第1371号

18/02/05

●《トップニュース》
ドローン活用の基準確立へ=NEDO

ドローンをインフラ点検に活用するための目下の課題は、統一された「物差し」の確立だ。新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)は1月11日、昨秋から順次実施してきたドローンの飛行試験に関する概要を発表した。得られた知見は、同機構の進める、橋梁点検に使用するドローンの性能評価基準開発へ活用される。
第25回UTシンポに110人参加=JSNDI
日本非破壊検査協会(JSNDI)超音波部門は1月25・26日、東京都立産業技術研究センター青海本部で「第25回超音波による非破壊評価シンポジウム」を開催。会期中、北は北海道から南は九州まで、全国から学識者、研究者110人が参加した。
JIMA、初の新春賀詞交歓会開催
日本検査機器工業会(JIMA)は1月26日、東京・千代田区のホテルグランドパレスで、2018新春賀詞交歓会を初開催した。当日は、塩谷立・斉藤鉄夫衆議院議員など多くの来賓をはじめ、会員・関係者約100人が参集し、新たな門出を祝った。
運輸安全委員会、16年脱線事故報告書を公表
運輸安全委員会は1月25日、2016年5月に東京・板橋区の東武東上線中板橋駅構内で発生した脱線事故の調査報告書をまとめ公表した。台車右側の枠部にあたる「側ばり」に亀裂が発生し、バランスが崩れたことが脱線の原因とし、亀裂の要因は「溶接欠陥があった可能性」があるが「特定できなかった」とした。

TOP画面へ

お勧めの書籍