検査機器ニュース

工業材料や工業製品の品質を試験,検査する方法のうち,近年注目されている非破壊検査を取り巻く産業界の最新動向,内外の新技術や新製品,注目される話題の探訪等,様々な情報を提供する毎月5日および20日発行の新聞。一般社団法人日本非破壊検査協会や同日本非破壊検査工業会の活動も詳細報道。

購読のお申し込み

一覧ページ

2017/09/05

技術討論会に200人=JANDT

日本非破壊検査工業会(JANDT)は8月31日、東京・品川区のきゅりあんで、第13回「JANDT技術討論会」を開催、約200人が参加した。討論会では、「道路インフラマネジメント――近接目視から詳細調査へ」を主題に全4件の基調講演を実施したほか、パネルディスカッションを行い、参加者も交え活発な議論を展開した。 【第1361号】...

詳細はこちら

2017/09/05

シーエックスアール、環境関連企業の全株取得

独立系総合大手検査会社であるシーエックスアールは、環境に関連する分析機器の保守メンテナンス会社である誠心エンジニアリングの全株式を取得するとともに子会社化した。新たな子会社は、石油化学プラント、発電設備をはじめとした工業分野の検査業務とは一線を画した分野であり、同社は、新事業への展開を図り業容拡充を目指す。 【第1361号】...

詳細はこちら

2017/09/05

KNDT、技術者向け溶接体験講座開催

神奈川県非破壊試験技術交流会(KNDT)は8月28日、川崎市川崎区の日本溶接技術センターで、第5回「非破壊試験技術者のための溶接体験講座」を開催。検査会社や検査機器メーカーなどから12人が受講した。溶接を体験した受講者は「今後、テストピースを見た際、欠陥がどのように発生するかイメージしやすくなる」と感想を語った。 【第1361号】...

詳細はこちら

2017/09/05

高校生対象にNDTセミナー=日本溶接技術センター

神奈川県高等学校教科研究会工業部会機械専門部と日本溶接技術センターは8月10日、川崎市川崎区の同センターで、県内工業高校の生徒などを対象に、2017年度夏季研修会「非破壊検査セミナー」(共催=神奈川県非破壊試験技術交流会)を開催。7校から28人の生徒が参加し、PT・RTなどの探傷について学んだ。 【第1361号】...

詳細はこちら

お勧めの書籍