入量は、前年同月比2・3%減の5348トンで推移し、6ヵ月ぶりに減少へ転じた。1―11月累計は前年同期比11・2%増の6万2072トンで推移する。 【第15431号】...

詳細はこちら

2015/01/08

溶接界新春賀詞交歓会、国際・情報化をさらに前進

2015年溶接界新春賀詞交歓会が1月6日、東京・港区の東京プリンスホテルで開かれ、産学官約750人の溶接関係者が一堂に会した。日本溶接協会の宮田隆司会長は重点を置く国際化と情報化について「今年は次のステージへ展開する時機ととらえ、基盤事業とどう結びつけるかが課題」と挨拶。産報出版の久木田裕社長は「新たな製造技術情報の発信に努める」と所信を述べた。 【第15431号】...

詳細はこちら

2015/01/08

賀詞交歓会=関東神溶会/粕谷神鋼専務「建築・造船堅調で需要増」

神戸製鋼所溶接事業部門は1月5日、東京・港区のグランドプリンスホテル高輪に約320人を集め2015年関東神溶会賀詞交歓会を開催した。粕谷強専務溶接事業部門長は15年の溶接材料需要について、世界的には中国の成長鈍化や欧州のデフレなど「不安定要素の多い一年」と指摘。国内は「建築が引き続き堅調で造船の回復も進み、14年を上回る水準が見込まれる」と語った。 【第15431号】...

詳細はこちら

2015/01/08

賀詞交歓会=ダイヘン(大阪)/田尻社長「製品開発に挑戦」

ダイヘン(田尻哲也社長)は1月5日、大阪市北区のANAクラウンプラザホテル大阪で2015年新年互礼会を開催した。田尻社長は、「当社上半期の業績は前年同期実績を上回ることができ、通期売上高1200億円も見えてきた。顧客にヒットする製品・サービスを提案していけば需要も自ずと広がってくる」と話した。 【第15431号】...

詳細はこちら

2015/01/07

展望「産業ガス」、東京五輪・東北復興事業を反映

2014年の産業ガスの国内出荷量は、前年をやや上回った。微増ではあったが、13年のエアセパレートガス3種(酸素、窒素、アルゴンガス)が軒並み前年同期を下回る結果であったため、これで底を打ってもらいたいと願う関係者も多い。 【第15430号】...

詳細はこちら

2015/01/07

酸素、10月の地区別生販実績

日本産業・医療ガス協会が発表した2014年10月の地区別酸素生産・販売実績は、生産が全国合計で1億2156万7000立方メートル(前年同月比0・2%減)、販売が全国合計で1億4822万7000立方メートル(同2・7%減)だった。生産は2ヵ月ぶりの減少となり、販売は3ヵ月ぶりの減少。 【第15430号】...

詳細はこちら

2015/01/07

窒素、10月の地区別生販実績

日本産業・医療ガス協会が発表した2014年10月の地区別窒素生産・販売実績は、生産が全国合計で2億9461万8000立方メートル(前年同月比1・8%増)、販売が3億8900万5000立方メートル(同1・0%減)だった。生産は3ヵ月連続で増加、販売は2ヵ月ぶりの減少に転じた。 【第15430号】...

詳細はこちら

2015/01/07

アルゴン、10月の地区別生販実績

日本産業・医療ガス協会が発表した2014年10月の地区別アルゴン生産・販売実績は、生産が全国合計で1661万5000立方メートル(前年同月比0・9%増)、販売は1756万3000立方メートル(同8・2%増)となった。生産は11ヵ月連続、販売については13ヵ月連続で増加を示した。 【第15430号】...

詳細はこちら

2015/01/06

展望「切断機」、期待高まるフェムト秒レーザの普及

政権続投による景気回復に期待がかかる中、製造業に欠かすことのできない切断業界の回復にも大きな期待が寄せられる。中でも今年は、技術革新が著しいフェムト秒レーザが大きな注目を集めそうだ。 【第15429号】...

詳細はこちら

2015/01/06

14年9月電気溶接機生産、金額は10ヵ月連続増

経済産業省は2014年9月の電気溶接機生産実績をまとめた。電気溶接機の合計生産台数は1万0283台(前年同月比16・1%増)、同金額は39億9800万円(同34・3%増)。前月減少に転じた台数は増加に回復、金額は10ヵ月連続の増加。 【第15429号】...

詳細はこちら

2015/01/05

展望「溶接機」上昇基調を維持/「ロボット」輸出が好調

溶接機市場は2014年からの勢いがそのまま持続されると予想される。人手不足・作業者不足問題が特に顕著で大きくクローズアップされている造船・建築鉄骨分野ではその対応策の一つとして自動化・ロボット化がさらに進展すると考えられる。溶接ロボット市場も14年に続いてまずまず堅調に推移する見通し。 【第15428号】...

詳細はこちら

2015/01/02

展望「溶接材料」、14年度内需見通しは2%増

2014年度上期(4―9月)の国内溶接材料総需要は7・7%増加の15万3千トン、年度合計では30万7千トンと前年度に比べ約2%増加する見通しだ。15年は国内の建築向けや造船向けの堅調な需要が見込まれる半面、海外では中国、東南アジアでの景気減速の長期化が懸念要因となる。 【第15427号】...

詳細はこちら

2015/01/02

11月の世界鉄鋼生産、粗鋼生産2ヵ月連続の増加

世界鉄鋼協会は12月22日、2014年11月分の世界粗鋼生産と銑鉄生産量(速報値)についてまとめた。主要65ヵ国・地域の粗鋼生産量は前年同月比0・1%増の1億3052万5000トンで2ヵ月連続の増加。主要38ヵ国・地域の銑鉄生産量は同0・8%増の9141万6000トンと2ヵ月ぶりに増加へ転じた。 【第15427号】...

詳細はこちら

2015/01/02

不二越、小型ロボットを世界同時発売

不二越は12月25日、世界最速・軽量コンパクトロボット「MZ04」と低出力ロボット「MZ04E」を世界同時発売した。ロボットアームの軽量化と最新の制御技術により、クラストップの動作速度を実現。サイクルタイムを短縮し、幅広い用途で生産性を改善する。手首には中空構造を採用し、ケーブル類の収納が可能であり、周辺装置との干渉リスクを大幅に低減する。初年度販売目標は2000台。 【第15427号】...

詳細はこちら

バックナンバー

お勧めの書籍