お知らせ

・ドイツエッセン溶接フェア2017(9月25日- 29日)、ジャパン・ブース出展社募集中!!

ドイツエッセン溶接フェア2017(会期9月25日- 29日)、は、4年に一度開催される溶接工学のオリンピックで50年の歴史を有する世界最高峰のイベントです。前回2013年では、来場者は54,497名(海外来場者26,159名)、出展者数1,011社(40ヶ国)を数えております。

今回のドイツエッセン溶接フェアでは会場内に「ジャパン・ブース」を開設、100平方メートルの広さをキープし、我が国を代表する企業の製品、技術、サービスから技術提携や海外企業との販売提携などの視野も入れ、「日本の溶接技術の現在」をドイツの溶接関係者はもとより、世界の溶接関係者に広くアピールできる場とします。今回の「ジャパン・ブース」の開設にあたり、産報出版が国内総代理店として、日本企業の出展募集活動に当たり、出展に伴う各種サービスを支援致します。

特に「ジャパン・ブース」は日本企業の存在を強烈にアピールするため、共通のレイアウトを施し、総合受付も付設いたします。このため、単独で出展する場合より、よりいっそうの効果が期待されます。


●ジャパン・ブースとしてスペース(100平方メートル〔予定〕)を確保するため、来場者が容易に認知できる。
―単独出展に比較し、会場に埋没せずに、存在感をアピールできる.
●初めて海外展示会に参加する方でも安心して参加できる
―出展申込み、ブース設営、会期中のマーケティング活動支援までトータルサービスがパッケージ化されている。
●単独出展に比較し、最低限の費用や労力で参加できる。
―費用や労力が大幅に削減でき、マーケティングやセールス活動の準備に専念できる。
●産報出版刊行の週刊「溶接ニュース」、月刊誌「溶接技術」、「検査機器ニュース」、英文季刊誌「Welding Promenade」で展示会前、展示会後でレビューを予定、日本国内外でもPRできる。
―参加企業の動向は常に紙面でレポート、媒体での露出頻度が高まる。

出展ご希望のご会社は、出展案内、申込書を下記PDFよりダウンロードし、各項目をご記入の上
ドイツエッセン溶接フェア2017「ジャパン・ブース」事務局までファックス又はご郵送にて
お申込み下さい。

・ドイツエッセン溶接フェア2017出展案内
・申込書

お勧めの書籍