検査機器ニュース

2018年の記事一覧

2018/04/05

国交省、インフラ向け技術の検証結果公表

国土交通省は3月29日、17年度までに同省が現場検証を行った「道路トンネル点検記録作成支援ロボット技術」、「コンクリート構造物のうき・剥離を検出可能な非破壊検査技術」について、評価結果を公表した。同省が2014年に設置した「次世代社会インフラ用ロボット現場検証委員会」の取り組みによるもの。 【第1375号】...

詳細はこちら

2018/04/05

JSNDI、17年度諮問委員会を開催

日本非破壊検査協会(JSNDI)は3月27日、都内の本部会議室で「2017年度第1回諮問委員会」を開催した。委員会では、各委員会報告を実施。また、米国非破壊試験協会(ASNT)のACCP資格について、昨秋ASNTと基本協定調印を行い、細部の調整作業を行っていることを報告した。 【第1375号】...

詳細はこちら

2018/04/05

FSW講習会でNDT学ぶ=軽金属溶接協会

軽金属溶接協会は3月8・9日の両日、富山県高岡市の県工業技術センター中央研究所で、「FSW(摩擦攪拌接合)技術および実技講習会」を初開催。当日は、実機を使用した実技実習のほか、接合部の評価に用いられるRT・UTの実習も行った。 【第1375号】...

詳細はこちら

2018/04/05

JANDT、17年度第4回開発委員会を開催

日本非破壊検査工業会(JANDT)は3月28日、本部会議室で2017年度第4回開発委員会を開催。同年度に発足した「危険物施設の長期使用に係る調査検討会」に関する報告が行われた。消防庁が立ち上げた同検討会には、関連団体の一つとしてJANDTが参加している。 【第1375号】...

詳細はこちら

2018/03/20

インフラの安全・安心へ、新団体発足

社会基盤(建築・土木)の安全・安心を確保するための新たな団体が発足する。団体名は「一般社団法人日本社会基盤安全技術振興協会(あんしん協、JSISTA)」。都内に事務所を置き、3月中に登記を完了し4月1日以降、事業を開始する。代表理事にはアミックの長岡康之氏が就く見通し。 【第1374号】...

詳細はこちら

2018/03/20

ドローン活用へ最新成果報告=NEDO・ロボットシンポ

新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)は3月9日、東京・千代田区のホテルメトロポリタンエドモントで、「物流・インフラ点検・災害対応ロボットシンポジウムin東京」を開催。パネルディスカッションでは、「橋梁点検のための無人航空機性能評価手法」をテーマに、現在までの成果や今後の課題について意見交換を行った。 【第1374号】...

詳細はこちら

2018/03/20

〈インタビュー〉新日本非破壊検査・長島麻衣さん

高所への昇り降りや装置の運搬など、体力勝負なイメージの強いNDT技術者の仕事。しかし、女性技術者の増加とともに、そうした従来からのイメージにも徐々に変化が生まれている。UT・PTレベル3資格を有する新日本非破壊検査関東支社(市原市)の長島麻衣さんが、女性技術者ならではの「強み」などを語ってくれた。 【第1374号】...

詳細はこちら

2018/03/20

新需要への製品集結=スマートエネルギーWeek

2月28―3月2日までの3日間、東京ビッグサイトで、次世代火力発電EXPOをはじめとする8展示会で構成する「スマートエネルギーWeek」が開催された。会場では、発電施設や2次電池などの分野に用いられるNDT製品が多数出展。各社が、増加するエネルギー需要に対応した自社技術をピーアールした。 【第1374号】...

詳細はこちら

2018/03/05

インフラ調査士・付帯施設を民間資格登録=国交省

国土交通省は2月27日付で、技術者資格登録簿に40の民間資格を新たに登録した。NDT界では、日本非破壊検査工業会(JANDT)が申請していた「インフラ調査士」付帯施設が、新たに舗装、小規模付属物施設の点検技術者資格として登録された。 【第1373号】...

詳細はこちら

2018/03/05

再エネ主力電源化、海外事例など学ぶ=経産省

NDTの主要な需要先である電力分野の政策について、再生可能エネルギーを主力電源とする海外諸国の事例から、取り組み方法などを学ぼうとする動きが進んでいる。経済産業省は2月19日、東京・千代田区の同省で「第6回エネルギー情勢懇談会」を開催。国内外から有識者を招き、エネルギー政策に関する意見交換を行った。 【第1373号】 ...

詳細はこちら

2018/03/05

〈インタビュー〉 東京理学検査・篠田幸二氏

東京理学検査・検査診断技術部構造物検査グループの篠田幸二課長代理(44)は、1997年の同社入社後、現在までにRT・UT・PT・ETの各レベル3資格を取得。2016年には、国家資格である技術士資格を取得するなど、継続的にスキルアップを続ける。同資格取得に至る経緯や、その後の変化などをきいた。 【第1373号】...

