検査機器ニュース

工業材料や工業製品の品質を試験,検査する方法のうち,近年注目されている非破壊検査を取り巻く産業界の最新動向,内外の新技術や新製品,注目される話題の探訪等,様々な情報を提供する毎月5日および20日発行の新聞。一般社団法人日本非破壊検査協会や同日本非破壊検査工業会の活動も詳細報道。

購読のお申し込み

一覧ページ

2017/06/05

JANDT、2017年度定時総会を開催

日本非破壊検査工業会(JANDT、松村康人理事長)は5月22日、東京・千代田区の東海大学校友会館で、2017年度定時総会を開催。全国から会員約60人が出席した。総会では、すべての議案を満場一致で承認。また、12年の一般社団法人移行後に進めてきた「公益目的支出計画」について、昨年度末をもって、無事に最終年度を終えたことが報告された。 【第1355号】...

詳細はこちら

2017/06/05

NEC・東大など、大型構造物の可視化技術開発へ

日本電気(NEC)と東京大学地震研究所、ハンガリー科学アカデミー・ウィグナー物理学研究センターは5月19日、宇宙線による可視化技術「ミュオグラフィ」を用いて、構造物内部を透視画像化するシステムの共同開発を行うと発表した。同システムは、道路・鉄道・橋梁など大型建造物における地中埋没部分の監視などに活用可能。 【第1355号】...

詳細はこちら

2017/06/05

JIMA、2017年度定時総会開く

日本検査機器工業会(JIMA、竹内力会長)は5月26日、都内のソラシティーカンファレンスセンター会議室で第17期2017年度定時総会を開催した。定時総会議案審議では、すべての議案を承認。会場を移し夕刻から開催された懇親会の席上、竹内会長は「昨年の展示会も盛況となった。会員各位の協力を得て、業界全体の底上げを図っていく」と述べた。 【第1355号】...

詳細はこちら

2017/06/05

燃料電池・新材料向けに注目=人とくるまのテクノロジー展

5月24―26日の3日間、横浜市西区のパシフィコ横浜で「人とくるまのテクノロジー展2017(自動車技術展)」が開催された。NDT関連では、自動車分野における材料・部品形状の多様化に対応した製品・技術が多数展示されたほか、普及の進む燃料電池など、精密性の求められる検査対象に適した幅広いソリューションを各社が紹介した。 【第1355号】...

詳細はこちら

お勧めの書籍