検査機器ニュース

2017年の記事一覧

2017/03/20

経産省、風力発電に定検義務付け

経済産業省は4月1日、風力発電設備の定期安全管理検査制度を施行する。3月8日、日本電気協会の開催した電気技術規格委員会(JESC)では、事業者が行う検査の具体的方法について、「風力発電設備の定期点検指針」としてとりまとめ、審議を実施。単機出力500kW以上の同発電設備各部位に関し、半年から3年ごとの定期事業者検査を義務づけるなどの指針を決定した。 【第1350号】...

詳細はこちら

2017/03/20

〈特別インタビュー〉中野克己社長(関西エックス線)

関西エックス線は4月1日付で社名を「ウィズソル」に変更する。同社は1961年の創業以来、業容を拡大し、現在では北は北海道から南は鹿児島までに営業網を拡大している。社名変更の経緯や今後の抱負などを、中野克己社長にきいた。 【第1350号】...

詳細はこちら

2017/03/20

NEDO、ドローンなどの取組に本腰

新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO、古川一夫理事長)は2017年度から、インフラ点検への活用が期待されるドローンなどの新技術に関して、関連予算を増額し、社会実装に向けた取組みを本格化する。3月8日に開催された理事長懇談会で、古川理事長は17年度の同機構事業について、AI、ロボット・ドローン、中小・ベンチャー支援の3点に注力すると発表した。 【第1350号】...

詳細はこちら

2017/03/20

JANDT、赤外線外壁診断装置意見交換会を開催

日本非破壊検査工業会(JANDT)は3月1日、都内の本部会議室で「赤外線外壁診断装置意見交換会」を開催した。当日は検査会社を中心として、赤外線サーモグラフィ機器を利用した診断業務に精通した実務担当者が参加、現場での有効性を含めた貴重な意見交換会が行われた。 【第1350号】...

詳細はこちら

2017/03/05

風力発電の定検制度始まる

4月1日から、風力発電設備について、定期的な点検の実施などを義務づける定期安全管理検査制度の施行が正式に開始される。溶接継手部分を対象とした検査では、目視のほか、必要に応じてNDTを適用する。今後、具体的な制度について、関係機関による説明会の開催も予定する。 【第1349号】...

詳細はこちら

2017/03/05

CNDI研究発表・特別講演会、湯浅日大教授がRC解説

千葉県非破壊検査研究会(CNDI)は2月21日、千葉市中央区のホテルポートプラザちばで「CNDI第31回研究発表会・特別講演会」を開催した。当日は、日本大学生産工学部の湯浅昇教授が、「コンクリートに関する非破壊・微破壊試験方法の現状」について特別講演を実施。そのほか、NDT関連企業が4件の研究発表を実施した。 【第1349号】...

詳細はこちら

2017/03/05

ジャパンプローブと韓国・全北大、連携協定結ぶ

ジャパンプローブと韓国・国立全北大学は2月13日、先端医療および非破壊検査の研究開発に関した包括連携協定を締結した。今後、両者はインターンシップ制度による学生の派遣や、技術交流などを推進していく。 【第1349号】...

詳細はこちら

2017/03/05

〈研究室探訪〉小川雅氏(横浜国立大学工学研究院助教)

「難しいことへのチャレンジに面白さを感じる」と話すのは、日本溶接協会の2017年度次世代を担う研究助成事業に選ばれた横浜国立大学助教の小川雅氏。助成対象の研究テーマ「X線解析を用いた溶接配管の3次元溶接残留応力評価」の概要とともに溶接研究の魅力について聞いた。 【第1349号】...

詳細はこちら

2017/02/20

【焦点】AWS―CWI資格試験の充実と強化

日本溶接技術センターの原沢秀明技術顧問、阿南睦章国際化グループ長は1月8―14日の日程で米・フロリダ州マイアミ市の米国溶接協会(AWS)を訪れ、AWS―CWI(溶接検査技術者)資格試験に関する会議などに出席。同資格試験について、今年から試験問題に日本語訳を併記するなど、資格試験の充実と強化に関する施策が決定した。 【第1348号】...

詳細はこちら

2017/02/20

エクスロン・インターナショナル、X線・CTセミナー開催

エクスロン・インターナショナルは2月10日、横浜市中区の横浜市開港記念会館で「第2回X線・CTテクニカルセミナー」を開催、約200人が受講した。セミナーでは、同社社員による事業・技術紹介などに加え、外部企業からもゲスト講演者を招き、同社のユーザー層を反映した幅広いテーマの解説を行った。 【第1348号】...

