産業特信

一覧ページ

2018/04/18

安川電機、売上高、利益とも過去最高を更新

安川電機は4月12日、平成30年2月期連結決算を発表した。決算期を3月期から2月期に変更したことによる変則決算。当期は売上高4485億2300万円、営業利益541億2600万円、経常利益553億円、純利益397億4900万円だった。前年同期比では、売上高17・6%増、営業利益87・9%増、経常利益82・4%増、純利益104・7%増となり、売上高および利益は年度業績として過去最高を更新した。ロボット...

詳細はこちら

2018/04/17

大陽日酸・阪大など、ベトナムに溶接研修センター

大陽日酸とベトナムジャパンガス、ハノイ工科大学機械工学部溶接学科、大阪大学接合科学研究所は、2019年春にも産学連携による溶接の研修センターをハノイ工科大学内に設立する計画だ。  ハノイ工科大学は、ベトナムで最高峰の工学系大学として優秀な人材を多数輩出し、大阪大学接合科学研究所とも密接な関係にある。また、二国間ワークショップの開催など相互交流も盛んに行われている。ベトナムの教育機関と日本企業、日本...

詳細はこちら

2018/04/16

2017年度輸出船受注量、107%増の996万総トン

日本船舶輸出組合が4月12日発表した2017年度の輸出船契約実績は、前年度に比べ、隻数は121・1%増の210隻、受注量は107・9%増の996万総トンで推移した。  3月の一般鋼船の契約は、32隻、150万総トンだった。船種別内訳は、貨物船がコンテナ船2隻、自動車運搬船1隻、ばら積船がハンディ型10隻、ハンディマックス型5隻、パナマックス型12隻、ポストパナマックス型2隻となっている。2017年...

詳細はこちら

2018/04/13

独自の溶接工法で建設工期を短縮

◇IHIと鹿島、日立LNG基地向け ◇地上式LNGタンク1基の増設工事に着工  IHIと鹿島建設による共同企業体は4月1日、東京ガスエンジニアリングソリューションズ(東京・港区)から設計・調達・建設業務を請け負っている、日立LNG基地向けの地上式LNGタンク(貯蔵容量23万キロリットル)1基の増設工事に本格着手した。同工事の施工にあたっては、地上式LNGタンクの建設工法としてIHIが独自に開発した...

詳細はこちら

バックナンバー

お勧めの書籍