検査機器ニュース

工業材料や工業製品の品質を試験,検査する方法のうち,近年注目されている非破壊検査を取り巻く産業界の最新動向,内外の新技術や新製品,注目される話題の探訪等,様々な情報を提供する毎月5日および20日発行の新聞。一般社団法人日本非破壊検査協会や同日本非破壊検査工業会の活動も詳細報道。

購読のお申し込み

一覧ページ

2017/05/20

CIW検査業協会、通常総会開く

CIW検査業協会(逸見俊一会長)は5月16日、東京・港区の浜松町東京会館で2017年度第4期第8回通常総会を開催。全国から会員61人が参集した同総会では、17年度事業計画・予算案など全議案を承認したほか、総会終了後には、元建築研究所理事の西山功氏が「検査会社に望むこと」と題し特別講演を行った。 【第1354号】...

詳細はこちら

2017/05/20

JIS制定案1件承認、デジタルRTに対応

日本工業標準調査会(JISC)標準第一部会の金属・無機材料技術専門委員会は5月11日、東京・千代田区の経済産業省で第11回会合を開いた。日本工業規格(JIS)の審議中、溶接関係では「溶接継手の放射線透過試験方法―デジタル検出器によるX線及びガンマ線撮影技術」の制定案を審議し原則として承認した。今後必要な修正を行い、再度承認が済んだ後公示する。 【第1354号】...

詳細はこちら

2017/05/20

東検協、17年度総会を開催

東京都鉄筋継手検査機関連絡協議会(東検協、安藤純二会長)は5月10日、東京・千代田区のガーデンシティ竹橋で2017年度総会・意見交換会を開催。総会冒頭、安藤会長は「技術を磨き、公正な立場で検査を実施、信頼されるよう邁進したい。都の期待に応えながら、良好な建築物が都内に建つ手伝いをしていく」と語った。 【第1354号】 ...

詳細はこちら

2017/05/20

第1回インフラメンテナンス大賞、入賞全28件決まる

国土交通省など6省は4月28日、社会資本のメンテナンスに関する優れた取り組みを表彰する第1回「インフラメンテナンス大賞」について、28件の受賞者を決定。検査分野では、島根県の「道路橋およびコンクリート構造物の点検・診断などアドバイザー制度」が国交省優秀賞を受賞したほか、関連の取り組みが各賞に選ばれた。 【第1354号】...

詳細はこちら

お勧めの書籍