詳細はこちら

2017/02/20

JSNDI・第24回UTシンポ、全国から140人参集

日本非破壊検査協会(JSNDI)超音波部門は1月26・27日、都内の東京都立産業技術研究センター青海本部で「第24回超音波による非破壊評価シンポジウム」を開催。全国から学識者、研究者が約140人参加し、特別講演を含む33件の講演、若手研究者による8件のポスターセッションが行われた。 【第1348号】...

詳細はこちら

2017/02/20

KEYTEC、打設式(ワイヤレス)センサー開発

コンクリート内部探査機販売を手掛けるKEYTECは、「ワイヤレス温湿度センサーBlue Rock」を開発、間もなく販売を開始する。同製品は、コンクリート内部に設置することで、温湿度の測定が可能。温度と湿度の連続測定・記録を1年間取得でき、スマートフォン・タブレット上の専用アプリでリアルタイムに測定結果の確認などが行える。 【第1348号】...

詳細はこちら

2017/02/05

JANDT・インフラ交流会、NDT・建設コンサルから100人超

日本非破壊検査工業会(JANDT)は1月31日、東京・千代田区のエッサム神田ホールで「インフラ維持管理事業に関わる交流会」を開催。NDT関連企業のほか、建設コンサルタント企業などからも関係者が多数出席し、100人超が参集するにぎわいをみせた。同交流会は、JANDTが推進する資格認証制度「インフラ調査士」普及の一環としてはじめて企画したもの。 【第1347号】...

詳細はこちら

2017/02/05

ジャパンプローブ、曲面フィットの「蛸探」開発

超音波検査・計測ソリューション事業を展開するジャパンプローブは、「探」シリーズの第3弾として3次元曲率の被検体にも自在にフィットするフレキシブルマトリクスアレイプローブ「蛸探(たこたん)」を開発、2月上旬から販売を開始した。同シリーズは、国内外のエンドユーザーなどの評価が高く販売が急増、この3年間で同社売上高の10%を占めるヒット製品となっている。 【第1347号】...

詳細はこちら

2017/02/05

JLPA、第8回非破壊試験競技大会開く

日本エルピーガスプラント協会(JLPA)検査事業者委員会は1月24日、東京・大田区の産業プラザで第8回非破壊試験競技大会を開催。競技(実技・学科試験)の結果、溶剤除去性浸透探傷試験部門では日下歩選手(ガス檢仙台事業所)、極間法磁気探傷試験部門では粕谷琢己選手(ガス保安検査)が優勝に輝いた。 【第1347号】...

詳細はこちら

2017/02/05

KJTD、 独からPAUT装置受注

UT装置の設計・製作・販売などを手掛けるKJTDは1月24日、製鉄プラントメーカーである独・SMSグループから、大径管用のフェイズドアレイ超音波探傷装置(PAUT)を受注したと発表した。受注額は約4億円。KJTDの受注した海外向け受注案件としては、金額ベースで過去最高水準となる。 【第1347号】...

詳細はこちら

2017/01/20

JSNDI/ASNT、トップミーティング開く

日本非破壊検査協会(JSNDI)と米国非破壊試験協会(ASNT)によるトップミーティングが1月6―8日の3日間、都内のJSNDI本部会議室で開催された。両協会は昨年10月、2国間の相互承認などに関する友好協定を正式に契約調印。本会合は、2国間相互承認の実現に向けた実務レベルでのキックオフとなる。 【第1346号】...

詳細はこちら

2017/01/20

JANDT賀詞交歓会、230人出席し盛大に開催

日本非破壊検査工業会(JANDT)は1月5日、東京・千代田区の東海大学校友会館で「非破壊検査業界新春賀詞交歓会」を開催。関係省庁・団体からの来賓をはじめ、業界関係者約230人が出席し、盛大に新年の門出を祝った。 【第1346号】...

詳細はこちら

2017/01/20

インフラ診断用のレーザ技術開発=理研など4機関

理化学研究所、レーザー技術総合研究所などの4機関で構成する研究グループは、トンネルなどのインフラ構造物の保守保全作業効率化などを目的に、3種類のレーザ技術(レーザ高空間分解能計測、レーザ打音、レーザコンクリート切断)を開発。コンクリート供試体を計測対象として、同技術を用いた屋外試験に初めて成功した。 【第1346号】...

