KJTD、 独からPAUT装置受注

17/02/05

UT装置の設計・製作・販売などを手掛けるKJTDは1月24日、製鉄プラントメーカーである独・SMSグループから、大径管用のフェイズドアレイ超音波探傷装置(PAUT)を受注したと発表した。受注額は約4億円。KJTDの受注した海外向け受注案件としては、金額ベースで過去最高水準となる。
【第1347号】

TOP画面へ

お勧めの書籍