第1348号

17/02/20

●《トップニュース》
【焦点】AWS―CWI資格試験の充実と強化

日本溶接技術センターの原沢秀明技術顧問、阿南睦章国際化グループ長は1月8―14日の日程で米・フロリダ州マイアミ市の米国溶接協会(AWS)を訪れ、AWS―CWI(溶接検査技術者)資格試験に関する会議などに出席。同資格試験について、今年から試験問題に日本語訳を併記するなど、資格試験の充実と強化に関する施策が決定した。
エクスロン・インターナショナル、X線・CTセミナー開催
エクスロン・インターナショナルは2月10日、横浜市中区の横浜市開港記念会館で「第2回X線・CTテクニカルセミナー」を開催、約200人が受講した。セミナーでは、同社社員による事業・技術紹介などに加え、外部企業からもゲスト講演者を招き、同社のユーザー層を反映した幅広いテーマの解説を行った。
JSNDI・第24回UTシンポ、全国から140人参集
日本非破壊検査協会(JSNDI)超音波部門は1月26・27日、都内の東京都立産業技術研究センター青海本部で「第24回超音波による非破壊評価シンポジウム」を開催。全国から学識者、研究者が約140人参加し、特別講演を含む33件の講演、若手研究者による8件のポスターセッションが行われた。
KEYTEC、打設式(ワイヤレス)センサー開発
コンクリート内部探査機販売を手掛けるKEYTECは、「ワイヤレス温湿度センサーBlue Rock」を開発、間もなく販売を開始する。同製品は、コンクリート内部に設置することで、温湿度の測定が可能。温度と湿度の連続測定・記録を1年間取得でき、スマートフォン・タブレット上の専用アプリでリアルタイムに測定結果の確認などが行える。

TOP画面へ

お勧めの書籍