詳細はこちら

2018/03/05

航空産業向けにPT講習=兵庫県

兵庫県は、航空機産業における非破壊検査員を養成するため「兵庫県航空産業非破壊検査トレーニングセンター」を昨年12月にオープン。県立工業技術センター(神戸市須磨区)に専用スペースを設けて講習を行っている。2月5―15日には、PT講習を実施した。 【第1373号】...

詳細はこちら

2018/02/20

老朽インフラ対策、堅調に推移=国交省

国土交通省は2月1日、中央合同庁舎で社会資本整備審議会・交通政策審議会交通体系分科会計画部会の合同会議を開催。老朽インフラの維持管理・更新について、目標達成に向け堅調に進捗しているとの見解を明らかにした。現場実証により評価された新技術数などの指標による。 【第1372号】...

詳細はこちら

2018/02/20

MPLA活用事例を紹介=CNDI研究発表会・特別講演会

千葉県非破壊検査研究会(CNDI)は2月6日、千葉市中央区のホテルポートプラザちばで「CNDI第32回研究発表会・特別講演会」を開催。特別講演では、三井造船の菅谷篤氏が、従来の打音検査で探知が困難だったコンクリートの空洞などが3次元画像化できるマルチパスリニアアレイ(MPLA)レーダの適用事例を紹介した。 【第1372号】...

詳細はこちら

2018/02/20

最新の撮像など詳細説明=JSNDI・RTシンポ

日本非破壊検査協会(JSNDI)放射線部門は2月1・2日の両日、都内の東京都立産業技術研究センター青海本部会議室で第11回放射線による非破壊評価シンポジウムを開催。同シンポジウムでは、放射線応用、放射線測定をテーマに合計12件の研究発表が行われた。 【第1372号】...

詳細はこちら

2018/02/20

可能性秘めた水中ドローン=テクニカルショウヨコハマ

2月7―9日、パシフィコ横浜で工業技術見本市「テクニカルショウヨコハマ2018」が開催された。注目を集めたのは、水中ドローン専業メーカーの空間知能化研究所(つくば市)が紹介した水中ドローンの実機など。ダムをはじめとする水中インフラ点検や、船底の溶接部検査用途への可能性を秘める。 【第1372号】...

詳細はこちら

2018/02/05

ドローン活用の基準確立へ=NEDO

ドローンをインフラ点検に活用するための目下の課題は、統一された「物差し」の確立だ。新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)は1月11日、昨秋から順次実施してきたドローンの飛行試験に関する概要を発表した。得られた知見は、同機構の進める、橋梁点検に使用するドローンの性能評価基準開発へ活用される。 【第1371号】...

詳細はこちら

2018/02/05

第25回UTシンポに110人参加=JSNDI

日本非破壊検査協会(JSNDI)超音波部門は1月25・26日、東京都立産業技術研究センター青海本部で「第25回超音波による非破壊評価シンポジウム」を開催。会期中、北は北海道から南は九州まで、全国から学識者、研究者110人が参加した。 【第1371号】...

詳細はこちら

2018/02/05

JIMA、初の新春賀詞交歓会開催

日本検査機器工業会(JIMA)は1月26日、東京・千代田区のホテルグランドパレスで、2018新春賀詞交歓会を初開催した。当日は、塩谷立・斉藤鉄夫衆議院議員など多くの来賓をはじめ、会員・関係者約100人が参集し、新たな門出を祝った。 【第1371号】...

詳細はこちら

2018/02/05

運輸安全委員会、16年脱線事故報告書を公表

運輸安全委員会は1月25日、2016年5月に東京・板橋区の東武東上線中板橋駅構内で発生した脱線事故の調査報告書をまとめ公表した。台車右側の枠部にあたる「側ばり」に亀裂が発生し、バランスが崩れたことが脱線の原因とし、亀裂の要因は「溶接欠陥があった可能性」があるが「特定できなかった」とした。 【第1371号】...

詳細はこちら

2018/01/20

JASS6改定、検査は全体構成変更=日本建築学会

日本建築学会は1月15日付で建築工事標準仕様書JASS6鉄骨工事と関連指針を改定した。検査に関しては、全体構成を変更し、JASS6の当該節をすべての検査の入り口として溶接部の受入検査について統合したほか、対物検査を含め寸法精度検査の概要を記載した。 【第1370号】...

詳細はこちら

2018/01/20

JANDT、新春賀詞交歓会で門出祝す

日本非破壊検査工業会(JANDT)は1月5日、東京・千代田区の東海大学校友会館で非破壊検査業界新春賀詞交歓会を開催。会員、関係者など約230人が参集した。当日は、前国土交通大臣の太田昭宏衆議院議員をはじめ多くの来賓が出席し、ともに新年の門出を祝った。 【第1370号】...