詳細はこちら

2017/01/20

静岡大・産総研、X線NDT装置を新開発

静岡大学と産業技術総合研究所は12月21日、新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)の助成プロジェクトにおいて、バッテリ駆動のインフラ点検用ロボットなどに搭載可能なX線非破壊検査装置を開発したと発表した。1回のX線照射で厚さ5センチの鉄鋼部材の透過が可能なほか、複数照射によって、同7センチ以上の鉄鋼部材の透過イメージングを行うことができる。 【第1346号】...

詳細はこちら

2017/01/05

《新春特別インタビュー》黒川剛志氏(日本溶接技術センター)にきく

日本溶接技術センターでは、検査・溶接両分野の技術・技能教育、普及について、幅広い事業を展開し、国内ものづくりの基盤となる人材育成に貢献している。同センターの黒川剛志代表理事・理事長に、昨年1年間の活動内容や変化、今年の方針などをきいた。 【第1345号】...

詳細はこちら

2017/01/05

《新春特別企画》日本非破壊検査・水島事業所を訪ねて

インフラ構造物の中でも、道路・橋梁などと並び、我々の生活・産業と密接に結び付いているのが、石油化学をはじめとする各種プラントである。昨年4月に設立60周年を迎えた日本非破壊検査は、日本初のNDTを専門とする検査会社として、国内プラントの健全性確保に貢献してきた。同社主要拠点の一つである水島事業所を訪ね、プラント検査の現状、今後の展望などに迫った。 【第1345号】 ...

詳細はこちら

2017/01/05

首都高技術・インフラメンテナンスの現場から

首都高速道路の構造物点検を中心に、国土交通省や地方公共団体などに関連した幅広い事業を展開する首都高技術では、積極的なピーアールによる人材の確保に加え、女性技術者の採用も行い、未来のインフラ点検を担う新たな人員の育成に注力している。同社の若手技術者2人による点検業務に密着し、インフラの安全維持・技能向上に励む現場を取材した。 【第1345号】 ...

詳細はこちら

2017/01/05

主要UT機器メーカーの注目コレクション

国内インフラの老朽化に伴い、維持管理効率化を図る手段として注目を浴びる非破壊検査。新春特別号では、内部探傷を行う手法の一つであるUTに焦点を当て、検査の高精度化・自動化に貢献する各メーカーの注目製品を紹介する。 【第1345号】...

詳細はこちら

お勧めの書籍

ニュース記事 | 検査機器ニュース | 2017年

検査機器ニュース

判型 タブロイド判
発行部数 10,000部
発行日 毎月2回(5日・20日)
購読料 13,440円(本体価格:12,800円) 

バックナンバー

2017年の記事一覧

2017/03/20
経産省、風力発電に定検義務付け
2017/03/20
〈特別インタビュー〉中野克己社長(関西エックス線)
2017/03/20
NEDO、ドローンなどの取組に本腰
2017/03/20
JANDT、赤外線外壁診断装置意見交換会を開催
2017/03/05
風力発電の定検制度始まる
2017/03/05
CNDI研究発表・特別講演会、湯浅日大教授がRC解説
2017/03/05
ジャパンプローブと韓国・全北大、連携協定結ぶ
2017/03/05
〈研究室探訪〉小川雅氏(横浜国立大学工学研究院助教)
2017/02/20
【焦点】AWS―CWI資格試験の充実と強化
2017/02/20
エクスロン・インターナショナル、X線・CTセミナー開催
2017/02/20
JSNDI・第24回UTシンポ、全国から140人参集
2017/02/20
KEYTEC、打設式(ワイヤレス)センサー開発
2017/02/05
JANDT・インフラ交流会、NDT・建設コンサルから100人超
2017/02/05
ジャパンプローブ、曲面フィットの「蛸探」開発
2017/02/05
JLPA、第8回非破壊試験競技大会開く
2017/02/05
KJTD、 独からPAUT装置受注
2017/01/20
JSNDI/ASNT、トップミーティング開く
2017/01/20
JANDT賀詞交歓会、230人出席し盛大に開催
2017/01/20
インフラ診断用のレーザ技術開発=理研など4機関
2017/01/20
静岡大・産総研、X線NDT装置を新開発
2017/01/05
《新春特別インタビュー》黒川剛志氏(日本溶接技術センター)にきく
2017/01/05
《新春特別企画》日本非破壊検査・水島事業所を訪ねて
2017/01/05
首都高技術・インフラメンテナンスの現場から
2017/01/05
主要UT機器メーカーの注目コレクション

お勧めの書籍