第1368号

17/12/20

●《トップニュース》
2018JIWS、過去最大規模で開催へ

溶接界のビッグイベント、「2018国際ウエルディングショー」(=JIWS、日本溶接協会、産報出版主催)の出展社説明会が12月14・15日の両日、東西2会場で開催された。JIWSは来年4月25―28日の4日間、東京ビッグサイト(東京都江東区)の東1―3館を使用。14年東京開催と比較して会場面積50%増、展示面積は30%増を見込む。
国交省、下水道管点検結果を初公表
国土交通省の水管理・国土保全局下水道部は11月28日、2016年度の下水道管路点検の実施状況・結果、措置状況などをまとめた「下水道管路メンテナンス年報」を初公表した。点検を実施した下水道管路490・1キロのうち、全体の16%にあたる約77キロで、何らかの措置・対策が必要と判断される異状や劣化が見つかった。
JANDT合同例会、沖縄で初開催
日本非破壊検査工業会(JANDT)は11月15日、沖縄県那覇市の沖縄産業支援センターで2017年度秋季合同例会を開いた。沖縄初開催となった同会場には、会員58人が参集。沖縄県溶接協会の屋良秀夫会長を招いた特別講演も実施した。
島津製作所、NDIセミナー開く
島津製作所は12月13日、東京・千代田区の同社東京支社で「島津NDI技術セミナー2017」を開催。ユーザー・関係者など約80人が参加した。セミナーでは、実際にX線CT装置を業務や研究に使用するユーザーなどを講師に迎え、それぞれの活用事例などを解説した。

TOP画面へ

お勧めの書籍