検査機器ニュース

工業材料や工業製品の品質を試験,検査する方法のうち,近年注目されている非破壊検査を取り巻く産業界の最新動向,内外の新技術や新製品,注目される話題の探訪等,様々な情報を提供する毎月5日および20日発行の新聞。一般社団法人日本非破壊検査協会や同日本非破壊検査工業会の活動も詳細報道。

購読のお申し込み

一覧ページ

2017/04/20

第1352号

●《トップニュース》
新国立競技場、鉄骨製作が本格化

2020年東京五輪・パラリンピックのメーン会場となる新国立競技場(東京・新宿区)の建設工事が順調に進んでいる。ファブリケーター14社が参画する鉄骨製作は4月から本格化。合計重量は約4―5万トンを見込んでおり、19年11月末の完工を予定する。
〈寄稿〉新入社員のためのNDT講座
〈インフラメンテナンス最前線〉特殊高所技術
〈焦点〉阪神高速技術 ・3ステップの損傷検出システム


詳細はこちら

2017/04/05

第1351号

●《トップニュース》
溶接検査を明確化=国交省・道路橋示方書

国土交通省は2017年度上半期中に「橋、高架の道路等の技術基準」(道路橋示方書)の改定案をまとめる方向で議論を重ねている。適切な維持管理が行われることを前提に、橋が良好な状態を維持する期間について100年を標準とするほか、落橋防止装置の溶接不良事案を踏まえ、溶接検査の規定を明確化する。
国直轄工事の検査など報告=JANDT第4回開発委
JSNDI、16年度諮問委員会を開催
次世代ジェットの「主翼」見学=JAXA・首都大学


詳細はこちら

2017/03/20

第1350号

●《トップニュース》
経産省、風力発電に定検義務付け

経済産業省は4月1日、風力発電設備の定期安全管理検査制度を施行する。3月8日、日本電気協会の開催した電気技術規格委員会(JESC)では、事業者が行う検査の具体的方法について、「風力発電設備の定期点検指針」としてとりまとめ、審議を実施。単機出力500kW以上の同発電設備各部位に関し、半年から3年ごとの定期事業者検査を義務づけるなどの指針を決定した。
〈特別インタビュー〉中野克己社長(関西エックス線)
NEDO、ドローンなどの取組に本腰
JANDT、赤外線外壁診断装置意見交換会を開催


詳細はこちら

2017/03/05

第1349号

●《トップニュース》
風力発電の定検制度始まる

4月1日から、風力発電設備について、定期的な点検の実施などを義務づける定期安全管理検査制度の施行が正式に開始される。溶接継手部分を対象とした検査では、目視のほか、必要に応じてNDTを適用する。今後、具体的な制度について、関係機関による説明会の開催も予定する。
CNDI研究発表・特別講演会、湯浅日大教授がRC解説
ジャパンプローブと韓国・全北大、連携協定結ぶ
〈研究室探訪〉小川雅氏(横浜国立大学工学研究院助教)

詳細はこちら

お勧めの書籍