天地人 (ライブラリ)

溶接が何をできるか

 実にすばらしいこと。つまり、東京都溶接協会(横田文雄会長)が江東区(山崎孝明区長)と結んだ災害支援協定のことで、具体的には会員が保有する溶接・溶断装置を積載した作業車等を提供、道路や建築物など崩壊現場で緊急車両の通行妨害となるような障害物除去作業を協力内容としている▼全国の溶接協会では、3・11東日本大震災以来、被災地支援に向けて中古溶接機の提供等地味ながら着実な活動を展開してきているし、このたびのように大震災の経験を踏まえて都溶協が結んだような災害支援協定も極めて有効だ。いずれにしても全国の溶接協会が知恵を絞った活動は、溶接が何をできるか問われる時代において心強い限りで、全国への広がりが期待されるところ▼ところで、まことに私事のことで恐縮ながら、本欄「天地人」の執筆は今号まで馬場信が担当してきたが、今回をもって終了となる。2001年の7月以来だからちょうど11年になる。当たり前のことながら欠号なく書き続けてきたから延べ528回に達した▼この11年、まことに勝手なことを書き殴ってきたという反省が今さらながらにあるが、どうにか持ちこたえてきたのは読者の支援があればこそで、改めて感謝申し上げたい。次号から新しい筆者が担当する。引き続き激励とご愛読をお願い申し上げる。

バックナンバーへ

お勧めの書籍