詳細はこちら

2018/01/20

赤外線セミナーで阪上教授ら解説=日本アビオニクス

日本アビオニクスは12月21日、東京・港区のコクヨホールで、赤外線サーモグラフィソリューションセミナーを開催、約200人が参加した。日本非破壊検査工業会をはじめとする4団体後援。特別講演では、神戸大学大学院工学研究科の阪上隆英教授が「高性能赤外線サーモグラフィの先端研究開発への応用」を解説した。 【第1370号】...

詳細はこちら

2018/01/20

溶接界賀詞交歓会、関係者800人参集

2018年溶接界新春賀詞交歓会(主催=日本溶接協会、産報出版)が1月9日、東京・港区の東京プリンスホテルで開かれ、産官学の溶接関係者約800人が参集し新年のスタートを祝った。 【第1370号】...

詳細はこちら

2018/01/05

〈新春NDT現場訪問〉ANAの航空機整備

部位ごとの材質や部品の形状、寸法の多様性から、多角的な検査・修繕を必要とする航空機の整備現場。国内航空分野の主要企業である全日本空輸(ANA)の機体・装備品・エンジン整備現場を訪問し、航空機整備の現況を取材した。 【第1369号】 ...

詳細はこちら

2018/01/05

年頭所感=学・協会、有力企業各社

学・協会の代表者、NDT関連企業各社が、「年初に当たっての方針」「業界への要望」「来年の重点事業」など、年頭にあたり所感を述べる。 【第1369号】...

詳細はこちら

2018/01/05

〈特別インタビュー〉日本溶接技術C・黒川剛志氏に聞く

日本溶接技術センター(川崎市川崎区)では、検査・溶接両分野の技術・技能教育、普及を目的に、日本溶接構造専門学校の運営や各講習会などの幅広い事業を展開し、国内産業の発展、ものづくり分野の人材育成に貢献している。同センターの黒川剛志代表理事・理事長に、今年の事業方針などをきいた。 【第1369号】...

詳細はこちら

2018/01/05

MT・PT注目製品コレクション

表面の欠陥を効率的に検出するMT・PTは、航空機をはじめ、鉄道、自動車部品など、幅広い産業分野の検査に活用されている。両手法の装置・関連機材などの中から、各社の販売する注目製品を紹介する。 【第1369号】...

詳細はこちら

お勧めの書籍

ニュース記事 | 検査機器ニュース | 2018年

検査機器ニュース

判型 タブロイド判
発行部数 10,000部
発行日 毎月2回(5日・20日)
購読料 13,440円(本体価格:12,800円) 

バックナンバー

2018年の記事一覧

2018/04/05
国交省、インフラ向け技術の検証結果公表
2018/04/05
JSNDI、17年度諮問委員会を開催
2018/04/05
FSW講習会でNDT学ぶ=軽金属溶接協会
2018/04/05
JANDT、17年度第4回開発委員会を開催
2018/03/20
インフラの安全・安心へ、新団体発足
2018/03/20
ドローン活用へ最新成果報告=NEDO・ロボットシンポ
2018/03/20
〈インタビュー〉新日本非破壊検査・長島麻衣さん
2018/03/20
新需要への製品集結=スマートエネルギーWeek
2018/03/05
インフラ調査士・付帯施設を民間資格登録=国交省
2018/03/05
再エネ主力電源化、海外事例など学ぶ=経産省
2018/03/05
〈インタビュー〉 東京理学検査・篠田幸二氏
2018/03/05
航空産業向けにPT講習=兵庫県
2018/02/20
老朽インフラ対策、堅調に推移=国交省
2018/02/20
MPLA活用事例を紹介=CNDI研究発表会・特別講演会
2018/02/20
最新の撮像など詳細説明=JSNDI・RTシンポ
2018/02/20
可能性秘めた水中ドローン=テクニカルショウヨコハマ
2018/02/05
ドローン活用の基準確立へ=NEDO
2018/02/05
第25回UTシンポに110人参加=JSNDI
2018/02/05
JIMA、初の新春賀詞交歓会開催
2018/02/05
運輸安全委員会、16年脱線事故報告書を公表
2018/01/20
JASS6改定、検査は全体構成変更=日本建築学会
2018/01/20
JANDT、新春賀詞交歓会で門出祝す
2018/01/20
赤外線セミナーで阪上教授ら解説=日本アビオニクス
2018/01/20
溶接界賀詞交歓会、関係者800人参集
2018/01/05
〈新春NDT現場訪問〉ANAの航空機整備
2018/01/05
年頭所感=学・協会、有力企業各社
2018/01/05
〈特別インタビュー〉日本溶接技術C・黒川剛志氏に聞く
2018/01/05
MT・PT注目製品コレクション

お勧めの書籍